スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコフスキーの交響曲第6番 ロ短調 「悲愴」 フリッチャイ/ベルリン放送響

今日も四国は猛暑です。
冷房を効かせて、熱い演奏を聴いてます。

チャイコフスキーの交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」。
フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン放送交響楽団の演奏。
1959年9月のステレオ録音。DG盤。

第1楽章冒頭のファゴットの暗さ。地獄の底から響いてくるような、救いのない暗さが印象的。恐ろしいほど。
そして各パートの生々しさ。録音が良く(まったく、1959年の録音とは信じられない)、各楽器の分離が良く、どんな風に演奏しているか実によく聴き取れる。
フリッチャイの指揮はテンペラメントに富んで、思い入れたっぷり、身を捩り、激しく泣く。テンポの伸縮も自在、奔放。これはホンマの「悲愴」であり悲劇だ。
オーケストラが素晴らしい。フリッチャイの振幅の激しいタクトにピタッとついてゆく。十分なリハーサルがあったんだろうと想像される。音楽がわめきむせび泣いても、フォルムは崩れない。さすがと云うべきだろう。

第2楽章は涙の中からこぼれてくる微笑。
ベルリン放送響が目一杯鳴っているのが分かる。音の一つひとつに気持ちがこもっている。時にその音は凄絶。凄まじい迫力を持っている。そして、音が強い。強靱な張りがある。

第3楽章も強靱な音楽。録音が素晴らしいので、様々な音が飛び出してくる。特に内声部は、今まで聞こえなかった音が一杯。
迫力も素晴らしい。弦も管も、うねるような感じ。フリッチャイがオーケストラを引きずり回す。ああ、ド迫力の第3楽章。

フィナーレは、むせび泣く弦、そして軋む弦が聴きもの。
悲痛さの極み、青白い炎が揺らめきつつ、滅びを待っているような、暗い暗い表現。
音は強いのだが、その表情には救いようのない暗さが浮かぶ。
凄まじい音楽と思う。


録音は今も最高です。
1959年の録音、約50年前の録音と云われて、さて、何人が信じられるでしょうか。この音の生々しさ、強さ、表情の濃さは特筆ものです。
初出が1996年なので、長いことお蔵入りだったもの。発売に当たって、何か特殊な処理でもしたんかな・・・。
演奏時間50分、手に汗握ること請け合いの演奏でありました。



AUTHOR: 天ぬき DATE: 08/05/2008 21:17:02 こんばんは。
フリッチャイの「悲愴」、凄いですね。
カラヤン/ウィン・フィルの演奏も好きなのですが
訴えてくる音の強さは一枚も二枚も上のようです。
それ故に愛聴盤というより愛蔵盤です。

余談ですが母校の附属高校が甲子園で勝利してくれました。
テレビ観戦でしたが試合終了後の塾歌を一緒に歌ってしまい、思わず涙しました。
歳をとって涙もろくなったようです。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
これは本当に素晴らしい演奏、録音ですね。
録音当時白血病で先が長くないと悟っていたフリッチャイが作曲当時のこれまた先が長くなかったチャイコフスキーの精神に同化したような(独断ですが・・・)、壮絶な記録だと思います。
ライナー、バーンスタイン、カラヤン、ムラヴィンスキー、マルティノン、アーベントロート、ジュリーニ、マタチッチとこの曲には好きな盤がたくさんありますがやはりフリッチャイの盤は別格というか自分も1番すきですね。
録音については1960年前後のフリッチャイの録音はヴェルナーヴォルフという人が担当していてベート-ヴェンやモーツァルトなどどれもよく、たぶん特殊な処理はしてないと思います。また初出がおそくなってマスターテープがまっさらの状態で保存管理もよかったのでしょう。
不思議だと思うのはこんな素晴らしいCDが日本以外で出ていないこと。何でかな?



>吉田 様
コメント&TBを有り難うございました。
この「悲愴」は、フリッチャイ屈指の名盤と僕は思います。フリッチャイの演奏を沢山聴いている訳ではないんですが、この「悲愴」は迫力が他盤と段違い、踏み込みが深く、感動も大きいです。
凄絶な演奏と思うんですが、だからこそ、フリッチャイは早死にしてしまったのかと感慨深いです。
録音も素晴らしいですね。

>シャム猫 様
コメントを有り難うございました。
なるほど、マスターテープがさらの状態で保存管理も良かったので、こんないい音になったんでしょうね。とても50年前の物とは思えない、生々しい迫力の録音と思います。
しかし、それにも増してこの「悲愴」は迫力満点、壮絶な演奏と思います。
シャム猫さんの挙げられた盤のうち、僕はライナーとアーベントロートを聴いていないんですが、このフリッチャイ盤は、他の演奏と隔絶した凄絶さだと思います。
よくぞ、こんな録音が世に出たと思いますが・・・・・・これ、日本盤だけなんですか?・・・・・・とすると、日本人出ることに感謝しなくちゃならんですね。

フリッチャイのチャイコフスキー「交響曲第6番"悲愴"」

PING:
BLOG NAME
チャイコフスキー「悲愴」 フリッチャイ指揮ベルリン放送饗
阪本啓一の「ゆるみ力」を読む。
日々生活してゆく中で、トラブルはつきものだ。胸がざらつくような感触につきまとわれない日はないといっていい。
著者は言う。「『思いもかけないトラブル』は、実はあなたの一番直視しなければならない課題を教えてくれる」。
なにか課題を与えられたとき、それをネガティブにとらえて真面目に向き合わないでいると、さらに同様の課題が身に降りかかってくる。よくあることだ。でも、誰が悪いわけではないし何かが間...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。