スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマンの交響曲第3番「ライン」 マズア/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

今日はシューマンであります。

シューマンの交響曲第3番 変ホ長調 作品97「ライン」。
クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の演奏。
1973年、ライプツィヒの贖罪教会での録音。独シャルプラッテン原盤。

1995年、徳間音工発売の2枚組2,000円盤。

1990年代に徳間が1,000円盤を次々に発売していた頃のもの。ああ、CDが安くなったなぁと思ったものだった。マズアにスウィトナー、ブロムシュテット、レーグナー、ヘルビッヒ・・・・・東独の名指揮者の交響曲シリーズを沢山聴くことが出来た。
(あの廉価盤化は、ソ連~東欧諸国の社会主義崩壊の影響だったのかな・・・・・さてさて)
当時はレギュラー盤が3,000~3,500円の時代だったから、安月給の身には有り難かった(しかも、息子が三人もいたし・・・いやはや扶養家族は妻も含めて4人もおって・・・・(^^ゞ)。
それが、今や末の息子も高校3年生で、来年はおそらく大学生、我が家は妻と老母、3人だけの年寄り家庭になります。給料はちと上がったし、息子の大学の授業料は比較的安く、また大阪の下宿代はべらぼうに安くてこれはホンマに有り難く、その分、CDの購入に充てることが出来る・・・・しかもCDは今や激安の時代、1枚1,000円でも高いと感じてしまう御時世・・・・思えば、この徳間の1,000円盤に胸をときめかせて購入していたころが懐かしい・・・・。

さて、マズアのシューマンは、大変明るい音が印象的。
録音のせいか、低音があまり出てこないので、明るく軽い音に聞こえる。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の響きとしては、いつもより明るい感じ。
シューマンの噎せ返るようなロマンというよりも、プレーン・ヨーグルトのような爽やかなロマンと云うべきか。

テンポはやや速めでサラッと進んでゆく。この人は立派なヒゲで実に男臭く恰幅がよいのだが、作り出す音楽は、比較的小振り、コンパクトでまとまりの良い感じになる。いたずらにスケールと大きくしようとしないのがエエのかもしれない。

録音は標準的です。
1970年代前半とすれば、こんなものかなぁと思います。
オケがやや平面的で、弦楽(特にヴァイオリン)がキャンつく感じ。しっとり感が欲しいなぁ。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管特有の渋い音があまりしないのは何故かしら?

秋になると、シューマンの「ライン」交響曲を聴きたくなります。
この交響曲は収穫の喜び、豊穣への感謝の音楽と思います。ドイツは、農耕には厳しい自然の土地柄、豊作の喜びは格別のものがあったでしょう。僕は「ライン」を聴くと、その秋の豊穣を思うんです。
シューマンの1番「春」は、新しい季節の喜び、「ライン」は豊穣の喜び。



AUTHOR: ニョッキ URL: http://blog.livedoor.jp/watahiroxp/ DATE: 09/05/2008 20:38:23 こんばんは。

シューマンの「ライン」大好きな曲です。
ホルンはとても難しいのですがいつか吹いてみたいですね。

私が最初に聴いたのはコンヴィチュニー=GHOでした。
マズア=GHOの演奏は未聴ですが、このコンビは個人的に好きです。

>ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の響きとしては、いつもより明るい感じ。

このオケのホルンに限ればかなり明るい(よく歌う)気がします。
それもこのコンビの好きなところですね。

久しぶりにこの曲を買ってみたくなりました。
スポンサーサイト

コメント

>Verdi 様
コメントを有り難うございました。お仕事忙しい様子、お疲れ様です。
独シャルプラッテンの1,000円盤シリーズは、助かりましたねえ。1990年代前半、激安廉価盤時代の先駆けでした。当時は1枚1000円は夢のように思いました。
ドイツ民謡集・・・・・・・さすがに手が出ませんでした。Verdiさん、さすがですね。

シューマンの「ライン」交響曲を聴くには、ほんとにいい季節になりましたね。私も大好きな曲です。セル、クーベリックなど、格調高い演奏を聴く度に、同様に「ああ、ええなぁ」と思います(^_^)/
クルト・マズアの「ライン」は聴いたことがありませんが、メンデルスゾーンなどは良かったような記憶があります。当時の東独は、音楽家にとっては住みにくいものだったと思いますが、楽器等も厳しい条件の中で精一杯の演奏をしているのだろうと思います。懐の寂しい頃、廉価盤の存在は、ほんとにありがたかったですね。

>narkejp 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
独シャルプラッテンの廉価盤、昔、随分助かりました。我が家にはゴロゴロしてます(^_^)v
マズアとLGOのコンビは、録音が沢山ありました。メンデルスゾーンの3番と4番はワーナーの1,000円盤で持ってます。イイ演奏でしたね。
秋になりました。シューマンの「ライン」を聴くのに良い季節ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。