スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザークの交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」 バーンスタイン/イスラエル・フィ

風が吹くと、少し肌寒さを感じるくらい。上着を着ていてちょうど良い季節です。
このくらいの気温が、仕事にもクラシック音楽を聴くのにもエエですね(^.^)。

さて、今日はバーンスタインの(多分)問題作です。

ドヴォルザークの交響曲第9番 ホ短調「新世界より」。
レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルの演奏。
1986年9月、パリのサル・プレイエルでの録音。DG盤。

遅い。いや、全く遅い「新世界」交響曲。
トータル50分22秒。ふつうの演奏より7分くらい遅いんじゃないか。
その理由は、第2楽章に18分以上かけているから。もの凄く遅いラルゴ。アダージョより遅い感じがする。

実は第1楽章の冒頭からして遅い。ものものしい開始であって、曲想は静かなのだが、情念がこもっているというか、いささかもったいぶった感じというか、非常に大仰な序奏部と思う。
主部に入ってもそうテンポは上がらず、旧録音ニューヨーク・フィル盤(CBS)のダッシュが猛烈だっただけに、随分バーンスタイも変わったもんだなぁと、感慨がこみあげてくる。その分、旋律がタップリと骨太に歌われている楽しみはある。
録音の加減か、全体的に明るい音響で、楽器の溶けあいも良いので、ふっくらとした演奏に聞こえてもくる。

そして問題の第2楽章。
イングリッシュ・ホルンの音色が素晴らしい。ゆったりと美しいメロディを歌い尽くしてゆく。実に情感豊か。その音の美しさに惚れ惚れとしてしまう。もう少し、イングリッシュ・ホルンのソロを聴き続けたいと思わせる。他盤ではなかなか聴けない美と思う。
しかし、その後は、胃がもたれるほどの遅さ。コッテリと脂ののったステーキ。確かに旨いんだろうが、アクが強く、噛むのに疲れる・・・・とでも云おうか。
美しいのは間違いないのだが、ちと遅すぎかな。

第3楽章のスケルツォは、颯爽としたテンポ。本来このテンポがふつうだよなぁ・・・。演奏はクッキリとした感じ、線の太いもので、グイグイとオケを引っ張ってゆくのはさすがにバーンスタイン。
イスラエル・フィルも好演で、木管群など巧いもんだなぁと思う。
弦の美しさは、いつも通り。

終楽章は堂々たる演奏。特に金管の咆吼が凄まじく、ドヴォルザークの郷愁の思いが大音量で吹っ飛んでいきそう。聴いていてとても面白い。
弦楽器群も粘り強い演奏ぶりで、よく聴いているとなんとなくマーラーっぽい感じがしてくるのは、バーンスタインならではのご愛敬か。

録音状態はまずまずです。
パリでの録音のせいか、イスラエル・フィルの響きがいつもより明るく感じます。
土地柄なんでしょうか。面白いもんです。




AUTHOR: yokochan URL: http://wanderer.way-nifty.com/poet/ DATE: 05/14/2008 09:36:07 ご無沙汰しております。
再開されたことに気付き、職場にてこそこそコメントです。

このバーンスタイン盤、私も持ってますが、一度聴いてお蔵入りでした(笑)ご指摘のように、超遅くて、ねっとり。オケも大変そうです。
同時期の「悲愴」とも相通じる世界ですね。
バーンスタインの晩年は、宗教家のようになってましたし、みんな、>マーラーっぽい<、演奏に感じてしまいます。
こんな強い個性の演奏家は少なくなりましたね。
スポンサーサイト

コメント

>Summy 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
そうですね、僕もよく聴くのはCBSの旧盤、爽快で猛烈ダッシュの演奏が実に気持ちよかったです。
新盤は独特の世界、あの遅さはビックリしました。

イスラエル・フィルともバーンスタインはよく録音していましたね。プロコフィエフは聴いたことがないんですが、メンデルスゾーンの交響曲(DG)などはとてもイイ演奏と思いました。LPで聴いてます。

こんばんは。
すみません、最晩年のバーンスタインの『新世界』についていけない1人です。
『トリスタン』では抵抗どころか感動さえおぼえる解釈も、どうも『新世界』のような楽曲には抵抗を感じます。
やはり『新世界』は、NYPO時代の大胆かつスタイリッシュな演奏が『カッコいい』と感じてしまいます。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
バーンスタイン晩年の「新世界」、好みが分かれる演奏でしょうね。あの遅さは驚きましたもの。
トリスタンとイゾルデは、凄かったです。先日、職場の盤鬼友人から借りて、初めて聴きました。うねるような情念に満ちた名演奏でした。
バイエルン放送響の演奏も見事なものでした。発売当初から大評判、録音もスゴイと評価高かったですが、高価でなかなか手が出ませんでした、そのうちに見かけなくなってしまったんですが、先日、ようやく聴くことが出来ました・・・・・。

「新世界」はNYP盤がやはりエエですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。