スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトの交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 スウィトナー/SKD

日曜日は時間が取れまして・・・・・。
LPなどを聴いておりました。

モーツァルトの交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」。
オトマール・スウィトナー指揮ドレスデン・シュターツカペレの演奏。
1973年3月、ドレスデンのルカ教会での録音。独シャルプラッテンの原盤。
徳間音工のET1001。1,500円の廉価盤LP。

1982年7月に廉価盤化されて、いそいそと買い込んだことを思い出す。
古い話ですなぁ。昔懐かしいLPなのだが、今聴いても演奏は実に新鮮。

第1楽章の心地よいテンポ。非常に快速でスッキリ、爽快なドライブ感がある。このくらい速いと、心が洗われて、涼やかな風が身体の中を通り抜けてゆくような快感がある。
ちょうど今の季節、緑の中で聴くのにふさわしい。

四国の田舎は今、グリーン・シャワーの季節。朝のジョギングは緑の葉擦れの音を楽しみながら、風になった気分を満喫できる・・・・・・。

そんな聴感がスウィトナーのモーツァルトにはある。
音はドレスデン・シュターツカペレらしく、練り絹のしっとり感と極上のアンサンブル。音がまろやかで、この温もり感、暖かさ・柔らかさは他のオケからはチト聴けない。

第2楽章はふっくらとしたサウンドが素晴らしく、優美な響きが聴き手を包み込んでゆく。ルカ教会の音のマジックかな。
しかし、それにしても、ああ、エエ音やなぁ。こんなオケに包み込まれたら、全く幸福だわなぁ。
弦のまろやかさはもちろんイイのだが、木管もとても味わい深く無理のない自然さでとても良い。普通に演奏しているのだろうが、極上の一品になってしまうところが、SKDのすごさかな。

第3楽章メヌエットは一転して快速、心地よい疾走。トリオも巧いもんだ。

そして見事なフィナーレ。オケが一体となって突き進んでゆく。快速でしなやか、軽快にして爽やか。
おそらく、今はこういう演奏は実演ではなかなか聴けない、旧いタイプの演奏になるのだろうが、そうした演奏の中で最も軽やかで美しいものと思う。
聴いた後の気分が、実に爽快。ベタつかないすっきり感が何とも云えない。
スウィトナーのモーツァルトは、いつ聴いても、ホンマに気分が良い。

録音は今も上々であります。
さすがに古びてきましたが、それが一種独特の暖かさにつながっている感じもします。
LPの特徴かもしれません。
独シャルプラッテンの丁寧な仕事と、録音場所のルカ教会の音響の素晴らしさを味わえます。



AUTHOR: ひろはや DATE: 05/19/2008 07:04:24 おはようございます。
モーツァルトのジュピター交響曲、最近聴く機会が増えました。
この曲は、オーマンディ/フィラデルフィア管のLP(RCA:1969年)で聴き初めたのですが、長い間ベーム/ベルリン・フィル(DG:1962年)のCDが手元にあるくらいでした。ところが、最近になって、カラヤン/ウィーン・フィル(DECCA:1963年)や以前mozart1889さまからご紹介のあったクリップス/ACO(1972年)のCDも加わり、このところよく聴くようになったのです。モーツァルトの素晴らしさが今の自分にしっくりと来るようになってきたんですねえ、きっと。
今回のスウィトナー/SKD盤は未聴ですが、スウィトナーのベートーヴェン全集が大変素晴らしかったので、こちらも聴いてみたいですね。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

>あるべりっひ 様
おはようございます。いつもお世話になります。
そうそう、東独エテルナ盤がでした。
録音が素晴らしいともっぱらの評判ですね。ヨッフム/SKDのブルックナーなどもエテルナで聴くと凄まじい音がするとききますし・・・・・いちど耳にしてみたいものです。さすがあるべりっひさん、LP・輸入盤事情はホンマによくご存じですね。有り難うございました。

「使徒、再び」は強烈です。
嵌りも深いんですが(軽く1000回転、何もなしですしね(^^ゞ)・・・・・先日はまさかの14連チャンが来ました・・・・・。
これがあると、やめられなくなってしまうんですよね・・・・・・やれやれです。

おひさしぶりです。
またぼちぼち書かれてるようで安心しました。
お仕事の負担にならない程度にこれからもマイペースで続けてください。
さてこのスウィトナーとSKDのモーツァルトはすばらしいですね。
なんといってもこの時代のオケの音色がほかでは得られないものがあります。
弦と管のシルキーな歌い口とそのブレンド感、そしてティンパニのあの独特な音。
このジュピターもいいですが、60年代に録られたハフナー、リンツ、プラハはもっとすきなんですけどね。
SKDのモーツァルトでは後のブロムシュテットやデイヴィスもいいですがやはりスウィトナー時代が一番かなという気がします。

>シャム猫 様
コメントを有り難うございました。返信が遅れてスミマセンでした。
スウィトナー時代のSKDの音もエエですね。おっしゃるように、シルキーな歌い口とブレンド感は、いつ聴いてもたまらない魅力ですね。
ブロムシュテット時代のSKDも好きなんです。特に、DENONの録音が良かったのか、我が家のステレオではホンマにエエ音で鳴ります。
フィリップス録音のデイヴィスのモーツァルトやベートーヴェンも良いんですが・・・・・・・。
いやぁ、やはりSKDは素晴らしいですね!

こんにちは。
私も同じLPをそろえました。
そして夏も終盤、涼を求めて聴きました。
その素適なジャケットのとおり、グリーンの風が通り抜けるかのような感動を味わいました!
スウィトナーとドレスデンのモーツァルト、本当にいつまでも残しておきたい一組ですね。そして、CD化された音源でも録音は美しいものでした。
願わくは、私もLPでもう一度聴いてみたいです。手狭な我が家では不可能なものですから・・・・。
TBさせていただきました。

>yokochan 様
おはようございます。コメント&TBを有り難うございました。
スウィトナーのモーツァルト、いいですねえ。涼やかで誠実な名演奏と思います。LPは懐かしい徳間音工盤で、このシリーズは何枚も購入して今も愛聴しております。
このLPを買ったとき、スウィトナーのベートーヴェン全集(DENON)もちょうど進行しているところでした。クラシック音楽を聴き始めた頃でしたので、一生懸命聴いたことを今懐かしく思い出します。

モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」 スゥイトナー指揮

PING:
BLOG NAME
今日は9時過ぎ、千葉方面はものすごい雷雨に見舞われ、自宅のある駅で足止め。雷が近

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。