スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューベルトのピアノ・ソナタ第4番 イ短調 D.537 ミケランジェリ(Pf)

さて、9月であります。
我が家の高校生は新学期、大学生は今月いっぱいは休暇であります。

今日はシューベルトを聴いてます。

シューベルトのピアノ・ソナタ第4番 イ短調 D.537。
アルトゥール・ベネデッティ・ミケランジェリのピアノ独奏。
1981年2月の録音。DG原盤。カップリングはブラームスのバラード集。

全曲約22分のシューベルトの佳品。
ミケランジェリのピアノの音色が千変万化して、聴いているとクラクラしてしまうほど綺麗。ホンマに美しい。圧倒的。参ります。

そしてニュアンスの多彩なこと。一つの楽器から、かくも様々な音が出てくるものか。ピアノの音そのものが美しいのは勿論なのだが、それがキラキラ光ったり、墨絵のような渋い色調になったり、時には水彩画のようなパステルカラーで揺らめいたり・・・・まあ、その色彩感がスゴイ。色の移り変わりだけでも楽しめる演奏。

フォルティシモは逞しく、かつ美しいし、ピアニシモではため息が出るほど、これまた綺麗。

この音の美しさの魅力には抗いがたい。

演奏は、シューベルトにしては雄弁な感じ。ウィーンの内気な青年シューベルトの木訥さよりは、しっかりと自身の言葉で物語を綴ってゆくような感じの演奏と云えるかな。
テンポも全く正鵠、聴いていてしっくり来る感じの速度。造形も見事なプロポーションで、ヘレニズム文化のように柔らかく均整の取れた彫刻を想像させるような佇まい。

第1楽章アレグロ・マ・ノン・トロッポ、第2楽章はアレグレット・クワジ・アンダンティーノ、第3楽章アレグロ・ヴィヴァーチェ。

各楽章の描き分けも見事で、三双一幅の絵画を見ているような、聴感であった。

録音は今も十分に美しく、鑑賞に不備なし。
ミケランジェリの素晴らしいピアノは余すところなく伝えてくれます。
DGの初期デジタル録音なんですが、硬い響きにならず、しっとりとした音も聴かれます。
デジタル時代になって、ピアノの硬質な響きがなおいっそう美しく録れるようになったなぁと当時思ったもんですが、このミケランジェリの1枚は、その典型と思います。


昨日は徳島に行ってきました。
四国合唱コンクール、三男坊の出場でありました。結果は金賞、しかし、いわゆる「ダメ金」、全国大会出場はなりませんでした。NHKコンクールも四国大会銅賞でしたので、息子もこれでひとまず部活動引退であります。受験生にならなくちゃいけません。
9月は季節の変わり目であります。


AUTHOR: 吉田 URL: http://beethoven.blog.shinobi.jp/ DATE: 09/01/2008 12:47:42 こんにちは。
この曲のこの演奏、2楽章にはまりました。
夜更けに酒とともに聴くとたまりません。何度も繰り返し聴いて、何度もおかわりしたものです。
ミケランジェリのこの曲にはDVDの放送用映像もありますが、CDのほうが鮮烈です。
スポンサーサイト

コメント

>まじっくばすーん 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
このごろは、シューベルトのソナタの録音も多いですね。僕は大好きなんですよ。ご指摘のブレンデルに内田光子、ケンプにルプー・・・・・・グルダなどにも録音がありますし、時々取り出しては悦に入っております。
ミケランジェリのは音色・響きが凄いです、デリケートで何とも云えない洗練。素晴らしいですね。

松山ご来訪とのこと、道後温泉に松山城、子規や漱石関係ものしかありませんが、どうぞ瀬戸内の魚料理でも楽しんで下さい。
9月末は少し涼しくなりますので、エエ季節とおもいます(^^)V

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。