スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラーの交響曲第1番 ニ長調「巨人」 テンシュテット/シカゴ響 (LIVE)

この頃、ちと散財しすぎかなと反省しております。
某オークションでバッハ・ヘンデル・シューベルトのセット物が落札できてしまい、iTunes Storeのヤケクソ1,500円セールでは6セットもダウンロード購入してしまい、DHM50枚組BOXやユニヴァーサルのバイロイト33枚組BOXも届いております。あ、カラヤンのコンプリートBOX2つもまだ僕は聴取コンプリートしていないし、グールドの大箱もあったぞい・・・・・・。

ああ、そしてHMVの僕のカートには、皆さんご存じプッチーニの20枚組BOXにルプーのセット物、アンセルメのブラームス交響曲全集等が入っております。あとはクリックするだけ・・・・・。

散財は他で倹約すればエエとしても、未聴盤が加速度的に増えてしまうのではないかという恐れ・・・しかし、「レコードやCDは欲しいときに買っておけ」という自分なりの鉄則もありまして(だって、昔は欲しいときに買っておかないと、売り切れ・廃盤が当たり前だったですから・・・・)、今買わずにいつ買う?・・・・買えるときが華やんか・・・と急かすもうひとりの自分もおります。ああ、煩悩。


さて、マーラーを聴いてます。

マーラーの交響曲第1番 ニ長調「巨人」。
クラウス・テンシュテット指揮シカゴ交響楽団の演奏。
1990年5~6月、シカゴのオーケストラホールでのライヴ録音盤。EMI原盤。

テンシュテットが病魔に冒された中、幾つか遺したマーラー演奏入魂のライブ。このシカゴ響との「巨人」も、その一つ。
マーラーの音楽のグロテスクなところが抉り取られて、ヌッと顔を出してくる不気味さ。ユダヤ人的な粘りけのあるリズム。そして実演らしいテンポの揺れ。
どれを取っても面白い、素晴らしい演奏と思う。

シカゴ響の巧さは抜群。録音状態もEMIにしては上々。
金管は勿論、木管も非常にコンディションが良い。何より良いのは弦楽セクション。しなやかな響きに加えて、完璧に揃ったアンサンブル。聴いていて全く安心感がある。
テンシュテットとロンドン・フィルのマーラー全集ではアンサンブルに不安があるところも聴かれたのだが、(テンシュテットはアンサンブルを揃えるよりも音楽の流れを大切にするような指揮者だったのかな)、シカゴ響とのこの実演盤は、素晴らしいアンサンブルで終始する。これこそ、シカゴ響の巧さなのだろう。

音も全体的に柔らかく、ショルティとのコンビほどの「キツさ」がない。聴き手を穏やかに包み込むようなサウンドが広がってゆく。

テンシュテットの演奏からは、マーラー青春の悩みや憧憬、逡巡、劣等感とその裏返しの自尊心・・・・・若い頃のもろもろの感情が聞こえてくる。それは、人間誰しも青春期に経験するような、あの感情の揺れ動きでもある。
マーラーの音楽は多面体。いろいろな表情を見せる。
テンシュテットが振ると、その表情が誇張されて、時にエキセントリックな感じで出てくる。澄まし顔のマーラーではない。整理されたスッキリしたマーラーではない。屈折して、身を捩るマーラーがいる。
ああ、テンシュテットは、つくづくマーラー指揮者だったと思う。

第1楽章とフィナーレの遅さがイイ。
じっくりとマーラーの感情を歌い上げてゆく。テンシュテット入魂の演奏と思われる。

録音は今も上出来であります。
EMIなので、あまり期待せずに聴き始めたところ、これが結構イケます。
エエ音でありました。


AUTHOR: ひろはや DATE: 06/18/2008 07:40:12 おはようございます。
テンシュテットのマーラーは、ロンドン・フィルとの全集(EMI)を持ってます。私としては、単品買いで一通りマーラーの交響曲を揃えた後、全集買いに移行し、クーベリックの全集に次いで、買ったものです。
一通り聴いた後は、これまで滅多に聴くことがなかったという体たらくでして、テンシュテットの熱心な聴き手ではなかったのですが、mozart1889さまの記事を読んで、じっくりと聴きたくなりました。
そう言えば、テンシュテットのワーグナーオペラからの管弦楽集のCD(ロンドン・フィル)は大好きで、よく聴きます。
スポンサーサイト

コメント

>ひろはや 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
テンシュテットは、マーラーの録音で一躍日本で有名になりましたね。1980年代に入って突然出現したマーラー指揮者でした。
ロンドン・フィルとのマーラー全集は素晴らしかったです。でもEMIの録音がイマイチだったのが残念です。それに、ロンドン・フィルのアンサンブルもあまり良くなかったような感じです。多分、テンシュテットが縦の線をそろえることにあまり意を介さなかったんじゃないか・・・・という気がします。
ワーグナーもエエですね。BPOとの2枚の管弦楽曲集は愛聴盤です。ロンドン・フィルとのライヴ盤は、ものすごい演奏でした。僕もよく聴きます。

>よし 様
おはようございます。コメント感謝です。
プッチーニのボックス、「蝶々夫人」はマゼール指揮のSONY盤だったと思うんですが、実はこれだけダブります。CD初期の頃、ソニーが廉価盤オペラを何枚か出していたんですが、そのときに買いました。
他は初めて聴く演奏なので、この際、毒くわば皿まで・・・・・(笑)
間もなく、クリック予定です・・・(^^ゞ

>あるべりっひ 様
おはようございます。いつもお世話になります。
逡巡する僕の背中を押していただいて、有り難うございます。勇気を持って購入のクリックしたいと思います(笑)

しかし、あるべりっひさんも買ってますねえ!
「ボエーム」15組はスゴイですね。
それに、アンセルメのブラームスまでお聴きとは参りました。これはマイナー路線でしたので。
プッチーニの旋律には、もうメロメロです。僕は涙を絞られます・・・・。

こんにちは!。
朝の時間のないときなので、手短に。。
テンシュッテット入魂の巨人、僕も大好きです。しかし、シカゴ響というオケは、客演が来ると俄然燃えるんでしょうか?ヴァントが客演してブラ1をやったCDも熱い演奏でした。

そのほか番外編として、巨人の個性的な演奏で、
スヴェトラおじさん&ロシア国立響とセーゲルスタム&デンマーク放送soの演奏、結構好きです。2つとも、音がスゴイですヨ。

>TATSUYA@ 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
シカゴ響、入魂の演奏ですね。おっしゃるように、客演だとシカゴ響は燃えるんでしょう。実演のことはよく分からないんですが、ショルティ常任時代も、ジュリーニやアバドなどとの演奏でシカゴ響は頑張っていました。素晴らしい録音が幾つもありますね。

スヴェトラーノフのマーラー全集、持っているんですが、しっかり聴いていませんでした。「巨人」、聴いてみたいと思います。
ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。