スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R・シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 マズア/LGO

週末でありますが、この土日、またもワタクシは出勤であります。
雑務をゴソゴソとこなさなくてはなりません。
この春の職場の定期健康診断の結果が返ってきました。血液検査とか心電図とかね、この頃は腹回りも計測します・・・・・メタボ診断とかいうヤツですね・・・。で、結果は悪玉コレステロールがちと多いほかは良好なものでありました。ホッとひと安心です。このトシになって悪いところが殆どないというのは、日頃のジョギングの成果でしょう。


さて、先日聴いたR・シュトラウス「四つの最後の歌」(S;ジェシー・ノーマン)の伴奏が大変素晴らしかったので、今日は、そのマズア&LGOのコンビで同じくR・シュトラウスを。

R・シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」。
クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の演奏。
1989年6月、ライプツィヒでの録音。フィリップス盤。
CDは丸善&ユニヴァーサルによる名曲シリーズ(通販用かな)「TRINITAT」からのもので、ブックオフなどでよく見かけるもの。250円で売られておりますね。

交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、1895年の作品。R・シュトラウスの天才が燦めく、ユーモアに溢れた会心の作。いつ聴いても、見事な音楽と思う。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の音がシックで、少しくすんだ感じなのだが、実に味わい深い響きになって、聴いていて全く心地よい。まさに快感。
弦楽セクションの深々とした柔らかい響き、金管の彫りの深い音が印象的。
特にホルンはコクのある響きで、耳にたいそう心地よい。ティンパニの迫力も素晴らしいし、何よりその音がカッコイイほどに良い。

フィリップスの録音も素晴らしいが、この録音当時、東独は大変な状態になっていたはずで、実際はクラシック音楽の商業録音なんてしている余裕なんかなかったろうなぁ・・・・と思ったりもする。

マズアの指揮は細部に拘泥せず、サラッとおおざっぱに振っている感じ。何もしていないような感じなのだが、オーケストラの響きが素晴らしいので(何度でも書くが、渋く、ふっくらと、柔らかい響き!)、聴き惚れてしまう。

ラストの盛り上がりは見事な貫禄。楽しめます。

録音は今も最高レベル。
音場の広さ、高さ、残響の美しさなど、どれを取っても最高。
(これがブックオフで250円とは・・・・!)
音のブレンド感も良く、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管のふっくらとした音が、とても美しく快感であります。



AUTHOR: あるべりっひ DATE: 06/15/2008 01:46:26 こんばんは。
R・シュトラウスの作品、好きですよ。音響的な迫力もさることながら、多くの楽器のソロの音色を楽しむ喜びがこたえられません。
マズアの演奏は未聴ですし、ゲバントハウス管の音源は手持ちがないような・・・、ブロムシュテットのCDがありました。たしかに渋めの音色ですね。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは
思ったとおり(?)、コメントがあまり付きませんね。すごく冴えたような感じを受けず、特徴がよく分からないせいか、マズアは日本では人気がなかったですから。
印象に残っているのは、シューマンのオペラ「Genoveva(ゲノフェーファ)」と、ミシェル・ベロフが冴えたピアノを弾いているプロコフィエフのピアノ協奏曲全集でしょうか。共にオケはゲヴァントハウスです。厚みを感ずる豊かな響きが、ソロ引き立てているように思います。

>ニョッキ 様
コメントを有り難うございました。
クルト・マズアは有名な指揮者ですが、日本ではあまり評価が高くなかったですね。手の込んだことをしないからでしょうか、指揮者の存在が感じられないような演奏が多かったように思います。
ただ、オケのゲヴァントハウス管はいいですねえ。フィリップスの録音マジックかもしれないんですが、素晴らしい音だと思います。
ウットリするような響きでした。

>HABABI 様
こんばんは。コメント感謝です。
やはり、マズアだと人気がないんでしょうか。ゲヴァントハウス管の演奏はエエなぁと思うんですが、なにせ、マズアが何にもしていないような感じなので、その辺がアカンのかもしれません。
プロコフィエフのピアノ協奏曲は聴いたことがありません。マズアの演奏では、ブルックナーの交響曲が良かったと思いました。ベートーヴェンの交響曲全集も悪くないとは思うんですが、個性には少し乏しかったですか。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。