スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマンの交響曲第1番 変ロ長調 作品28「春」 シャイー/ロイヤル・コンセルトヘボウ管

寒い日が続きます。先日の大雪以来、チト体調不良、土曜日から喉がイガイガしております。
久しぶりに風邪の症状なので、さて、誰かにうつされたかな?
イガイガしているだけで熱はないので、インフルエンザではなく、ただの風邪なんでしょうが、気分は良くないですなぁ。「大寒」以降、あまりの寒さにジョグもウォークもサボっているので、身体が緩んでしまったせいかな?・・・・アカンアカン、気合いを入れ直さなくちゃ。

こういうときは、気分スッキリ、待ち遠しい「春」を聴こう!

・・・・と思ったら「春」が来ない・・・・・(^^ゞ

先日、HMVにシャイー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管のシューマン交響曲全集をオーダーしたんですが(すでにHMVでは発売済み)、まだ届かない。「マーラー編」ということで期待しているのに、「春」が来ない。
それもそのはず、同時に注文したのがカラヤン生誕100年記念のEMI激安ボックス2つ。HMVの「3点で買うたらかなり割り引きまっせ」セールでオーダーしたので、2月上旬にカラヤンBOXが発売にならんと、来んのです・・・・。

やっぱり、立春過ぎんと、「春」は来んのですかいなぁ・・・・・。

しゃあない、シャイーの旧盤でも取りだそう・・・・とゴソゴソしたのであります。

前置きが長くなりました。
今日はシューマンの交響曲第1番 変ロ長調 作品28「春」。
リッカルド・シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管の演奏。
1988年9月、コンセルトヘボウでの録音。DECCA原盤。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管の響きが明るい。DECCA録音の特徴とも思うが、フィリップス録音に比べて、近接音が多く、キラキラと鮮やかな感じがする。ホールトーンはさすがにコンセルトヘボウ、素晴らしい残響で、これはいつ聴いても気持ちがよい。

第1楽章、シャイーの指揮は一気呵成のカンタービレ。よく歌うし、実に精力的。シューマンのロマンに満ちたこの曲を、若々しい青春交響曲に仕上げてゆく。
ああ、時は春。やがて樹木が芽吹く春が来る。

第2楽章も旋律を十分に歌わせてゆく。シューマンの夢見るような想いが伝わる。コンセルトヘボウ管の響きが美しい。アンサンブルが良いのだろう、透明感さえ漂ってくる。金管や木管の少しくすんだ感じの音も、味わい深い。

第3楽章はスケルツォ。弾むと云うより、ここでも歌う演奏。
シャイーのシューマンはカンタービレなのだ。

フィナーレは春たけなわ。サウンドは暖かく、鮮やか。こぼれるような春の日差しを思わせる。ラストは一気。春の勢い。若者の勢いを感じさせる演奏。

ああ、部屋に春が来ました。外はみぞれ模様、氷雨の冬です。
しかし、間もなく「春」は来るでしょう(^^)V


AUTHOR: ひろはや DATE: 01/29/2008 07:25:11 おはようございます。
毎日が本当に寒いです。シューマンの交響曲第1番「春」、春が待ち遠しい身にはイイ曲ですよね。
私が好んで聴いているのがハイティンク/ACO(1983年PHILIPS)のCDです。その後任者であるシャイー盤は未聴です。同じオケですが、違った趣きのようですね。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
シューマンの交響曲「春」。
自筆初稿版なら、スィトナー盤がありますが
マーラー編は、どんなものでしょう。
期待できますね。
シューマンの交響曲全集なら
サヴァリッシュ盤が名演です。
ドレスデンの音が素晴らしいです。

おはようございます。
シューマンの交響曲は、どちらかというと好みではないので、コレクションも僅かなのですが、大好きな演奏があります。
猫よしお様推薦のサヴァリッシュ盤が素晴らしく、この盤があるが故に他の演奏を買う気にならないのかもしれません。
録音がEMIとしては例外的に見通しが良くて厚みがあって立体的、ドレスデンの充実しきった響きで見事なシューマンが聴けて好きです。


こんばんは。
僕もシューマンの交響曲が好きで、CDラックの中を数えてみると、全集が9セットもありました。4曲でCD2枚だから集まり易いですよね。

シャイーは残念ながら新旧両盤とも所有してません。お気に入りはサヴァリッシュ/SKD盤です。SKDの音色が好きでして、交響曲の全集ではベートーヴェンはブロムシュテット盤、シューベルトはブロムシュテット盤とC.デイヴィス盤、ブラームスはK.ザンデルリンク盤を愛聴しています。

シューマンの交響曲第1番「春」は、寒さ厳しい冬がようやく終わり、若葉が芽吹く春の訪れを感じさせるすばらしい曲ですね。この曲を聴きながら、早く本当の春が来るのを祈ることにしましょう。



こんばんは。
レコード棚を見てみるとシューマンの交響曲は1枚も有りませんでした。
若い頃は全然聴いていなかったということです。
CD時代になって、この「春」は、クーベリック(CBS)、バーンスタイン(DG)、セルと、ぼちぼち聴くようになりました。

この中ではセルのEU盤全集が、音も良くて気に入っています。

>ひろはや 様
おはようございます。いつもお世話になります。
ハイティンクのシューマン全集もエエですね。フィリップス録音が素晴らしいのと、この録音の頃からハイティンクは巨匠になっていったんじゃないかなと思います。
シャイーのシューマンは同じオケなのに、DECCA録音のせいか、少し派手な感じです。音は良いですが、フィリップス・トーンのACOに慣れていると、少しとまどう感じもありました。

>鞍馬天狗 様
おはようございます。いつもお世話になります。
シューマンの交響曲全集は何種類もあるのに、ピアノ曲や歌曲はホンマに持っていないです。ふだん、殆ど聴かないんです。
食わず嫌いなのかも、と思いつつ、若い頃から聴いてこなかったので、どうもトシをとるとさらにレパートリーが狭くなってアカンですね。
「クライスレリアーナ」、じっくり聴いてみようと思います。
アルゲリッチとブレンデル、アラウ盤があったと思います。
ところで、シャイーの新盤が届くのは、暦の上で「春」が来てからのようです・・・・・。楽しみに待っているところです。

>猫よしお 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
スウィトナー盤は自筆初稿ということで期待したんですが、そんなに劇的に変わるものではなかったように思います。音は素晴らしい、さすがDENON録音ですね。
サヴァリッシュ/SKD盤は、往年の名盤。おそらくサヴァリッシュが遺した最良の演奏と思います。SKDの音が何より素晴らしいですね。演奏も実に熱気があってロマンティック。名演でした。

>天ぬき 様
おはようございます。いつもお世話になります。
サヴァリッシュ盤は、ホンマに素晴らしいですね。おっしゃるように、EMIにしては録音がエエんです。ふだん、EMIの録音に期待していないので、ビックリするようないい音と思いました。
演奏は精力的で熱気溢れて、若々しいロマンが香ってきます。

シューマンの交響曲全集は2枚組で入手できてしまうので、ついつい買ってしまいます・・・・・・(^^ゞ

>ヤマちゃん 様
おはようございます。コメント感謝です。
シューマン交響曲全集が9セット!スゴイですね。ボクも大好きなんですが・・・・・いや、ひょっとするとLPも含めるとボクもそのくらい持っているかもしれません(^^ゞ。CDだと2枚組ですから、ついつい買ってしまいますね。

サヴァリッシュ/SKD盤、全く同感です。
ボクもSKD大好きです。ヤマちゃんさんと同様、ベートーヴェン・シューベルト・ブラームスは同じ盤を聴いてます。エエ響きですよね。
C・デイヴィスですと、彼のモーツァルトやベートーヴェンもSKDの響きが良かったですし、ヨッフムやシノーポリが録音したブルックナーもSKDの深々とした響きが印象的でした。
同好の方がいらして、ボクは嬉しいです(^^)V

>Summy 様
おはようございます。いつもお世話になります。
セルのシューマンもイイですね。この頃のCDは、音も良くなっていますね。LPでのセルは再生が難しく、CBSのひどい録音が耳についてたまらんのですが、最近のCDはちと高いですが、音はイイと思いました。
バーンスタインにクーベリックのシューマンもエエですね。クーベリックはLPで聴いています。バイエルン放送響の明るい響きが印象的でした。
バーンスタインのはロマンの香りで噎せ返るような名演と思います。

ボクはシューマンの交響曲が大好きなんです。
ピアノ曲や歌曲も聴いてみなくちゃアカンのですが、どうも交響曲ばかりになってしまいます・・・・・(^^ゞ

おはようございます。
新しいシャイー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管のシューマン交響曲全集、昨晩聴きました。良かったですよ。このマーラー版のCDには他に、チェッカート/ベルゲン・フィル(BIS)が有りますが、今後はシャイー盤が録音の良さもあって、スタンダードになると思います。
マーラー版の「春」は、ひと言でいうと、シューマンの重複的なオーケストレーションの、いらない枝を剪定してすっきりさせたもので、春霞が取れて空気の透明度が上がり、遠くの景色が良く見えるようにイメージが変化しており、面白いです(シャイーのイタリア的資質と、デッカの録音もこの場合効果的)。一方でゲヴァントハウス管のドイツ的な響きが、この演奏を極めて説得力のあるものにしています。
マーラー版には賛否両論あるでしょうが、興味深く、すばらしい演奏でした。

>鞍馬天狗 様
こんばんは。シャイー&ゲヴァントハウス管のシューマン情報、ありがとうございました。
そうですか、録音もエエですか。DECCAですからね。鮮烈録音、楽しみにしておきます。
おそらく、我が家への到着は早くて2月中旬でしょう。
楽しみになりました。ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。