スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリュミオーの「ヴァイオリン名曲集」 アルトゥール・グリュミオー(Vn)

伊予路に寒さが戻ってきました。
三月末頃までは、暖かくなったり、寒くなったり・・・・・・いわゆる三寒四温が続くんでしょう。

グリュミオーのヴァイオリン名曲集。
アルトゥール・グリュミオーのヴァイオリン、イシュトヴァン・ハイデュのピアノ。
1970年代中心の録音と思われる。フィリップス盤。
今日はその中の名演奏を幾つかピックアップしてみます

「ツィゴイネルワイゼン」
むせび泣くヴァイオリン。さすがにグリュミオー、その音が綺麗。品良く泣く。
ヴァイオリンが喚いているような演奏もあるが、グリュミオーのヴァイオリンはあくまでも美しく泣く。泣き方にもセンスがあるなぁ。ハイデュのピアノは楚々としてこれも美しい。息のあったいいコンビだと思う。
ああ、サラサーテの旋律とリズムは鮮やかだ。ジプシー音楽を芸術に昇華させた名品と思う。

ツィゴイネルワイゼンといえば、思い出すのは(情けないが)少女漫画・・・・(^^ゞ。
昔々、クラシック音楽を聴き始めた頃、友人が少女漫画を貸してくれまして(お恥ずかしい話だが)、「愛のアランフェス」というタイトル。この話は以前に書きました
そのヒロインはフィギュアスケートの天才少女。彼女が登場する場面で、「ツィゴイネルワイゼン」をバックに滑るんですな。僕は、当時、この曲を聴いたことがなかったので、レコード屋に走ったものです。それがグリュミオー盤でありました。

「精霊の踊り」
これも見事な節回し。聴き手の情感を刺激して、ホロッとさせる美しさ。グリュミオーのヴァイオリンはどこまでも伸びて艶やか。響きが特に綺麗。レガート、そしてポルタメントが見事に決まっている。

「ユモレスク」
これは小学校以来慣れ親しんだ名曲。昔懐かしい音楽。
グリュミオーは、こんな通俗名曲を格調高く弾く。ヴァイオリンが好きでたまらないんだ、という風情が聴き手に伝わってくる。聴いていて嬉しくなる。
商売っ気が聞こえてくる演奏は、聴いていて気分が悪いが、奏者が好きで楽しんでいるのが分かる演奏は、ホンマに心地よく聴ける。

「タイスの瞑想曲」
これはホンマに名曲。心の琴線をくすぐる名曲。万人が感動する名曲。イヤ、ホンマに綺麗な旋律。
マスネの歌劇は確かに名曲だが、それらがなくても、この一曲でマスネの名は永遠だろうと、僕は密かに思っとります。(僕は「ウェルテル」好きです。アルフレート・クラウスの絶唱!)
グリュミオーの弾き方は、アッサリとした淡泊系。テンポも速い。これほどの名曲、手練手管は必要ないと云わんばかり。

録音は上々です。
ヴァイオリンとピアノの録音は難しいと、昔オーディオ雑誌で読んだことがあります。(確かシェリングとヘブラーによるベートーヴェン、ヴァイオリン・ソナタ全集がレコード・アカデミー賞録音賞をとったときの論評だった)
フィリップスの見事な録音は、ヴァイオリンもピアノも美しく捉えております。古い録音になるとヒスノイズが気になりますが、これは仕方ないでしょう。




AUTHOR: ひろはや DATE: 02/28/2008 06:53:43 おはようございます。
アルトゥール・グリュミオーという名を見て、今回紹介のCDは未聴ですが、クララ・ハスキルと共演したモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ(K.301,304,376,378)(1958年)(PHILIPS)のCDを思い出しました。長らく聴いていなかったので、久しぶりに取り出してます。
朗々と歌うグリュミオーのヴァイオリンとハスキルのピアノが自然に溶け込んで、本当に心が落ち着きます。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
今日は少し暖かいですね。

グリュミオーのヴァイオリンは、3番と5番の収録されたモーツァルトの協奏曲で聴きました。
瑞々しいヴァイオリンが曲にピッタリだと思います。
バックのロンドンフィルもまた曲にピッタリでした。

いつだったかこの人の全録音が一枚1,000円で売り出されたことがありましたね。
今から考えると二度とないような企画なので、
私もそうですが買っとけば良かったと思う人も多いのではと思います。

今日は暖かいです。公休日なので散髪して、高島屋のCDショップを覗いてみました。結局買わずに帰りました。たまには財布の紐を締めないと。グリュミオーは何枚か持っていますが「ツィゴイネルワイゼン」はモノラルですね。これはオリジナル・マスターズのセット物で、ピアニストは同じ人物だから?ですが、旧録かもしれません。
高校生のときヘンデルのソナタ4番を練習し、文化祭で弾きました。そのあと、グリュミオーの演奏を聴いて、「同じ楽器なのに、なんでこない違うんだろうなぁ」と、友人に言ったものです。 大臣なら罷免になるくらい不適切な発言だと悟ったのは、二十歳過ぎてでした。

こんにちは。
マーラーは長くて苦手ですが「ツィゴイネルワイゼン」などは今でも真剣に聴いています(^^ゞ
ヴァイオリンの小品は大好きで昔から色々な演奏を聴いてきました。
グリュミオーは言うに及ばずですが最近の一番のお気に入りはフランチェスカッティです。この形容しがたい美音はさすがのグリュミオーも一歩譲るのでは?と個人的にはいれあげています。

>ひろはや 様
こんにちは。いつもお世話になります。
グリュミオーのモーツァルトのソナタは、再録音盤(ワルター・クリーンのピアノです)しか聴いたことがないんです。ハスキル盤の方が良いというのが、もっぱらの評ですね。これは聴いてみたいです。
グリュミオーのヴァイオリンは、美音でよく歌います。いつ聴いても魅惑的です。もう、音に酔ってしまうんです・・・・・。

>猫よしお 様
こんにちは。いつもお世話になります。
グリュミオーは、そうですそうです、フィリップスの専属だったですね。ステレオ時代は、シェリングと2枚看板でした。4大ヴァイオリン協奏曲は、シェリングを愛聴していますが、グリュミオーの美音も捨てがたいです。エエですねえ・・・・・。
先日、バッハの無伴奏を買いました。これも素晴らしく美しい音のバッハでした。

>鞍馬天狗 様
こんにちは。いつもお世話になります。
さすが鞍馬天狗さん、グリュミオーの9割をお持ちとはスゴイですね。僕はフィリップスでの4大協奏曲にバッハのいくつか、モーツァルトのソナタに、ヴィヴァルディの四季・・・・・それくらいでしょうか。あと、今日聴いた小品集・・・・・。
美音ですねえ・・・・ホンマに美しいと思います。
フランコ=ベルギー派のヴァイオリニスト、減ったんですか・・・・・・・僕はローラ・ボベスコが好きでした。

>hsm 様
こんにちは。いつもお世話になります。
今日は暖かい日差しが心地よかったです。陽光はもう春ですね。伊予路は早春の空気でした。
グリュミオーのヴァイオリン、そうそうモーツァルトのヴァイオリン協奏曲がありました。あれは美しかった!素晴らしくチャーミングな演奏でした。

彼の1000円盤、1998年の東京出張の際、沢山買ったような記憶があります(99年だったかな?)。ヴィヴァルディの四季やバッハの協奏曲集をCDで買い直した覚えがあります。
あれ、もっと買っておけば良かったと・・・・残念に思っています。

>チャック 様
こんにちは。穏やかなイイ一日でしたね。コメントを有り難うございました。
チャックさんはヴァイオリンを弾かれるんですね。高校生のころ文化祭で・・・それは素晴らしいです。拍手です。僕はなあんも楽器が出来ませんので、スゴイなぁと思います。

高島屋のヴァージンレコードは、価格高いですね。クラシック音楽売り場もどんどん縮小してしまって、オープンの頃の面白みがなくなってきました・・・・。

>天ぬき 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
天ぬきさんは、フランチェスカッティですか。さすがにベテランですね。僕はフランチェスカッティのレコードは、ベートーヴェンとメンチャイの協奏曲くらいしか持っていないんですが・・・・・おっしゃるように、大変美しい音で酔わせてくれます。
う~ん・・・・・グリュミオーより一枚上手かなぁ・・・・・・かもしれませんね。
「ツィゴイネルワイゼン」とか、「タイスの瞑想曲」とか・・・・僕は大好きです。小品集でほっと一息、これもクラシック音楽の楽しみですね(^.^)

コメントありがとうございます。お忙しいところ、いつもすみません。夕方に友人と話をしてまして、自分の間違いに気づきました。訂正します。グリュミオーのヘンデルを聴いたのは21か22の時、帰省してその友人宅で聴きました。確かその頃まで、ヘンデルを女性と思っていたんです。たぶん、「バッハ=音楽の父」、「ヘンデル=音楽の母」と教科書に載っていたからでしょう。
ローラ・ボベスコをお好きと書かれていましたね。私も彼女の演奏が好きです。世間的には無視されていますが、ベートーヴェンの協奏曲は素晴らしい解釈だと思います。もっと評価されていいレコード(記録)です。

こんばんは。
グリュミオーのヴァイオリン名曲集といえば、昔フォンタナシリーズで出ていたLPで持ってます。
日本語縦書きという大胆なデザインで、ジャケットの図柄はクリムトの「接吻」です。
「ユモレスク」や「タイスの瞑想曲」などが収められています。

1973年の録音ですので、音質は大変に良好。
こういう弦楽器の録音は、アナログの方が伸びやかで柔らかい感じがします。

グリュミオーの録音では、コレッリのヴァイオリンソナタ作品5全曲の2枚組LPが僕の宝物です。

>チャック 様
コメントを有り難うございました。
ヘンデルは、「音楽の母」でしたね。小学校の音楽室には、音楽史の年表があって、ハイドンは「交響曲の父」でしたし、ベートーヴェンは「楽聖」でした。僕もある程度のトシまで、ヘンデルは女性と思っておりました(^^ゞ
さて、ローラ・ボベスコのベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲は未聴です。ソナタの春とクロイツェルは時々聴きます。
早春ですから。ボベスコで「春」を聴いたみましょうか・・・・・。

>Summy 様
こんばんは。いつもお世話になります。
コレルリのヴァイオリン・ソナタ・・・・・渋いですね。全く聴いたことがありません。グリュミオーのレパートリーは広かったんですね。
フォンタナ・シリーズの1300円盤、我が家にも沢山あります。フィリップスの良心的な廉価盤でしたね。縦書きのジャケットが印象的でした。
ハイティンクの「惑星」やリヒテルのリスト・ピアノ協奏曲とか、名演奏も沢山ありました。
懐かしいです・・・・・・。

グリュミオーはハスキルとの共演でモーツァルトのVnソナタ集を聴いてからファンになりましたよ。誰かが言っていました。「黄金のバランス」と。ずいぶん昔のことですが・・・。指揮者の小高忠明さんはこのレコードをボロボロになるまで聴いて、ボロボロになっても大切にしていたそうですね。
 ひところ美音系のVnが軽んじられたことがありましたが、なんのその、です。21世紀になって再びよく歌う、美しい演奏が再評価されてきたようで、嬉しい限りです。内実を伴っていれば、美しい方がいいですよね。
 そういう私も下手くそなVnを弾いているのでした。

グリュミオーのこのCDは持っていません。いつか聴いてみたく思います。グリュミオーの録音では、ハスキルとのモーツァルト、バッハのヴァイオリン協奏曲が特に気に入っています。永遠のグリュミオー1000のシリーズで、ワルター・クリーンとのモーツァルト、アラウとのベートーヴェン他、大半のものを入手しましたが、まだじっくり聴いていません。さっき、ヘブラー他とのシューベルトの「鱒」を聴きました。ヴァイオリンの独特の歌い振りがいいですね。

>「ウェルテル」好きです。アルフレート・クラウスの絶唱!)
カレラスが歌ったCDを聴いて来ました。結構気に入っていますが、さっきクラウスの歌ったCDを注文しました。楽しみです。

>hiromk35 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
hiromk35さんは、ヴァイオリンを弾かれるんですか。スゴイですね。楽器が出来る人はエエですね。
グリュミオーのヴァイオリンは、素晴らしい美音、この音を聞いているだけで、僕は幸福になります。
美音系のヴァイオリニスト、良いですね。聴いていて、幸福を感じさせてくれるのは美音の人です。精神性云々は、まあおいておいて、グリュミオーのような、美しい音を楽しみたいと思います。

>HABABI 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
アルフレート・クラウスの「ウェルテル」(EMI盤)は一代の名唱と思います。カレーラスのはC・デイヴィス指揮のものですね。同時期にDECCAにはシャイー指揮の「ウェルテル」がありました。1980年ころだったと思いますが、「ウェルテル」の競作のようで面白かったです。

あ、グリュミオーでしたね。バッハのヴァイオリン協奏曲集、大好きです。ヴィヴァルディの「四季」も良かったです。今は、バッハの無伴奏をよく聴きます。美しい音がホンマに素敵だと思います。ヴァルター・クリーンとのモーツァルトは、LP時代から愛聴しております。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。