スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトのピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457 内田光子(Pf)

猛暑は続きます。そして、いつの間にやら8月。
四国伊予路は7月以降まとまった雨がなく、水不足も心配されます。何しろ、この日照で屋根が焼けて、家中が暑いこと!どこにいても暑い。特に2階は暑くてたまらない。

これだけ暑いと、音楽鑑賞どころではありません。ことクラシック音楽に関しては、「夏枯れ」・・・・本来はシーズン・オフの時候なんですよねえ・・・・・・。
と、書きつつも気を取り直して、モーツァルトのピアノ曲でも聴きましょう。

モーツァルトのピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457。
内田光子のピアノ独奏。
1984年5月、ロンドンのヘンリーウッド・ホールでの録音。フィリップスの全集盤から。

1980年代には大いに話題となり、各方面賞賛、日本人ピアニストがメジャー・レーベルでバンバン録音していくことに大いに驚いたものでもあった。
それまでに、日本人演奏家でこれだけ多くのメジャー契約をしていた人、小澤征爾しかいなかったんじゃないか・・・。ド素人とはいえ、同じ日本人として僕は嬉しく、LPを1枚1枚買っていった記憶がある。そしてCDの全集を購って・・・。
どのソナタも美しく、また繊細な演奏で、大いに感動したものだった。録音も、さすがにフィリップス、素晴らしかったなぁ。

後で知ったことだが、内田のソナタ全集は、曲の調性ごとにピアノの調律を変えたそうだが、それが聴感にも影響を与えているのかな。(僕は鈍感で、あまりよく分からないんだが・・・)

このK.457の演奏も素晴らしい。

第1楽章モルト・アレグロ。
モーツァルトの短調は暗くて悲痛。じっと深く沈み込んでゆくような暗さが聞こえてくる。内田光子のピアノはその辺が実によく出ていると思う。

第2楽章アダージョ。
渋く落ち着いた曲想の音楽。それを表現する内田のピアノがまた深い。
しっとりと潤いのある響きもあれば、軽くはじけるような響きもある。味わい深く、老成したピアニストのような渋い音も聞こえてくる。
それらがみんな実にいい音で、しかもニュアンス多彩、変化に富んでいる。素晴らしいと思う。

第3楽章はアレグロ・アッサイ。
軽やかなフィナーレ。内田のピアノは天馬空を行く。ああ、モーツァルトの飛翔がここにはある。


録音は、これもしっとりとしていて聴きやすいものです。
四半世紀昔の録音になりましたが、今も上々です。
内田光子はモーツァルトのこのソナタ全集で、一気にメジャーになったのでした。ブレイクしたんでした。
内田光子若かりし頃の響きであります。
今の内田なら、もう少し深い音が出るのかもしれませんが。



AUTHOR: sumito96 URL: http://blog.livedoor.jp/sumito96/ DATE: 08/02/2008 07:58:08 mozart1889さん、ご無沙汰しています。

私がクラシックを聴き始めた頃は、
海外で活躍する日本人演奏家というと 五嶋みどりさんでした。
小澤さんや内田さんは野球で言うと、野茂のような存在でしょうか…(笑)

モーツァルトの14番…
子守歌のように優しい第二楽章がいいですね。
今日はまだ涼しい早朝に、ヘブラーのレコードを聴いていました。
余韻に浸りつつ、穏やかな休日を過ごせればと思います。

今週末も暑くなりそうですね…どうぞご自愛ください。
スポンサーサイト

コメント

>sumito96 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
こちらこそご無沙汰してしまってスミマセン。あわせて猛暑お見舞い申し上げます。
あ、五嶋みどりがいましたね。彼女のパガニーニなど、随分良かった覚えがあります。

sumito96さんは、イングリッド・へブラーですか。しかもLP・・・・・フィリップスの廉価盤で僕も何枚かもっているんです。懐かしいなあ。
清楚な、いかにも女流らしいモーツァルトでしたね。

>タイ&バリ島好き 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
この暑さだと、日本にいてもタイ&バリ島なみの感覚になりそうです・・・・・日本の方がアスファルトが多くてイヤな暑さかもしれないですねえ。

内田光子のモーツァルト、ピアノ協奏曲こそ、辻文明氏の古典調律が生きているようです。20番から27番までは発売のたびに買いました。レギュラー盤は普段買わないですし、当時はまだまだ価格も高く、僕もビンボーだったんですが、少々無理して、やや安い輸入盤で買いました。
素晴らしかったです。僕は20番と23番がエエなぁと思いました。あと26番も。内田光子の煌めくような才能を感じた演奏でした。それまでよく聴いていたアシュケナージやブレンデル、ペライアと全く別の個性、素晴らしいなぁと思ったもんです。大好きです。

同好の方がいらして、僕はとても嬉しいです。

>天ぬき 様
おはようございます。猛暑ですね。
もう四国の田舎でもクーラーなしにはクラシック音楽を聴けません。
たまらない暑さです。

内田光子の日本ライブ盤、これ評価高いですね。選集の2枚組だったでしょうか・・・・・一度聴いてみたいです。
スタジオ録音盤より、さらに内田が自由に飛翔している・・・・と読んだことがありますので・・・・・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。