スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」 ベルリン弦楽四重奏団

日中の雨と風で、四国は冷え込みました。9月末になって、急に寒くなりましたね。半袖ではホンマに寒いくらい。台風の影響か、この数日は雨のようですから、上着を用意して出かけましょう。

しとしと雨なので、音楽もしっとりしたのを聴きたいと思い、取り出したのは室内楽、ズスケのベートーヴェンでありました。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 作品59の2「ラズモフスキー第2番」。
ベルリン弦楽四重奏団(ズスケSQ)の演奏。
1967年の録音。独シャルプラッテン原盤でedel発売の廉価盤全集から。

ラズモフスキー四重奏曲の第2番は、悲劇が内へ内へ向かってゆくような趣がある。
第1番の雄渾さに比べると、主題も悲痛。しかしベートーヴェンらしい推進力もあって、グイグイと聴き手を引きこんでゆく。その推進力が内へ向かってゆくのか、外に放射されるのか、1番との違いはそんなところかもしれない。

ベルリンSQの全集はedelの廉価盤で安価に入手できるものだが、その価格で売るには勿体ないくらい、滋味あふれる演奏ばかりで、つくづく感心する。その演奏の魅力・素晴らしさは、第1ヴァイオリンで主宰者のカール・ズスケの力によるところが大きい。
ラズモフスキー第2番は、実に安定した演奏で好感が持てる。
テンポは中庸で、決して急ぎすぎず、また煽り立てるところもない。4人の弦楽器の音は潤いのある音、しっとりとしていて、響きもどちらかというと渋め。
しかし無類の安定感と構成感があって、説得する力が大きい。ベートーヴェンは、確かにこのように演奏して欲しかったろうなぁと、聴きながら思う。

派手ではないし、向こう受けはしないだろうなぁと思うのだが、聴いていて、うんうんと肯くところが多い。4人の奏者の技量の確かさ、お互いの信頼感、音楽的教養の深さなどが感じられるのだ。

印象は、野に咲く花、路傍に咲く花のようなもので、とても控えめ。でも、聴いた後に、エエ演奏を聴いたなぁという充実感がある。

録音状態も大変聴きやすい音質で、心地よい。
鮮烈ではないものの、演奏同様、しっとりとしていて、家庭で聴くクヮルテットの音としては文句なし。十分な録音と思います。



AUTHOR: よんちゃん URL: http://shibashi.blogspot.com DATE: 09/30/2008 09:46:55 こんにちは。

同じCDを持っています。この夏に購入したものです。購入以来平均すると週に数回は10枚のうちのどれかを聞いています。どこがどういいかわからないのですが、すごく気に入って聞いています。
「ラズモフスキー第2番」は全集の3枚目ですね。いい曲ですし、いい演奏だと思います。
僕は弦楽四重奏曲には不案内で、ベートーヴェンのものはズスケSQのセットしか持っていません。比較するものがないのですが、本日の記事はなるほどそうなのかと納得しながら読ませていただきました。
スポンサーサイト

コメント

>天ぬき 様
コメントを有り難うございました。
おお、天ぬきさんはLPですか。さすがです。
ラズモフスキーのセットは2LPでした。僕はイタリアSQのLP2枚組を持っていますが、やはり2番は1枚目と2枚目に分かれました・・・・・。
ラズモフスキーは若い頃からよく聴きますが、僕は1番、3番、2番の順でした。2番は最も渋い曲なんだろうと思いました。

それにしても、LPの音は柔らかくて暖かいですね。透明感や音場感はCDの方が優れているかなと思うんですが、夜中にモゾモゾ聴くときには、この暖かさが何とも云えず、ほのぼのとしてきます。

こんにちは。
じつはラズモフスキーでは第2番が一番好きです。
でもってズスケ・カルテットの演奏が一番好きです。
この全集、一時入手困難になっていましたが、
今は廉価で出ているのですね。
喜ばしいことです。

先のクレンペラーのハイドンの演奏、とても的確に表現されていて感服致しました。
ズスケ氏達のこの曲の演奏、彼らの来日時に聴きました。当時は、聴くこと自体が目的みたいなものだったので、聴いたことだけが記憶に残っています。彼らのベートーヴェンの弦楽四重奏曲の録音全部をCDで持っていて、私にはバリリ氏達のLPでの全集の次にお気に入り、ということになろうかと思います。ズスケの演奏は、落ち着いていて、バッハでもとてもいいですね。

>木曽のあばら屋 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ラズモフスキー第2番は、1番、3番と聴いてから、慣れ親しむようになりました。僕にはいちばん遅かったです。
それにしても、ズスケのベートーヴェン、イイですね。この全集盤はedelの中でも屈指の廉価盤、こんな価格で入手できてエエんかいなと、申し訳なく思ってしまいます。

>HABABI 様
おはようございます。コメント感謝です。
ああ、HABABIさんは来日公演を聴かれたんですか。エエですね。羨ましいです。このズスケを中心にした全集盤は、ホンマに味わい深くて、淡々としているようで味わい深いんです。録音も、暖かくよろしいです。
バリリSQは聴いたことがないんです。どうも、モノーラル録音には食指が伸びなくて・・・・イカンですね。

クレンペラーのハイドン、エエですねえ。今、じっくりと楽しんでいます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。