スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラー中毒で・・・・

[関連したBlog]
思えば、インバル/フランクフルト放送響の来日演奏(第5番)を聴いた5年前から、熱病のようにマーラーを聴いています。
最近は輸入盤が安いので、マーラー全集も1万円前後の低価格で手に入る・・・これがわが物欲・鑑賞欲に拍車をかけました。めぼしい全集に次々に手を出してしまって・・・完全に中毒状態です。(最近少し収まりかけていますが、それでも、先日スヴェトラーノフの全集に手を出してしまい・・・(^^ゞ・・・)
長いので腰が引けていた3番は今や最も好きな交響曲となり、一聴してなにやらさっぱり分からなかった9番は、自分にとって最も大切な曲になりました。初めのうち何度聴いても理解不能であった7番でさえ、今は口ずさむほど。
中毒とは恐ろしいものです。
で、現在のマイ・ブームは7番。クレンペラー/ニュー・フィルハーモニア管の演奏がスゴイです。とにかく遅い。全編遅い!遅すぎるテンポの中から、異様な姿が浮かび上がる。異形の7番の深層をえぐり出して見せつけられるような演奏。異様といっても、恐ろしいとか、怪異なということではなく、他の誰とも違った演奏ということ。誰にも似ていない、孤高の演奏。聴き終えたあと、もう一度聴いてみたくなる演奏。
ハイティンク/ACO(新しいデジタル録音の方)の暖かみのある演奏は、くつろぎたい時に取り出して聴いています。ホッとするような安心感・安定感がハイティンクの持ち味。ああ、マーラーの書いた音楽をそのまま音にすると、こういう演奏になるんじゃないかと思います。
さて、今夜はどの7番にしようかしら・・・。
録音も良いアバド/BPOのライヴ盤にしようかな・・・・・。



AUTHOR: おさかな♪ URL: http://blog.so-net.ne.jp/osakana2005/ DATE: 05/09/2005 22:08:21 mozart1889さん
おさかな♪@たびたびです。
mozart1889さんは、「mozart」なのにマーラー大好きなんですね♪
マーラーと言えば、アバドさんのルツェルン音楽祭DVDをハイ・テンションでUPした記事があります。
→コチラ
 http://blog.so-net.ne.jp/osakana2005/2005-04-03
(現在、so-netのサーバが落ちてるようですので、ごめんなさい。)
先日、アバドさんのマーラー全集を買いました。
マーラーあり、とマーラーなし、だと、人生に何か累積で損失がある気がして・・・。
(意味不明。。。)
マーラーは難しいですが、頑張って理解しようとせずに、楽しいなって思って聴くようにしています。
mozart1889さんのようになれるには、当分かかりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。