スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラーの交響曲第6番 イ短調「悲劇的」 ハイティンク/ベルリン・フィル

四国は蒸し暑い休日でした。東日本では局地的な雷雨が降っているようなんですが、当地では雨が降りません。水不足は続いています。
そういえば、今年は台風も来ません。さて、しばらくはこの状態でしょうか。

で、今日もマーラーを聴いておりました。

マーラーの交響曲第6番 イ短調「悲劇的」。
ベルナルト・ハイティンク指揮ベルリン・フィルの演奏。
1989年4月、ベルリンのフィルハーモニーでの録音。フィリップス盤。

某オークションにて、ようやく入手した、渇望の1枚(というか2枚組)。
カップリングは「さすらう若人の歌」(S;ジェシー・ノーマン)。

巨匠への道をひたひたと進んでいたハイティンクの1980年代の、素晴らしい演奏。カラヤンの後継者とも云われた時期であり、ハイティンクは自信に満ちた、そして風格と確信に満ちたマーラー演奏を繰り広げている。
ベルリン・フィルも充実しきって、見事な演奏。世界最高のオーケストラの面目躍如、技量の確かさ、アンサンブルの精緻さ、響きの充実、描写の巧みさ、どれも超一級のスーパー・オーケストラと思う。そして、この長大な交響曲を、全くだれずに最後まで聴かせてしまうその技術たるやスゴイと思う。

ハイティンクがベルリン・フィルとマーラー全集に取り組んだこのころ、(結局全集は7番までしか進まず未完に終わったのだが)、当のベルリン・フィルによるマーラー録音は決して多くなかった。バルビローリの9番の他には、カラヤンが4・5・6番と9番を録音したくらいだったろう。カラヤンがマーラーをレパートリーにしたのは1970年代以降、いわば晩年に近い頃だったので、ベルリン・フィルのマーラーも少なかったわけだろう。ようやくアバド時代になってベルリン・フィルのマーラーを存分に聴けるようになったが、その点を思うと、ハイティンクのこの全集は貴重だろうと思う。・・・・となると、ますます未完に終わったことが残念だなぁ・・・・・このコンビで9番や「大地の歌」を聴いてみたかったもんだ。

さて、演奏は全く素晴らしい。
第1楽章の冒頭の、ザッザッザッという弦楽セクションの強奏からもう凄まじい音楽。
音が強く、アンサンブルに破綻なし。強烈。しなやかでピンと張り詰めた強さを誇る弦楽に、七色に音が変化する管楽器のバランスがまた素晴らしい。
ハイティンクのテンポは中庸で(これは全編にわたって中庸だ)、端然とした感じの指揮ぶり。確信を持ってマーラーを振っているのが伝わる。ひとたび自信を持った指揮者が振る演奏というのはエエもんだ。感動が徐々に高まってゆく、それを聴く喜び。

第2楽章はスケルツォ。第3楽章にはアンダンテ・モデラートを配置。この録音当時はこれがふつうだった。逆配置はバルビローリくらいだったかな?
スケルツォは強靱な演奏、第3楽章はホンマに美しい。ストリングスの美しさはもちろんのこと、管楽器がまた良い。ホルンなどたまらない。絶美やなぁ。

フィナーレも圧倒的な音響。昂奮しそうなオーケストラをハイティンクがきりっと引き締める。ハンマーも強烈。
ラスト、大団円のハンマーだけは、心臓に悪い。いつ聴いてもどっきりビックリ。
胸を押さえつつ聴きました(笑)

録音は今も素晴らしいです。音の鮮度、輝き、強さ、そして響きの美しさ等、文句ありません。さすがにフィリップスと思います。
ただ、これはホールの特性なのか、奥行き感はイマイチであります。
残響の美しさは、コンセルトヘボウ管時代のマーラーの方がややエエです。

しかし、演奏も素晴らしく録音も良いとなると、現在の廃盤状態はとても勿体ない・・・。フィリップスには2枚組DUOシリーズで、一刻も早く再発して欲しいもんです。


<マーラーの交響曲第6番「悲劇的」 自己リンクです>
■ショルティ/シカゴ響
■インバル/フランクフルト放送響
■小澤征爾/ボストン響
■マゼール/ウィーン・フィル
■アバド/シカゴ響
■ブーレーズ/ウィーン・フィル
■ヤンソンス/ロンドン響
■テンシュテット/ロンドン・フィル(EMIライヴ盤)


AUTHOR: ひろはや DATE: 09/08/2008 06:52:18 おはようございます。
ハイティンクのマーラーには、私自身がいつも心から共鳴できる演奏を聴かせてもらっています。
この第6番「悲劇的」は、私のCD棚にはハイティンクのものが4種類(ACO1968年放送ライヴ盤、ACO1969年全集盤、フランス国立管2001年盤、シカゴ響2007年盤)あるんですが、1980年代のハイティンクが抜けているんです。
ACOとのクリスマス・マチネ盤に第6番が欠けているだけに、今回ご紹介のベルリン・フィル盤は是非聴いてみたいなあ。
スポンサーサイト

コメント

>タカ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ハイティンクの「悲劇的」、僕はこのBPO盤しか持っていないんですが、そうですか、これがベストですか。嬉しいなぁ・・・・エエのを買って良かったなぁ・・・・ありがとうございました。それでも、ハイティンクの他の盤も、経済的余裕があれば欲しいです。3番のBPO盤もスゴイ演奏とは思いましたが、CSO盤もエエんですか。聴いてみたいですが、ちと値が高いですね。
7番のBPO盤、実は一昨日、オークションで落札成功しました。おそらく明日には届くでしょう。楽しみです。ACOとの演奏(再録音盤)が素晴らしかったので、聴き比べ、楽しみです。そのうちに感想文をアップしますね。
ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。