スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンのピアノ協奏曲第1番 ホ短調 ヴァーシャリ(Pf) ・ セムコフ/ベルリン・フィル

昨日に続いて、今日もショパンのピアノ協奏曲を聴きます。

ショパンのピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11。
タマーシュ・ヴァーシャリのピアノ独奏、イェルジ・セムコフ指揮ベルリン・フィルの演奏。
1965年の録音。DG盤。

ベルリン・フィルの伴奏が柔らかい響きで耳を奪われる。大変ソフトでデリケートな音なので、あれ?ベルリン・フィルの音とちと違うぞい・・・・と思いつつ聴き始めた。
ヴァーシャリのピアノもソフトタッチで、実に暖かいショパン。録音の加減かな?データがよく分からないのだが、ロケーションは西ベルリンのイエス・キリスト教会だろう。いつも以上に柔らかく響くので、全体的に金属的な音や鋭利な刺激がなく、キツくない、柔らかなショパンになっている。

テンポは中庸だし、ピアノとオケの呼吸もよく合っている。特にオケは立派。ショパンのオーケストレーションは弱いと云われるが、どうしてどうして、さすが天下のベルリン・フィル、充実して豊かな管弦楽を展開してゆく。

第1楽章の開始11分頃の、ピアノがゆったりと旋律を弾くところは、ホンマに美しい。綺麗。ピアノの音像がやや遠いのは録音の所為だろうが、オケと一体化してステージを彷彿とさせてくれるのは好ましいと感じた。
ヴァーシャリのピアノは弱音がイイ。ピアニシモの美しさは、ハッとするところがいくつもあって、今まで沢山聴いてきた1番協奏曲の中でも特筆すべきピアニシモと思った。
14分過ぎから、メランコリックな旋律をピアニシモで弾き出すところなど、その最たるもので、いや、全く美しい。この録音の頃、ヴァーシャリは技巧達者で売るピアニストだったようだが(もちろん、後年のポリーニやアルゲリッチ、アシュケナージほどではないんでしょうが)、詩的な美しさの表出でもこの人はうまいと思う。

第2楽章のゆったりテンポ。かなりの遅さで、情緒纏綿。適度なルバートもあって、思い入れが強い感じ。抒情が静かに流れるところもイイ。こういうショパンもエエなぁと思う。
フィナーレもややソフト・フォーカスながら、ピアノが精一杯歌うのは気持ちエエもんです。

録音はベールに包まれたような、ソフトな感じ。
柔らかさが特徴で、ややボンヤリした音場感です。
しかし、これが良い味を出していて、のんびりと夏の夜に聴くのにはよろしいんじゃないでしょうか。



今日は職場対抗のソフトボール大会。6年ぶりの優勝で、夜更けまで盛り上がりました。いやぁ、よく飲むなぁ、よく喰うなぁ・・・・。若いコたちの勢いはスゴイですね。加齢生活の中で、一服の清涼剤をもらいました。
で、ワタクシは3打数2安打(1本塁打)4打点。オンナのコにもてました。ガハハ。


AUTHOR: よし URL: http://otsusan.cocolog-nifty.com/genki/ DATE: 07/03/2008 08:17:09 イエス・キリスト教会時代のベルリンフィルの音はいいですね。神様のご加護があったのでしょうか(笑)。しかしすばらしいバッティングですね。私も昨夜はサヨナラ勝ちで大コーフンでしたよ(笑)。
スポンサーサイト

コメント

追加です。
ヴァーシャリといえば、もう1枚愛聴盤がありました。 DGから出ている(出ていた?)ドビュッシーのアルバムです。 学生時代に廉価盤で初めて買ったドビュッシーのピアノ曲集ですが、これがすり込みになってしまい未だにこれが一番しっくりと聴けます。 当然正統派のフランスものとは云えないのでしょうが、少しウエットな感じのつくりで、ベロフなんかよりも好きですね。

>よし 様
コメントを有り難うございました。
1960年代のDG録音、今も豊かな響きのものが多く、やはりキリスト教会の威力だなぁと思います。

打撃はまさに「昔取った杵柄」、三角ベース以来鍛えた、この道40年のベテラン(笑)。若いもんにはまだまだ負けません。ただし、フットワークはあきまへん。ダッシュがききません(笑)

>おかちゃん 様
初めまして。コメント感謝です。嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。
おかちゃんさんは、ヴァーシャリとお会いしたんですか。羨ましいです。しかも、素晴らしいエピソードですね。好々爺の印象、指揮姿の格好良さ、そしてパーティを抜け出してピアノを弾く・・・・ああ、エエ話ですね。
ヴァーシャリがいっぺんに好きになりました。ちと、この人の演奏、もう少し聴いてみたいと思います。レコードはあまり持っていなかったのです。
今は指揮に専念しているんですね。

僕は四国の田舎ものです。田舎から外には行けませんので、また、いろいろ面白い話を聴かせて下さい。有り難うございました。

>タカ 様
おはようございます。ご無沙汰しておりました。お元気ですか。
コメント感謝です。
ヴァーシャリの演奏、よく聴いてこなかったんです。ラフマニノフの協奏曲とデュトワ共演の演奏は、知ってはいましたが持ってません。聴いてみたいです。それほど、このショパンは良かったんです。
ドビュッシーもあるんですか・・・・・・。1960年代の若い頃は結構録音しているんですね。ヴァーシャリのディスコグラフィー、調べてみようと思います。
ラフマニノフなんか、良さそうですね・・・・・・(^。^)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。