スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・S・バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 シェリング(Vn)

我が家2階の書斎から眺める石鎚山も冬の佇まいであります。
庭の木立は木枯らしに揺れております。
ああ冬。寒い冬が来ました。

今日はしみじみヴァイオリンを聴いてました。

J・S・バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004。
ヘンリク・シェリングのヴァイオリン独奏。
1967年の録音。DG盤。

だらだらとクラシック音楽を聴く日々、時折取り出すバッハの音楽には、身の引き締まる思い。無伴奏のヴァイオリン・ソナタとパルティータは特にそう。
これだけの名曲をよくぞバッハは書いたものだ。ヴァイオリンたった一本で、遙か宇宙の彼方まで広がってゆくような音楽をつくり出す。その音楽は祈りにも似ている。

演奏はヘンリク・シェリング。
この人のヴァイオリンは真摯誠実で大変格調高いものだった。美音をひけらかすことなく、技術を前面に押し出しすぎず、精神性とか形而上学的なもの、そういったものを想起させるヴァイオリンだった。慌ただしく過ぎ去る日々の中で、ふと立ち止まらせて、聴き手の心の中での対話を思い起こさせる演奏とでも云おうか。

シェリングのヴァイオリン、低音は朗々と、高音は余情豊かに、鳴る。そしてよく歌う。歌はベタつかず、穏やかに流れるだけでなく、情感をともなって歌われる。ヴァイオリンの音色がそう感じさせるのか、その情感には憂いが込められているようにも思える。

白眉はやはりシャコンヌ。
峻厳に迫ってくる見事な演奏。聴きながら、心にどんどん入り込んでくる。シェリングの本領発揮、面目躍如の名演と思う。

録音は今も十分に美しく、鑑賞に差し支えありません。
ヴァイオリンが静謐な空間にクッキリと浮かび上がります。
DGの器楽録音はこの時期上々たったと思います。録音からすでに40年を経て、ますます価値高い演奏であり録音と僕は思います。


AUTHOR: ひろはや DATE: 11/29/2008 21:20:41 こんばんは。
バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全6曲は、遅ればせながら最近聴くようになった今では大好きな曲です。
これまでバッハの無伴奏といえばチェロ組曲の方だったのですが、この全6曲は、ミルシテインのCD(1973年DG)で、またパルティータの第2番と第3番は、他にヒラリー・ハーンのデビューCD(1996年SONY)で聴いてますが、初冬の夜の静寂のなかで聴くと心洗われます。ヴァイオリンのみで神業というほどの表現力の高みに登っていて、バッハの天才を感じざるを得ません。脱帽!!
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
私も無伴奏チェロよりヴァイオリンの方が好きです。
特にパルティータ2番は曲がものすごく良いと思います。良い曲すぎて、言葉にできないほどです。言葉にできないので、拙ブログではまだ記事にしたことがありません(笑)。
いつか自分の言葉で語れるようになったら、記事にしたいと思っています。
演奏はmozart1889さんの仰るように、シェリングとミルシテインが双璧だと思います。ミルシテインの方が自分の好みですが。

>天ぬき 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
シェリング盤、イイですね。LPを保存盤、CDを普段聴きとは、また贅沢ですね。でも、そのくらいの贅沢、ささやかな幸福ですね。実は僕も、バーンスタイン/VPOのベートーヴェン全集はLP保存、CDで聴いてます。
資生堂のコマーシャルは知らないんですが、若い頃僕もこのバッハの無伴奏と格闘しました。今も難解とは思います。僕が初めて買ったのはフィリップスの廉価盤で、フェリクス・アーヨのヴァイオリン独奏でした。2枚組2,600円という懐かしい1枚です。

>アルトゥール 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
ええ、おっしゃるとおりです。バッハの無伴奏は、言葉にならないくらいスゴイです。言葉にできない感動があります。
ヴァイオリン1本で宇宙を描く・・・・・スゴイ曲だなぁと思います。
シェリング盤にミルシテイン盤、どちらも素晴らしい演奏で飽きません。時々クレーメルやグリュミオーなどを聴いて気分を変えていますが、それでも襟を正さないと、なかなか聴けないです。

こんばんは。
お久しぶりです。
バロック系の音盤になると時々コメントする者です。

わたしの場合、最初の無伴奏との出会いは中学生のころ、
キツイので有名なシゲティのものでした。
はじめはヴァイオリンがギコギコ鳴っているようにしか
聴こえませんでしたが、修行僧のように我慢して聴いていると
あるときフッと音楽が自分の中に入ってきました。
こういう経験が出来るのもクラシックの醍醐味ですね。

他の方もコメントしていらっしゃいますが、
ヒラリー・ハーンのは必聴ですよ。

> balsamicosu 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
balsamicosu さんは、バロック方面にお強いんですね。またいろいろ教えてください。
シゲティ盤。各方面絶賛、文章だけは読んだことが多いんです。音は悪いのにスゴイ、技術的には不備なのに気高い・・・・・・評判高い名盤ですね。ああ、なのに、僕は聴いたことがないんです。これは一度聴いてみたいと思いつつ、さて、いつになったら聴けるのやら・・・・・・・。でも、いつかはチャレンジしたいと思います。そういう意欲をかき立てるのが、バッハの無伴奏のスゴイところかもしれません。

ヒラリー・ハーン・・・・・必聴ですか。これは聴かなアカンですね(^^)V

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。