スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番 ハ短調 ワイセンベルク(Pf) カラヤン/BPO

いやいや参りました。
このDoblog、早朝更新が出来ません。混み合っていて、アクセスできないとのメッセージばかりで、どうすることも出来ませんでした。
この数週間、ずっと同じような状況であります。ここDoblogで、もう3年半も過ごしておりますと、今さら他のところに引っ越す気にもなれませんしねえ・・・・何とかして欲しいもんです。
コメントの返信もままならず、昨日から失礼しておりました。申し訳ありません。

今日はベートーヴェンを聴いてます。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37。
アレクシス・ワイセンベルクのピアノ独奏、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏。
1977年、ベルリンでの録音。EMIのカラヤンBOXからの1枚。

カラヤン&ベルリン・フィルの美しく華やかで流麗な伴奏が印象的。
冒頭数小節の音が鳴り響いた瞬間に、この美しさの虜になってしまう。ああ、やはりカラヤンの伴奏は美しい。そして巧い。「音楽を必要以上に磨き上げる云々」というカラヤン批判は十分承知の上で、しかし、この伴奏は素晴らしい。その美麗さに身体が蕩けて、麻痺してゆくような不思議な気分になる。

ワイセンベルクも一流の巧さと思う。そして、羽目を外さない、知的なコントロールのよく効いた演奏。やや機械的・ロボット的なところも感じられるのだが、全体的にクールな態度の演奏は、このピアニスト独特の雰囲気と思われる。

演奏によっては、この曲、ハ短調でもあるから(ベートーヴェンのハ短調といえば、「運命」だ)、劇的・情念的といった感じでやれるんじゃないかとも思うのだが、ワイセンベルクとカラヤン両者とも分別があるというか、カッコイイ表現を狙っているというのか、あまりドロドロしないし、燃えさかる炎のようなものが感じられず、大変客観的、爽やかであるとともに、実にクールな印象を受ける。その点では、とても面白い演奏だろう。ちと、表面的な演奏という感じもするのだが。

役者としてはカラヤンが一枚も二枚も上手であって、伴奏がガッチリしている。独奏者の意向よりも、指揮者が好きなように振るぞい、と云っているような風情。ワシはワシの演奏をするということかな。
ピアニストが、その伴奏に合わせてしまった協奏曲と云うべきか。

白眉は第2楽章。
ワイセンベルクの硬質なピアノが青白い炎のように浮かび上がってくる。
カラヤン&ベルリン・フィルのバックも、それは見事なもので、ため息が出るほどデリケートに伴奏してゆく。ピアノの青白さと一緒になって、オーケストラもブルー系の光を放っている。やっぱり、このコンビはスゴイや。


録音は上々で、オケもピアノも美しく録られています。
1970年代のEMIは良い録音が沢山ありました。
このCDもその一つと言えると思います。


AUTHOR: 天ぬき DATE: 11/18/2008 10:48:34 おはようございます。

確かにアクセスしにくいことが多いようです。
私は「見るだけ」なので余り気にはなりませんが・・・

ワイセンベルク、すっかりその名前を聞かなくなったように思いますが
どうなんでしょうか?
1982年に来日した時にはムターと協演したブラームスのソナタやゴルドベルク変奏曲の演奏会などに行ったのですが余り印象に残らずに、それ以来聴いてないような・・・?
スポンサーサイト

コメント

>天ぬき 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ワイセンベルクの名前、見なくなりました。ブラームスのソナタをムターと録音していましたね。家にあったと思いますので、聞き返してみたいと思います。
1980年代の中頃までは録音が出ていたと思いますが、最近は全然出ません。
カラヤンの指揮で録音したラフマニノフは、今も愛聴しているんです。チャイコフスキーも良かったと思います。

ここDoblog、このごろ、やたらと重いのです。更新できず、イライラしております。

>ノリ 様
おはようございます。面白いエピソードですねえ。ワイセンベルクはカラヤンと盛んに協奏曲を録音してました。カラヤンのお気に入りだったんでしょうね。楽しい話、ありがとうございました。また、いろいろ教えてください。
ワイセンベルクとのベートーヴェン全集を聴いているんですが、なかなかイイなぁと思います。やはりオケの力がスゴイです。
ベートーヴェンの第3協奏曲、グールドのは面白いですね。ノリさん、これが初めて買った第3協奏曲なら、他の演奏を聴かれたときに何の変化もなくて驚かれたのではないでしょうか。そのくらい、グールドのはスゴイと思います。

>アルトゥール 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
カラヤンのEMIボックスは超お買い得、少々のダブりなどなんのその、オペラやオーケストラ曲、ホンマにスゴイ演奏ばかりでした。オペラBOXは特にお買い得だろうと思います。
ワイセンベルクとのベートーヴェン全集、なかなか良いです。ベストとは思いませんが、オケの部分を聴くだけでもなかなか楽しいです。
ワイセンベルク&カラヤンでは、僕はラフマニノフが今も一番好きです・・・・・・・これ、僕のベスト・ラフマニノフなんです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。