スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リムスキー=コルサコフの交響組曲「シェヘラザード」 小澤征爾/シカゴ響

本日8月末日、この数日は曇天雨天続き、気温も下がってすっかり秋めいてきました。
夏の終わりに夏っぽい音楽を聴いておきましょう。

リムスキー=コルサコフの交響組曲「シェヘラザード」 作品35。
小澤征爾指揮シカゴ交響楽団の演奏。
1969年6月の録音。EMI原盤。
懐かしい東芝EMIのセラフィム盤LP。廉価盤だったので、昔は、随分助かったもんです・・・・・・・。安いのは有り難い。

若者が颯爽と指揮して、一気呵成にやってしまうと、こういう演奏になるのかな。
これは、小澤征爾若き日の素晴らしい演奏。豊潤で、勢いがあって、凛々しく、また初々しく、頬が火照ってくるような麗しさに満ちた名演と思う。
名人集団シカゴ響を存分に鳴らし、ドライブしきっているのが何より素晴らしい。小澤は若い頃からテクニック抜群だったんだろう。

第1楽章「海とシンドバッドの船」は元気一杯で迫力十分。押しまくる力がある。素直な直球勝負の爽快感がイイ。

第2楽章は「カランダール王子の物語」。抒情的な表現が印象的。小澤のしなやかな感性が良い方向に発揮されている感じ。音楽は新鮮で硬質、引き締まってスリムな感じ。筋肉質のオーケストラが展開する。潔い演奏、サムライ的な演奏と云うべきか。

第3楽章「若き王子と王女」は、青春のロマン。淡い着色の水彩画的表現だが、やや硬い感じもする。小澤は、ここでもストレートをどんどん放り込んでくるのだ。手練も手管もなし。精一杯の若さが横溢する。

第4楽章「バグダッドの祭り、海、青銅の騎士のある岩での難破、終曲」。
強烈な盛り上がり。意気盛んなフィナーレ。小澤は大編成のオーケストラを振らせるとホンマに上手い。もう、若い頃から巧かったんだなぁとつくづく思う。終曲まで息もつかせぬ迫力と、時に強引なまでの速球直球、これが聴いていて実に気持ちが良い。エエぞ、エエぞ、もっと盛り上げろ。

録音はヒス・ノイズが少し乗るものの、活気があって鮮やかな音がします。
40年も前の録音にしては素晴らしいと思われます。
特に管楽器が鮮やかで聴き応え十分。弦は少し硬いところがあります。
EMI録音、この時期のものはエエですねえ。




AUTHOR: よし URL: http://otsusan.cocolog-nifty.com/ DATE: 08/31/2008 15:58:39 ご無沙汰しています。

私もこのLPで記事を書きましたが、この曲そして小澤さんの名演の1つですね。この時期が小澤さんの絶好調だったと思います。
スポンサーサイト

コメント

mozart1889さまこんばんは


こないだ納戸のLPの箱を探っていたら、このLP見つけたんです。
こんなんいつ買ったんかなと思いつつ。お値段で入手したんですよね、きっと…。
だから演奏の記憶もとんとありませんで…。
mozart1889さまの記事を拝見しますと、なかなか興味深そうな演奏ですね。
こんど聴いてみたいと思ってます。

>hsm 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。四国はまだまだ水不足、早明浦ダムも心配ですね。
当地、伊予西条は地下水が豊富なので助かっています。

ハーセス40代の素晴らしい演奏も聴けますね。シカゴ響が実に巧いですし、小澤も若々しいです。当時、ムソルグスキーやストラヴィンスキーも録音しておりました。CDではDiskyレーベルからEMI録音集が廉価で出ていますね。
トロンボーンは第2奏者なんですか。なるほど・・・・・・。
そして「セヘラザード」は知りませんでした。いろいろ言い方があるもんなんですねえ。

>にこらす 様
こんばんは。コメント感謝です。
にこらすさんも、セラフィム盤おもちでしたか。このシリーズは1300円盤、安価で助かったんです。昔はビンボーでしたし、LPは高価でしたから。
今はCDがムチャクチャ安いので恐縮してしまいます。
若い頃の小澤、エネルギッシュでなかなかエエです。
若いってのは気持ちいいもんですよね。

こんばんは。
ご無沙汰してます。8月・・・何故か多忙でした。
とにかく、2日間凄い雨でした!びっくりでした。
懐かしい小澤&シカゴ響『シェヘラザード』セラフィム盤ですね。若々しいく、闊達な演奏だと思います。手元にはないのですが、mozart1889さんの文章で思い浮かびます。
シカゴ響も、9年前のライナー盤に引けをとらない頑張りをしているように思います。1969年、この年にショルティが監督に就任したんですよね。

>あるべりっひ 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
大雨、大変でした。どうもなかったでしょうか。お見舞い申し上げます。
仕事も忙しくて大変ですね。シンジくんやアスカ、レイと遊ぶヒマもないんじゃないですか?
(僕の初号機は弱くてアカンです。弐号機もダメですし・・・・・しばらく休みです 笑)

さて、小澤の若い頃の演奏も良いですね。シカゴ響が素晴らしいです。
そういえば、この年にショルティが就任でした・・・・・。
その後のシカゴの巧さ、勿論ライナー時代も凄いですし・・・・大したオケですよね。

こんばんは。私も週末にシェヘラザードを聴きました。
ロストロポーヴィチを選びましたが、実は小沢さんのシカゴかボストンのいずれかも選択のうちにあって悩んだんです。
ウィーン盤の小沢さんは未聴でしたので、生きのいい時代を聴きたかったのですが、ロストロさんのCDの方が目につきましたもので・・・・。
小沢&シカゴは、同時期のバルトーク・オケコンやヤナーチェクも鮮烈な録音でした!

>yokochan 様
こちらにもコメントを有り難うございました。
小澤&シカゴ響の演奏、鮮烈ですね。先日、EMI録音のボックス物を入手したんですが、若々しい活気溢れる演奏で感心しました。
さて、シェエラザードはロストロポーヴィチですね。パリ管との演奏は、濃厚な名演、ヴァイオリン・ソロなどはエロス漂う妖艶さで、初めて聴いたときはビックリしました。僕も大好きです(^^)V

こんばんは。小澤といえば日本人演奏家として空前(かつ絶後?)の成功を納めた名指揮者_のはずですが、どうも私にはどこがどういいのかよく分からなくて、正直多くは聴いていません。尤も彼の世代以降で際立った個性を発揮する指揮者はほぼ皆無、というのが私の印象なのですが、それでもアバドならロッシーニ_などなど、一つくらいは得意分野があるものですが、さて小澤には_消えかかっていた彼のイメージを最近蘇らせてくれたのが、中古で買ったラヴェルの管絃楽曲集。華麗なオーケストレーションを、これほど鮮烈に鳴らし切った演奏は初めてで、録音ともども最高の名演と讃えたい。価値ある150円でした。ではまた。

>shibera 様
おはようございます。いつもお世話になります。感謝です。
さて、小澤征爾のラヴェルというと、ボストン響と録音したDG盤でしょうか?・・・これ、2枚組廉価盤LPを持っています。録音状態がイマイチだったような気がしまして、昔々購入したまま(25年くらい前です)、よく聞いていませんでした。shiberaさんのコメントをいただいて、こりゃ聴き直してみなくちゃイカンと思い立ちました。ありがとうございました。
小澤のレコードは僕は好んで聴いています。大編成のオーケストラ曲を振ると、巧いなぁと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。