スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロディンの弦楽四重奏曲第2番 弦楽合奏版 トゥロフスキー/イ・ムジチ・ドゥ・モントリオール

夕暮れが早くなってきました。「秋の日はつるべ落とし」とはよく云ったものです。

さて、今日は秋になると聴きたくなる名曲。

ボロディンの弦楽四重奏曲第2番などは、そのうちの一つ。若い頃から、あの旋律の美しさに魅せられていろいろ聴いてました。一番の演奏は、やはりイタリアSQ盤かな。これ、CDで買い直しそびれているうちに廃盤になってしまったのか、見かけません。今もフィリップスの廉価盤LPで聴いてます。CD、入手したいですねえ。

さて、今日は弦楽合奏版で聴いてみましょう。

ボロディンの弦楽四重奏曲第2番(弦楽合奏版)
ユーリ・トゥロフスキー指揮イ・ムジチ・ドゥ・モントリオールの演奏。
1995年8月の録音。英シャンドス原盤。
編成はヴァイオリン10、ヴィオラ3、チェロ2、コンバス1の計16人。リーダーはエレノラ・トゥロフスキー。指揮者夫人かな。

秋風の吹く夜に素晴らしく似合うストリングス。心に染みいる弦楽合奏の響き。美しい。空間に柔らかく残響が広がってゆく。

アンサンブルは極上で、これ非常に巧い団体と思う。テンポは中庸からやや速め、キビキビとしたフレージングが印象的で、とても清潔な感じがする。サイダーの泡がはじけるような清涼感が良い。

ノクターンはホンマに素晴らしい。美しい旋律で、名曲やなぁと思う。チェロがソロで深々とした響きを聴かせてくれるのだが、もう、それだけで涙がこぼれそう。懐かしさ、郷愁を誘うような名旋律。ヴァイオリンの響きも飛びきりの美しさ。ああ、イイ音楽だなぁ。秋の名曲、こんなのを聴いていると、季節感あってエエなぁ。ああ、日本人。

録音は抜群です。
残響が特に素晴らしく、弦楽器のソロがどこまでも伸びていきます。この音を聴いているだけでも幸福になります。
カップリングはドヴォルザークの弦楽セレナーデ。これも美しい演奏でした。

ボロディンのこの曲、過去2回エントリーしてます。
先述のイタリアSQ盤、そしてクリーヴランドSQ盤
秋になると、僕はこれらのCDやLPを取り出すのです。



AUTHOR: mikitomochi58 URL: http://blog.goo.ne.jp/mikotomochi58 DATE: 10/21/2008 15:51:46 こんにちは。いつもお世話になっています。ボロディンの弦楽四重奏曲第2番のノクターンは、1970年代前半、NHK-FM(当時、私の田舎ではFM放送はNHKしか聴けなかった。NHKもステレオ受信はかなり苦しかった)の23時からの「夜の調べ」ろいう番組のテーマミュージックに使われておりました。当時、品行方正な少年だった私は、この番組のころには既にふとんに入っており、このノクターンを聴きながら寝入ったことを思い出します。後年、これがボロディンの曲であることを知りまして、CDを買って聴き、当時のことを思い出した次第です。ですので、この音楽を聴くと、ついつい眠くなったりして…(笑)。ホントにいい曲ですねえ。
スポンサーサイト

コメント

>yokochan 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
yokochanさんも「夜の調べ」ですか・・・・・。僕は残念ですが聴いていないんです。埼玉のド田舎の少年、その時間帯にはもう寝てました(^^ゞ。それに、そもそも少年期は歌謡曲ばかり、民放ラジオ(文化放送とかニッポン放送とか)ばかり聴いていたと思います。電リク・ベストテン・・・とかの類ですね。

ボロディンの弦楽四重奏曲、大好きなんです。ノクターンのところなど、涙涙で聴いてます。このシャンドス盤はたまたま某オークションで見つけて安値でゲットしたモノなんですが、こういうタイプの演奏で聴くと、ちとムード音楽的、それでもやはり美しいです。

おはようございます。
この曲、ノクターン(ボロディンの弦楽四重奏曲第3楽章)として、オーマンディ/フィラデルフィア管のストリングコンサート集の演奏盤を持っているだけです。心に染み入る実に清々しく美しい曲ですね。
またFM放送で番組テーマ曲として流れていたのを想いだしました。懐かしいです!
全曲盤を是非聴いてみたいです。

>ひろはや 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ノクターンのオーマンディ盤があるんですか。それは、是非聴いてみたいですね。
ノクターンだけでなく、弦楽四重奏曲それぞれの楽章が、美しい旋律とエキゾチックな魅力に溢れていて、ボクはこの曲、大好きなんです。
FM放送のテーマなどにもなっていたんですね。メロディが良いですから、人気あるんでしょうね。

ボロディンの弦楽四重奏曲第2番は、好んで聴いておりますが、弦楽合奏版というのは持っていないかも。FM放送の話題が出ておりますが、23時からのこの番組ではないでしょうか。1971年のFM番組表です。
http://www.mmdb.net/gbh00577/tips/page2/050110-fm-fan-1971-october.html
この頃は、まだ一部モノラル放送でしたね。田舎では民放FMの番組、城達也さんの「ジェットストリーム」などは受信できない時代でした。

>narkejp 様
こんばんは。コメント感謝です。
昔のFM番組のURLも有り難うございました。あのころは、クラシック番組が多かったんですねえ。今と比べると、嘘のように純粋なクラシック音楽番組ばかりですものね。モノラルも多いです。
「夜のしらべ」、23時からの放送だったんですね。このころ、僕は寝てしまう子供でありました。
ボロディンの名曲、弦楽合奏で聴くのもなかなかエエもんでした。普段は原曲のSQ版で聴いているんですが・・・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。