スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームスの間奏曲集 グレン・グールド(Pf)

四国は梅雨空が続きます。
朝晩はそうでもないんですが、日中は梅雨時らしい蒸し暑さであります。
ジョギング中も、何となく汗がへばりつく感じ。緑は濃くなって来ました。田んぼでは盛大なカエルの合唱です。
真夏前、もう少し走り込んでおきましょう。

さて、今日はグールドを聴いてます。
(消化しています、と云うべきか)

ブラームスの間奏曲集。
グレン・グールドのピアノ独奏。
1960年9~11月、ニューヨークの30番街スタジオでの録音。CBS盤。

ブラームス晩年の名作。
いわゆる性格的小品を集めたもの。それを、グールドが丁寧に弾いてゆく。
グールドのブラームスは珍しいが、彼のLPとしてはデビューのゴルトベルク変奏曲から数えて10枚目、キャリアのかなり早い時期にブラームスを録音していたのだった。

ブラームスということで意識したのか、バッハなどで聴かせるいつものグールドの透明な音ではなく、ややくすんで、渋い音で弾いてゆく。
テンポも全体的に遅く、しみじみとした味わいとともに、しっとりとした趣がイイ。ブラームス晩年の作風にふさわしいとおもう。ブラームスこのとき60歳近く。曇り空の、今にも雨が降り出しそうな感じの雰囲気が、スピーカーから漂ってくる。
これはブラームス内面の吐露か、グールドの心情の告白か・・・・いずれにせよ、傾聴に値する、これはグールドの名演だろう。

素晴らしいのは有名な第1曲、作品117の1か。第5番ホ長調も味わい深い名品。
枯淡の境地がじわじわと伝わってくる。

ああ、バッハであれだけの革新的な演奏を行った天才ピアニストが、淡々と、しかし心の奥底まで響くような音で、詩情を綴ってゆく・・・。

録音は、やや古びた感じ。乾いた音がグールドらしいといえば云えるかも。
名演だけに、もう少し良い音で聴いてみたい気もします。
もっとも、名演奏の常、聴いているうちに録音の良し悪しはあまり気にならなくなります。



AUTHOR: neoros2019 DATE: 06/19/2008 07:37:50 考えてみればこの録音から五十年たとうとしているんですね
このブラームス作品単独に関して、青土社ユリイカのグールド特集で坂本龍一とわたしと同齢の浅田彰が延々と対談してますよね
浅田彰がこの作品を偏愛していてアナファシエフの同曲CDのライナーノートに
ブラームスについてかなり過激な言辞まで寄せていたようです
ニーチェばりにこの作品以外のブラームスの交響曲、協奏曲の一切は不要であると
スポンサーサイト

コメント

>ひろはや 様
こんにちは。いつもお世話になります。
なるほど、これはグールド納得の演奏でしたか。この曲、好きだったんでしょうね、グールドは。
間奏曲集、渋いですよねえ・・・・・加齢生活で、ようやくこの曲が分かるようになりました。エエ曲ですね。
若い頃は、何となくパッとせん曲やなぁ・・・・・と僕は思っていたんです。

こんにちは。
私もライナーノート(馬場建氏)を引用させていただきます。

ブラームスという天才が高齢になって(実際には58才にすぎないのだが)達し得た深い瞑想と精神の自由な飛翔と、グールドという青年の希有の天才との『不思議な結びつきのあかし』ともいえるかもしれない。

瞑想という言葉がぴったりの曲で取り出す頻度が高い愛聴盤です。
最初に買ったのは米盤のLPでしたが盤質がお粗末だったので手放してしまいました。
今はCDでランダムプレイにすることが多くなりました。

>天ぬき 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
ライナーノート、なるほどなぁと思いました。深い瞑想と精神の自由な飛翔・・・・、その通りですね。
天ぬきさんにとってもLP以来の愛聴盤だったんですね。
しみじみ、しっとり、味わい深い曲だと思いますし、グールドの演奏も鋭利な感じがあまりなく、抑制のきいた名演と思いました。

今晩は。
この曲、大好きです。グールドの録音はLPからCDへと乗り換えながら聴き継いでいます。
他ではアファナシエフも好きですよ。
こちらは例によって超スローモーです。例えば作品117-1はグールドが5分35秒に対して、アファナシエフは7分8秒といった具合に・・・。

>hiromk35 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
hiromk35さんも愛聴盤でしたか。これ、イイ演奏ですね。グールドの心が素直に出ているような感じがします。
アファナシェフ盤は聴いたことがないんです。彼のことなので、「何か」していそうな気もしますが、なるほど、超スローモー・・・・・・。これは聴いてみなくちゃイカンですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。