スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフマニノフの交響曲第2番 ホ短調 ヤンソンス/サンクト・ペテルブルク・フィル

1時間ほど激しい雷雨。久しぶりのまとまった雨でありました。
全国的には各地で大雨、被害も大きいようで、お見舞い申し上げます。四国ではこれで渇水が収まればよいのですが。
今日も前線停滞の由、天気はぐずつきます。

さて、今日はラフマニノフを聴いております。

ラフマニノフの交響曲第2番 ホ短調 作品27。
マリス・ヤンソンス指揮サンクト・ペテルブルク・フィルの演奏。
1993年9月の録音。EMIの7枚組激安BOXからの1枚。新宿のディスクユニオンで中古盤割引価格で2,100円。新品でも激安なのに、何という時代か。15年前の録音がこんなに激安価格で入手できてしまう(15年前なんて、僕に云わせりゃ「最新」に近い新しい録音としか思えない・・・・)、何に感謝すりゃエエんかいな。

全編にわたって、いかにもラフマニノフらしい哀愁漂うメロディで一杯。聴いていると悲しさや懐かしさがこみ上げてくる名曲。この曲には専門家筋からは通俗に過ぎると批判があるようだが、映画音楽だってこんなに美しくないぞい。僕らド素人には、ホンマに美しく儚い名曲と思う。

指揮は今をときめくマリス・ヤンソンス。
ロイヤル・コンセルトヘボウ管にバイエルン放送響、天下の銘器を2つも手に入れた名匠の、これは若かりし頃の名演。(・・・・と思ったらヤンソンスは今年でもう65歳。ということは録音当時50歳、そう若くはなかったのか・・・)
サンクト・ペテルブルク・フィル(旧レニングラードフィル)の機能的な演奏も相まって、素晴らしく聴き応えがある。

ヤンソンスの指揮は素晴らしい。
ただ、欲を言えば、この交響曲がカッコ良くなりすぎた感じで、もう少し女々しくやってくれてもエエかなぁと思う次第。均整の取れた古典芸術、ギリシア彫刻のようなフォルムの見事さ・・・・・そんな感じの演奏であって、カッコ良すぎるのだ。
ラフマニノフは、身を捩り、身もだえするように、また甘ったるく、そうそう、砂糖菓子のように甘く演奏して欲しいと思う。ラフマニノフには、市井に生きる庶民の喜怒哀楽が似合う・・・・と思うのだ。例えば、昼メロのような、男女のドロドロした愛情のもつれ、憎しみに嫉妬、さらにお涙頂戴的な筋立てで・・・・・そんなものが合いそうに思うのだが・・・。

そうは云っても、第3楽章の美しさ、情緒纏綿とした旋律は忘れがたく、尽きせぬ魅力がある。木管もホルンも涙なくしては聴けない。ああ、ラフマニノフは天性のメロディ・メーカーであったのだ。

録音はもちろんデジタル、標準的な音であります。
もう少し奥行き感が欲しい感じ。オケが平面的に並んで、ペタッとした感じの音に聞こえます。ステージの雰囲気は良く出ているんですが、もう少し音の鮮度があってもエエかなぁ・・・と思いつつも、EMIですからねえ・・・・・。


AUTHOR: 天ぬき DATE: 08/30/2008 20:23:39 こんばんは。
こちらは豪雨です。
台風の時でもこんな降り方は記憶に無かったような??

この曲、あまり聴かないのですが時々思い出したように聴きます

ビシュコフ/パリ管弦楽団のCDしか持っていないのですが
これで十分満足できています。
他の演奏を聴いていないのでコメントは出来ないのでが
音に関してはフィリップスの優秀録音といえそうです。

しかしこの雨、なんとかならないものか(;´_`;)
スポンサーサイト

コメント

>ひろはや 様
おはようございます。いつもお世話になります。感謝です。
プレヴィン盤は絶賛されていた演奏ですね。カットなしで演奏、ラフマニノフの交響曲の真価を知らしめた演奏・・・・・・と云われてました。僕は聴いたことがないんですが、これは是非一度聴いてみたいものだと思っています。
アシュケナージ盤で僕は初めてラフマニノフの交響曲を聴きました。これ、録音も良く今聴いても名演奏と思います。アシュケナージの気質にラフマニノフは合うんでしょうね。

こんにちは。自分もこのヤンソンスの2番を聴いたときは、質実剛健というか筋肉質な感じで違和感があったんですが、同じBOXにある交響曲第3番や交響的舞曲を聴くと、ヤンソンスのラフマニノフ解釈は一貫していると感じました。
 今はラフマニノフの晩年の質実剛健な作風に嵌ってしまい、交響的舞曲をのCDを集めています。この曲を聴いていると、ラフマニノフが「遅れてきたロマン派」などではない、大変な作曲家だったと実感できるんです。

>ヒロノミンV 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
ラフマニノフの交響曲、いいですね。僕はアシュケナージで聴いてきたんですが、最近このヤンソンス盤を入手しまして、楽しんでいます。
交響的舞曲はよく知らないんです。あまり聴いたことがありません。イイ演奏がありましたら、また教えて下さい。「質実剛健」というのはいいですね。

こんにちは。
ヤンソンスとペテルブルクのラフマニノフ全集は、私も格安で喜々として購入しました。ピアノ協奏曲も含めてお得なセットですが、印象はmozart1889さんと同じです。スマートにかっこよく演奏しすぎかもですね。
 2番は、シャンドスに入れたフィルハーモニアとの旧盤がかなりの爆演で、しっかり酔えます。
若い頃のヤンソンスの爆発ぶりが伺えるものです・・・・。

こんばんは。

このコンビのラフマニノフ2番は私が初めて買ったこの曲のCDです。
ヤンソンスとサンクト・ペテルブルクフィルは正直ずっとコンビでいて欲しかったと思うほど相性が良かった気がします。

ですのでこのCDが私のスタンダードです(デビューが遅かった気が・・)。

TBさせていただきました。

>yokochan 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ヤンソンスのボックス、安いですね。EMIのBOXものはホンマに激安攻勢、ナンボでも買ってしまいます(^^ゞ
それにしてもカッコイイ演奏でした。スタイリッシュで、知的な感じのラフマニノフ、こういうのもエエなぁと思っています。
シャンドス盤はすごいんですか・・・・・・要チェックですね。有り難うございました。

>ニョッキ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
このコンビの演奏、はじめて聴いたんですが、実にカッコイイですし、アンサンブルなども素晴らしく、とても相性が良さそうですね。見事なラフマニノフ、感心して聴いていました。
アシュケナージなどの演奏も良かったです。
TB、有り難うございました。いつもお世話になります。

クラシックCD紹介その151(ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調)

PING:
BLOG NAME
クラシックの作曲家の中で一番ロマンティックな人はと訊かれたら迷わずラフマニノフと答えるでしょう。
勿論生い立ちやら生きてきた環境などもあるから実際は違うのかも知れませんが音楽を聴く限りではダントツだと思います。
他の作曲家でもロマンティックな曲はた....

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。