スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」 ドラティ/デトロイト響

四国の週末は雨です。また少し気温が下がりました。
山の紅葉は勿論、街の木々も見頃になっています。

さて、今日は懐かしいレコードを取り出してます。

ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」全曲。(1947年版)
アンタル・ドラティ指揮デトロイト響の演奏。
1981年5月、ユナイテッド・アーティスツ・オーディトリアムでの録音。

これは、ドラティ&デトロイト響のストラヴィンスキー第2作。「ペトルーシュカ」が第1作、のちに「火の鳥」が出て三部作が完成した。どれも当時の音楽ジャーナリズムでは絶賛された名演奏で、僕は3枚組5,000円の廉価盤になったときにようやく買えた。LP3枚組廉価盤ボックス仕様で5,000円・・・・・今思えば、涙がこぼれるような、レコードが高価な時代だった。当時はそうそう新譜が買えなかったし、何せワタクシはビンボー学生だった・・・・。

録音が素晴らしい。今も最高の音響を誇る。DECCA最良の録音の一つと思われる。
ステージの隅々まで見通せて、楽器の定位も抜群、左右奥行きの広がりも素晴らしい。そして個々の楽器がきわめて鮮度の高い音で迫ってくる。弦楽セクションは香り高く鳴り響き、管楽器は高雅に響き渡る。打楽器は迫力満点。
聴いていると徐々に昂奮してくるような録音。手に汗握る一枚と思う。

演奏は、これホンマに老人の指揮かいなと思わせるほど、若々しく迫力に満ちたもの。
ドラティ、このとき80歳。名指揮者はトシを取らんのだなぁ・・・・。いや、老いてますます盛んであって、当時のドラティは絶好調だったのだ。

ストラヴィンスキーがどんな音楽を書いたのか、「見える」ような演奏。アチラこちらで、新鮮な音がする。楽譜の詳細が聞こえてくる演奏とでも云おうか。聴いていて、とても分かりやすい。僕らシロウトにも分かりやすい演奏。
そういう演奏を弾き出せるドラティはスゴイと思う。芸術家というより、職人と云った方がいいのかな。

デトロイト響も好演。迫真の名演。大変巧いオーケストラと思う。と言うより、ドラティのオーケストラ・トレーナーとしての手腕が素晴らしかったということか。
特にイイのが打楽器と金管群。メリハリが利いていて、実に颯爽としてカッコイイ。
グランカッサとトランペットは強烈。胸のすく快演。部屋が震えますぞ。

CDでも買い直しました。
CDもLPもエエ音です。素晴らしい録音。さすがDECCAと思います。




AUTHOR: よし URL: http://otsusan.cocolog-nifty.com/ DATE: 11/09/2008 08:00:31 このLPセットはお買い得でしたね。
ドラティはこれ以前のロンドン饗との「火の鳥」でも素晴らしい切れ味で彼の棒さばきの見事さに圧倒されました。まったく正統的な意味での名演だと思います。
スポンサーサイト

コメント

>よし 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
はい、このLPセット盤は安かったんです。今も購入当時のうれしさを覚えています。ビンボーでしたし、レコードは高価でしたし、だから一生懸命聴きました。ドラティはイイ指揮者でした。
実はこのセット発売当時、ショルティ/CSOのマーラー交響曲全集BOXも、デュトワ/モントリオール響のラヴェル全集も同時に発売されまして、僕は財布も貯金も空っぽになるほど散財したのでした・・・・・・。懐の痛い思い出も一緒に蘇ります・・・・・・・(^^ゞ

>shibera 様
こちらにもコメントを有り難うございました。
当時のハルサイブーム、思い出しますね。1970年代後半から1980年代は惑星とともにブームの時代でした。そうですか、shiberaさんもこのセット、LPでお持ちですか。嬉しいです。あの頃はレコードは高価でした。ですから買うのも必死の思いで、あれこれ悩みながら計画を立てて購入してました。それでも欲しいもの全部は買えませんでした。今は、その反動でしょうか、あの当時のLPが激安CDボックスになって再発されるたびに、僕は買ってしまいます。根がビンボー症なんです。ええ、カラヤンのDG交響曲ボックス買いました。もう、ダブりなど気にしていられません。この中のベートーヴェン全集、僕はLP8枚組18,400円を持ってます。中古盤でも1万円、昔はしていました。涙がこぼれるような話です。ホンマに安くなりましたね。

こんばんは。
たった数日で冬になってしまいましたね。
朝も息が白くて寒くなりました。

この録音はとても話題になりましたね。
書かれてある通り、トランペットなど、
この曲にはこの音でないととまで思ってしまいますね。

春の祭典は不思議な曲ですね。
通常のフルートよりもピッコロやアルトフルート、
同じく通常のトランペットよりもピッコロ・トランペットやバス・トランペット、
クラリネットよりEsクラリネットやバス・クラリネット、オーボエより…と
普段はあまり目立たない特殊楽器がここぞとばかりに大活躍しますね。

>hsm 様
寒くなってきました。晩秋ですね。コメントを有り難うございました。
ドラティのストラヴィンスキーは若い頃から愛聴しているものです。巧いですね、ドラティ。そして分かりやすいのもエエです。
そういえば、ピッコロやアルトフルート、ピッコロ・トランペットやバス・トランペットなど、活躍するんですよね。hsmさんに云われて気がつきました。いつも有り難うございます。また、聴く楽しみが増えました(^^)V

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。