スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン=サーンスのピアノ協奏曲第1番 ロジェ(Pf)・ デュトワ/フィルハーモニア管

「処暑」を過ぎてから、当地四国は幾分涼しくなりました。
この数年は9月半ば過ぎまで猛暑が続いていましたので、今年は涼しくなるのが早いかなと思います。・・・・・・って、8月末の気温としては、これが本来なんでしょう。やはり、ここ数年、とにかく暑すぎた。

涼しくなれば、こっちのもの。さあ皆さん、クラシック音楽を聴きましょう!


サン=サーンスのピアノ協奏曲第1番 ニ長調 作品17。
パスカル・ロジェのピアノ独奏、シャルル・デュトワ指揮フィルハーモニア管の演奏。
1979年、ロンドンのキングズウェイホールでの録音。DECCA原盤。

天才作曲家若書きの、大変華やかなピアノ協奏曲。お花畑で遊んでいるような明るさと、屈託ない朗らかさが何とも魅力的な協奏曲。こういう音楽をサラッと書いてしまうサン=サーンス、やっぱり天才やなぁ・・・・・とつくづく思います。

第1楽章序奏アンダンテでのホルン。ワクワクするような響きがたまらない。
アレグロ・アッサイに入ると、スピーカーの間からキラキラと光がこぼれてくる感じ。目映いばかりの輝きが、聴いていて「見える」ようだ。ああ、これは天才作曲家の煌めき、天賦の才能がこぼれているんだ。
そして、いかにもフランス的な洗練された明るさ。鮮やかでニュアンスに富んでいて、しかもオシャレな音楽。
ロジェのピアノは、これも輝かしく美しい。鮮やかなピアニズム。見事な指さばき。難しいところもあるのだろうが、難なく弾ききってしまうメカニック。さすがやなぁ。
明るくスカッとした響きに、しなやかなリズム。これは、名演奏と思う。

第2楽章は一転、グッと内面に沈み込んでゆくような音楽。やや単調なのだが、美しい抒情が流れるアンダンテ・ソステヌート。
ロジェのソロも抑え気味。穏やかな表情でゆったりと弾いてゆく。
バックのオケもイイ。木管の穏やかな響きはしっとりと濡れるような美しさ。心地よいくらいに優美な伴奏は、これ、さすがデュトワと云うべきか。

フィナーレはまた華やかで快活な音楽。
ピアノもオーケストラも、ノーテンキなほどの明るさ。スッカラカンと晴れ上がった空のよう。このくらい、臆面もなく明るくやってくれると、かえって気持ちが良い。
ロジェのピアノは相変わらず見事だし、デュトワ/フィルハーモニア管の演奏も精妙でよろしい。協奏曲を聴く楽しさを満喫できる。

録音も上々です。
さすがDECCA、今も鮮やかな音で聴けます。1970年代末期はアナログ録音末期でもあって、大変美しい録音が多いんです。中でもDECCAの録音は見事なもんでした。
このCDは、それを思い起こさせてくれる見事な演奏であり、録音でした。


AUTHOR: 木曽のあばら屋 URL: http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/index.html DATE: 08/26/2008 19:46:18 こんにちは。
おお、サン=サーンスのピアノ協奏曲、大好きです!(5曲とも)
ことにロジェ/デュトワによる全集は、LPで買ってCDで買いなおした
お気に入りの演奏です。
サン=サーンスのピアノ協奏曲に関しては以前拙HPでも取り上げました。
よろしければ御笑覧ください。

http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/saintsaens.html
スポンサーサイト

コメント

>木曽のあばら屋 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
URL、有り難うございます。拝見しました。
サン=サーンスのピアノ協奏曲は、エエですね。1番などはとても華やか、木曾さんがおっしゃるように「やんちゃな若者」ですね。楽しく聴きました。
ロジェやジャン・フィリップコラールのピアノで聴いているんですが、木曾さんご推薦のチッコリーニ盤も、これは聴いてみたいところですね。

>ヒロノミンV 様
おはようございます。コメント感謝です。
サン=サーンスは、天才ですね。モーツァルト以来・・・・・ホンマにそう思います。作品のどれもが、苦心惨憺して出来たものではなく、次々に湧き出てくるような趣があります。ピアノ協奏曲などを聴いていると、つくづくそう思います。
第1番、華やかでエエですね。ヒロノミンVさんの目覚ましの音楽とか・・・・・それ、とてもイイですね。爽やかでいて優雅な目覚めになりそうですね。

>ひろはや 様
おはようございます。いつもお世話になります。
ロジェの全集は2枚組輸入廉価盤で、安価に入手できそうです。もう1つはジャン・フィリップコラールの演奏ですが、これも廉価盤でした。
(僕は、最近は安いCDしか買わんのです・・・・・(^^ゞ)
傑作はやはり5番エジプト風でしょうか。聴いていて楽しいこと、この上ないですね。ただ、1番から5番まで、どれも楽しく華やか、天才的な作品だなぁと思います。ワクワクしてくるような佳品だと思います。

こんばんは。
サン=サーンスのピアノ協奏曲は5曲とも好きです。
第1番は、冒頭のホルンで一聴惚れ(笑)
コラール盤しか持ってないのですが、ロジェ盤も欲しくなりました!

>Hiroko 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
サン=サーンスのピアノ協奏曲、第1番は冒頭のホルンがエエですね。一目惚れ・・・・・なるほどです(^.^)。
ロジェ&デュトワのDECCA盤も今や廉価盤なんですね。バーゲンだと2枚組1,300円ほどで買えるしまう時代、全くイイ時代になりました。
ジャン=フィリップ・コラール盤も愛聴してます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。