スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラーの交響曲第6番 イ短調「悲劇的」 インバル/フランクフルト放送響

四国伊予路も、冷え込みが厳しくなりました。寒であります。
皆様、寒中お見舞い申し上げます。

さて、今日は大曲です。

マーラーの交響曲第6番 イ短調「悲劇的」。
エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団の演奏。
1986年4月、フランクフルトのアルテオパーでの録音。DENON盤(ヘッセン放送との共同制作)。

インバルのマーラー全集から20年経過した。
当時はマーラー・ブーム絶頂だった(ついでにバブル経済も絶頂だった)。
インバルのマーラーは、実に見通しの良い演奏で一世を風靡したものだった。演奏が素晴らしいのでレコード評論家は絶賛、DENONの録音も最高であってオーディオ評論家からも絶賛だった。
今聴いても、ホンマに録音は素晴らしい。超優秀録音だった。B&K社のマイクを使用するなどDENONが意欲的に海外録音に取り組んでいた頃でもあった。
ホールトーンも十分で残響が美しく、定位はビシッと決まっている。個々の楽器も実在感十分で、しかも鮮やかな音で捉えられている。家庭で聴くのに十分すぎるくらいの贅沢な録音と云うべきか。
第4楽章のハンマーも強烈。部屋が震える。ハンマーの音が大音量で収録されているから再生には気をつけろ、とジャケットにご丁寧にも注意書きが記されているほど。

オーディオ的快感が一杯のこの演奏も、今や廉価盤、クレスト1000シリーズで1,500円。エエ時代になったものです。
(ブリリアントの激安全集BOXだともっと割安になりそうです)

さて、演奏。

第1楽章は立派な構成で感嘆。フランクフルト放送響が巧い。特に金管が安定していて、音色も良い。金管群のアンサンブルも完璧、実に達者な演奏。
弦楽セクションにもう少し色気・艶があればいいのになぁと思うのだが、独特の細身の音は、インバルがつくり出すシャープなマーラーに、よく合っているとも思う。この弦の音が、インバルの基本なのかな。

第2楽章は充実した演奏。独特の粘りもある。
インバルはユダヤ人。バーンスタインなどに通ずる「粘り」がこの楽章では聴ける。
ベトベト感はないのだが、フレーズのそこかしこ、特に遅い部分での粘り・タップリ感は、インバルの特徴と思う。僕は好きだなぁ、この粘りの質は。淡泊なようでいて、実は十分に粘着するマーラーと云えるかも。

第3楽章はアンダンテ。この順番がインバルの録音当時は普通だったと思う。今は第2楽章にアンダンテを持ってくるやりかたが増えたようだが、聴き慣れているせいか、僕には第3楽章がアンダンテである方がしっくり来る。
演奏は実にクール。瑞々しく濡れたような抒情が、静かに響き渡る。粘りも少し。
ホルンがイイ。これ最高に巧い。甘い音が良く、響きもウットリするほど美しい。それを包み込む細身の弦楽セクションがまたよろしい。ヴァイオリンなど涙が出る。

フィナーレはフランクフルト放送響の実力発揮。
インバルの指揮も堂に入ったもので、聴かせ上手。30分にわたる長大な楽章を全く飽きさせずに持ってゆく。

ハンマーは確かに強烈。
再生には、ホンマにご注意ください。


<マーラーの交響曲第6番「悲劇的」 自己リンクです>
■小澤征爾/ボストン響
■マゼール/ウィーン・フィル
■アバド/シカゴ響
■ブーレーズ/ウィーン・フィル
■ヤンソンス/ロンドン響
■テンシュテット/ロンドン・フィル(EMIライヴ盤)


AUTHOR: narkejp EMAIL: narkejp@netscape.net URL: http://blog.goo.ne.jp/narkejp/ DATE: 01/16/2008 06:49:54 おはようございます。マーラーの6番、大曲ですね。私も同じ録音で聴いています。見通しの良い演奏、優秀な録音、この頃のDENONは良い仕事をしたと思います。私のはレギュラープライス盤ですが、今はクレスト1000シリーズでずっと求めやすくなっていますので、ありがたいです。
スポンサーサイト

コメント

>narkejp 様
こんばんは。寒くなりました。コメント感謝です。
この時期のDENONの録音はホンマに素晴らしいですね。インバルのマーラー全集など、最良のレコーディングと思います。当時のDENONは良かったです。
今やクレストシリーズで1,500円ですね。ブリリアントの全集ですと6,000円くらいでインバルのセットが揃ってしまうご時世、いやはや、有り難い話です。

>ひろはや 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
インバルの全集は、憧れの的、僕も同じです。昔は高価だったですから、なかなか手が出ませんでした。僕は中古盤で揃えましたが、それでもセットで1万円以上しました。今や、ブリリアント盤では新品が6,000円程度です。何ともイイ時代になったもんです。
シノーポリのマーラーは、没後の追悼盤が輸入盤1万円で買えましたので、そそくさと買いました。シノーポリのマーラーは、とにかくカッコイイです。
バルビローリの「悲劇的」は第2楽章にアンダンテを持ってくる、当時としては独特の演奏だったと思います。主情的名演奏は、さすがですね。バルビローリ節とでも云うんでしょうか・・・。

>猫よしお 様
こんばんは。いつもお世話になります。
ショルティのマーラーは筋肉質で、スッキリしていますね。あまりクヨクヨしないのがエエです。機能的なオケも素晴らしいですね。
インバルのマーラーは、賛否両論なんですか。だとすると、僕は賛の方です。このコンビでの5番の実演を、愛媛県民文化会館で聴き、圧倒されました。技術完璧で、実に精力的なマーラーで、腰が抜けました。CDそのままの演奏でした。いや、ヨーロッパの一流オケってのはスゴイもんだなと感動した覚えがあります。フランクフルト放送響、凄かったです。

こんばんは。今年初のコメントとなります。遅くなりましたが新年おめでとうございます。
さて、インバルの「悲劇的」は残念ながら未聴です。。。インバルのマーラーはCDになって一番最初に購入した思い出があります(5番)。当時は3300円/枚でしたので2枚組の6番は手が出ません・・・。しかしCDになるとこうも音がクリアに聴こえるのかぁと思ったものでした。(もっともDENONの録音が素晴しかったのですが)
「悲劇的」はもっぱらテンシュテット/LPO(1991ライブ盤)とシャイー/RCO(1989)を聴いてます。それぞれ対極なのですがどちらも良いですね。このインバル盤も是非聴きたいと思います。

こんばんは。
先日、BSでインバルのマーラーをやっていましたね。
彼も(外見は)老けたなぁって思いました・・・。
インバルのマーラーは、バラで十数年の間に買い揃えてきました。
6番は手元にありながら未聴です。

彼らの実演で6番を聴きました。
1989年の大阪ザ・シンフォニーホールでした。6番の生体験は79年の朝比奈さんと、このインバルさんの2回だけですが、やっぱり例のハンマー効果はすごかったです。それと、終結部のフォルティシモの凄さもディスクで聴く以上の効果があると思いました。
mozart1889さんの記事を読ませていただき、にわかに6番が聴きたくなってきましたよ。

>あろいぶ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。感謝です。今年もよろしくお願いします。
インバルの「悲劇的」は今、DENONのクレスト・シリーズで2枚組1,500円ですね。僕のCDは中古盤ですが、3,150円でした。それでも廉価盤になっている価格で、発売当初は6,000円でしたね・・・・・。高かったです。なかなか手が出なかったです・・・・・。今思えば、ホンマに懐かしい思い出です。
DENONのエエ録音でした。僕はDENONの録音、好きでした。あろいぶさんと同じ感想を持ちました。

さて、「悲劇的」のテンシュテットのライヴ盤、スゴイですね。圧倒的な迫力があります。聴くと疲れます。シャイー盤はその対極、スタイリッシュでカッコイイ演奏だと思いました。

>親父りゅう 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
インバル、老けましたね。髪がなくなりましたし、身体も肥えました。ジャケットのような若々しさがなくなりました。ただ、数年前の実演はCDと同じ、大変精妙で感動的な名演でありました。5番です。名演をナマで聴いてしまってから、このコンビには僕は甘いんです。インバルのマーラーはどれも素晴らしいと思います・・・・・(^.^)
DENONの録音も素晴らしいですし、この曲だと、例のハンマーもスゴイ音で入ってます。
りゅうさん、再生には気をつけて下さいね。ドカーンと、来ますよ。

はじめてお便りします。よろしくお願いします。
現在、地方住まいから東京で単身赴任生活になって、2年目です。
そのおかげで、長年夢だったクラシックの演奏会を聴きまくる生活が、
送れています。
ただ、独身ならともかく、今更一人で行く演奏会は虚しいものですが・・・・。
マーラーの六番は、最年12月インバル、都響をサントリーで聴きました。
マーラーの交響曲で、10番補筆完成版と並んで、最も好きな曲なので、
その他、この1年くらい日本のオケで演目にあがると、必ず聴きに行って
います。マーラーの交響曲は、視覚効果が大きいですね。
ところで、この曲など、ショスタコーヴィッチの世界にも近いようにおもいますが、ショスタコはお嫌いですか?
私は現代のサラリーマンの、複雑な心理状態にシンクロする部分が多いと感じられ、共感する部分が多いです。

>鞍馬天狗 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。ようこそおいでくださいました。当方、四国の田舎ものですが、どうぞよろしくお願いします。
イイですね、都会での生活。単身赴任は身の回りのことが大変だと思うんですが、演奏会三昧というのが、エエですね。羨ましいです。
インバル/都響の演奏会は聞き知っていたんですが、もちろん、田舎者ゆえ、演奏会には行けません。エエですね・・・ホンマに羨ましいです。
さて、ショスタコーヴィチですが・・・・・食わず嫌いです。どうもピンと来なかったので放っています。有名曲の5番交響曲「革命」は時々聴きます。バルシャイとハイティンクの交響曲全集、持ってます。でも、殆ど聴いていないんです。是非、「この交響曲のここがエエぞぉ、とか、この演奏がエエんじゃ」というのがありましたら、ご教示ください。ボクは杉作になって、鞍馬天狗さんについていきます(^.^)。

御返事ありがとうございますm(_ _)m
私も、ショスタコに開眼したのはつい最近です。
それまでは、旧共産圏の、辛気臭く聞きづらい作曲家くらいにしか思っていませんでした。(熟知していたのは、やはり交響曲第5番だけ。)
きっかけは、昨年、井上道義指揮で、日比谷公会堂にてショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会を聴いた事がきっかけでした。
中年になっても、新たな開眼ってある物ですね。だからクラシックってやめられません。
話が脱線してすみません。
ここはショスタコを語る場所では無いので、何れ、またの機会に(^_^)/~~~


>鞍馬天狗 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
なるほど、井上道義の連続演奏会ですか・・・・・生で聴けるというのがエエですね。ボクも実演で聴けたら、ショスタコーヴィチの食わず嫌いが直るかもしれないですね。
中年になっても開眼・・・・・・というのが、とてもイイです。クラシック音楽のいいところは、そういうところもありますね。
マーラーもブルックナーもボクは開眼が遅かったんです。ホンマに開眼したのは、そういえばインバル/フランクフルト放送響の実演でした。
ああ、演奏会三昧の鞍馬天狗さん、羨ましいです。

ところで、昨晩、NHKのドラマ観ました。いやはや、野村萬斎、カッコエエです。久しぶりに鞍馬天狗を観ました。高橋英樹の主演したNHKドラマ以来です。

以前、インバルの演奏家に行かれた事もお有りの様なので、昨年12月の都響との演奏会の補足情報を・・・。
マーラーの交響曲第7番(東京文化会館)と第6番(サントリー)を聴いたのですが、どちらもマーラーのスペシャリスト・インバルを実感させる名演でした。(特に7番は空前絶後と感じた程の出来。)インバルのマーラーは、木管を含めた管楽器のベル・アップやスタンドアッププレイ(TVでもやったフィルハーモニアとの「巨人」のコーダ!!)をスコア通り忠実に履行するもので、老いても太っても、筋金入りのマーラー指揮者という看板に偽りはないと思いました。マイクが沢山立っていたので、CDになる可能性も高いと思います。
しかし都響はベルティーニの亡き後、インバルともマーラーの演奏が出来るなんて、贅沢ですね。(ベト9も超名演でしたよ。)
私も過去に、アマオケでヴィオラをやっていましたので、都響が羨ましいです。

追伸 誤字訂正です。
インバルの演奏家→インバルの演奏会 
相変わらず、そそっかしくて、すみませんm(_ _)m

>鞍馬天狗 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
インバルの実演は視覚的にも楽しいですね。僕も5番の演奏会で、ベル・アップなどを忠実に行っているのが見えました。あれは楽しかったですね。マーラーが楽譜に書き込んだとおりの演奏だったと思います。インバル、さすがだなぁと思いました。
都響はベルティーニやインバルとマーラーを演奏できるんですから、大したもんですね。僕はこの二人のマーラー全集、愛聴してます。
いずれ都響の実演もCDかされるのかもしれませんね。

鞍馬天狗さんはヴィオラですか・・・・スゴイですね。演奏できる人、羨ましいです。尊敬します。

こんばんは。

マーラー6番は未だに勉強中ですが、この演奏は冷静&精緻ですばらしですね。ホルンのノイネッカーさんが凛々しいです。

録音も素晴らしいのですが、ハンマーに合わせているのか、全体のレベルを低くしているように感じるのは私だけでしょうか・・?

だんだん、好きになってきたこの曲次のオススメ演奏あればご教示ください。


>ニョッキ 様
コメントを有り難うございました。TBもお世話になります。
僕は「悲劇的」、ずっと苦手でした。ブーレーズ盤を聴いて、初めて面白い交響曲と気づきました。
その後はインバルやバルビローリ、テンシュテットなど、個性的な名演奏を聴いているうちに好きになりました。
最後のハンマーはしかし心臓に悪いですね・・・・・・・。

クラシックCD紹介その359(マーラー 交響曲第6番イ短調「悲劇的」)

PING:
BLOG NAME
首都圏の住宅販売実績が昨年比約25%減らしい。
需要が少ないわけではなく価格と市場の先行きが見えないせいだと思う。
平均価格4800万円というのはある程度恵まれた人じゃないと買えない上に金利上昇も相まって、一番買いずらい時期でしょう。
かといっ....

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。