スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームスの大学祝典序曲 バーンスタイン/ウィーン・フィル

日曜日であります。今日は昔話をひとつ。

ブラームスの大学祝典序曲。
レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルの演奏。
1982年9月、ウィーンのムジークフェラインザールでの録音。DG盤。

大学祝典序曲といえば、「大学受験ラジオ講座」なのであります。あの、旺文社の・・・。

文化放送JOQR、1134kHz。夜の11時半から1時間2講座。この番組を聴くのが30年前の大学受験生たる者の、たしなみであった(かどうかは分からない・・・・(^^ゞ)。
夜11時からは「百万人の英語」。J・B・ハリス先生の番組。こちらのテーマ曲はハイドンの「時計」。よく聴いたもんです。なかなか、ものにはならなかったんですが。

大学受験ラジオ講座、通称「ラ講」。これが終わると深夜放送の時間帯。文化放送は「セイ!ヤング」、TBSは「パック・イン・ミュージック」、ニッポン放送は「オールナイト・ニッポン」。1960年代後半からの全盛期に比べると、僕が聴いていた頃はブームが下り坂になっていく頃だったろうか。それでも、人気パーソナリティの時は聴取率が高く、話題になっていたと思う。

谷村新司とバンバンの「天才秀才バカ」シリーズは本にもなって人気があったし、レモンちゃん落合恵子は現役だったし、野沢那智・白石冬美の「ナッチャコ・パック」は、「ナッちゃん、チャコちゃん、こんばんは」で始まる「お題拝借」シリーズで大人気だった。今をときめく、みのもんたは「みのみのもんた、みのもんたっぱ」という文化放送の局アナ(当時はDJと云っていた)であったし、ライブドアの株買い占めで出てきたニッポン放送の亀淵社長など、「カメカメ・ポップス」の局アナDJだった・・・(というより。亀さんが社長になっているので大変驚いた)

時は流れました。
そして「大学祝典序曲」を聴くたびに、時は遡ります。
ああ、1月の今頃は、最後の追い込み、必死になって勉強していたなぁ。
あんなに勉強したのは、大学の卒論を書いたときと、この大学受験の時だったんじゃないかなぁ・・・・。僕らの頃は「四当五落」なんて言葉がありまして、睡眠時間4時間で頑張ったヤツが合格し、5時間寝るヤツは落ちるぞ・・・・などと云われた時代でもありました(尤も、それは結局、大嘘であったわけですが・・・・・(^^ゞ)

さて、演奏であります。

バーンスタイの熱気溢れるこの演奏には、ブラームス特有のしんねり・むっつりからは遠く、青春の意気軒昂の様子が聴かれる。

ウィーン・フィルの響きもとても美しい。
時に弦楽がざらつくのは、ライヴ録音によるものなのか、バーンスタインがアンサンブルの整頓には無頓着なのか、よく分からないのだが、音楽の表面だけを磨くような感じの美しさではなく、内部からわき上がってくる美しさという感じ。
木管は巧いし、渋い。「古典」の枠内にきっちり収めた曲を書いたブラームスに、実にふさわしい。
ラストの盛り上がりはさすがにバーンスタイン。聴いていて元気が出てきます。

録音状態良好です。
今聴いても、とても柔らかくふんわりとした音です。
ブラームス独特の曇り空のような響きもよく出ています。残響も美しく、いわゆるヨーロッパ・トーン的な味わいでありました。


AUTHOR: mikotomochi58 DATE: 01/13/2008 08:27:55 おはようございます。私も「ラ講」聴いてました。深夜ラジオも3つの番組を取っ替え引っ替え聴いてました。DJは、吉田拓郎、泉谷しげる、グレープ、山本コータローなどのフォーク系や、野沢白石さんや落合、小島さん、林よしお(漢字がわからない)のアナ系、そして笑福亭鶴光のが好きでしたね。これも、受験勉強と合わせての記憶ですねえ。こんなん聴かんと勉強に集中していれば、もっとよかったかも知れませんね。大学祝典序曲も、まずラ講を思い出します。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
ラジオの話。懐かしいですね。
「大学祝典序曲」。
私はワルター/コロンビア響の輸入盤LPを聴いておりました。
確か同じブラームスの交響曲第3番の余白だったような気がします。
バーンスタインのブラームスは交響曲全集も完結していますので
素晴らしい演奏ですね。
ブラームスの管弦楽曲では
「大学祝典序曲」「悲劇的序曲」「ハイドン変奏曲」が有名ですね。
ほとんどが交響曲とのカップリングになっています。
あと有名な曲は「ハンガリー舞曲」でしょうか。


おはようございます。
旺文社の大学受験ラジオ講座は、私の受験時代にほぼ毎日聴いていましたので、このブラームスの「大学祝典序曲」といえば、私にとってはその頃のイメージが着色されていて、分かった気になっていた曲でしたね。
そこで、今日は、バーンスタイン盤は未聴ですので、同じウィーン・フィルでバルビローリ盤(1967年)と大好きなハイティンク/ACO盤(1972年)を取り出して聴いてみました。
本当にゾクゾクするほどの高揚感のある素晴らしい曲ですね。
これまで余り熱心に聴いてこなかったんだなあと痛感した次第です。

おはようございます。
同じくラジオ講座世代です。
夜更かしは苦手だったのですが、半ば聞かなきゃいけないもんかと思って
聞いていました、いや殆ど居眠りしていたかな?
勝浦捨造の下手な歌を聴かされた数Ⅰ、田嶋一郎のスマートな語り口の数Ⅱなどは記憶に残っています。
ワルター/コロンビア響のLP(手元にありません)、交響曲の余白に収録されていたのを聴いて、おっ、この曲なんだと思ったものでした。

こんにちは。
僕も深夜放送を聴きながら受験勉強に励んだ世代です。
鶴光のオールナイトニッポンには随分お世話?になりました。
大学祝典序曲の方は、交響曲のフィルアップが多くてあまり真面目に聴いてませんでした。バーンスタイン盤は未所有なので、同じVPOとのバルビローリ盤を取り出して聴いてますが、身の引き締まる堂々たる演奏に改めて感銘を受けました。

こんにちは。
 私はギリギリで金パに間に合ったようなくらいの世代です。確か中学生の時だったんじゃなかったかな<パック・イン・ミュージック終了
 深夜放送だとメジャーどころはあまり好きではなくて、オールナイト・ニッポンも聞いていたのは中島みゆきと谷山浩子くらい。むしろ、TBSの70年代ポップス専門にやってた番組とか、始まったばかりのJ-WAVEの深夜放送とか、後は試験期間中に歌うヘッドライトとか、そんなんばっか聞いてたですね。
 ええ、旺文社の「大学受験講座」は存在は知っていましたし、あのテーマ曲も聞いた覚えはありますが、特にヘビーリスナーだったわけでは.......<というかヘビーリスナーとかっていってる時点でダメだろってな話が

 ......え?バーンスタインとか、ブラームスとか、どうした、って?まぁ、いいじゃないですか....(謎)

こんにちは。
J・B・ハリス先生の講義を予備校で受けた事がありますよ!
あと、鶴光のオールナイト・ニッポンも少々H系で面白かったですよね(笑)
今は、と言うかもう20年くらいラジオは聴いてませ~ん。
「大学祝典序曲」久し振りに聴いてみようかしら・・・。

>mikotomochi58 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
深夜放送の時代、そうそう、DJはフォーク・シンガーが多かったですね。泉谷に拓郎もよく聴きましたし、こうせつもやってましたね。ギターを抱えて髪を伸ばして、ベルボトムを穿いて・・・・という時代でした。でも女の子にはなかなかもてませんでした・・・(^^ゞ
鶴光のもエッチで面白かったですね。
今思えば、受験勉強そっちのけで、ラ講も上の空・・・・・アカンかったです・・・(笑)。大学祝典序曲は、そういう思い出の音楽です。

>よし 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
大学祝典序曲、受験勉強の音楽ですね・・・・・不合格だと、なるほど「悲劇的序曲」ですか(笑)
懐かしい思い出です。ラ講よりも、深夜放送を一生懸命聴いていた不真面目受験生でありました・・・・・・(^^ゞ

>narkejp 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
narkejpさんご贔屓のセル/クリーヴランド管でも、さすがに「ラ講」には勝てませんか。あの頃の若者は、この音楽で勉強していたんですね・・・・。奥様も、きっと苦い思い出があるんでしょう・・・・・。僕は不真面目受験生、チンペイのセイヤングやなっチャコパックを楽しみにしておりました(^^ゞ

>猫よしお 様
こんばんは。いつもお世話になります。感謝です。
ブラームスの管弦楽曲の有名どころ3曲は、バーンスタインの交響曲全集に入っておりますので、それで楽しんでいます。
もっとも、高校生の頃はクラシック音楽には全く無縁、大学に入ってからクラシックを聴き始めた者ですから、「大学祝典序曲」を聴いたときには、なんだ、受験生時代の「ラ講」かと思ったものでした。

>ひろはや 様
こんばんは。いつもお世話になります。
ハイティンク/ACO盤は渋いですね。イイ演奏でした。僕は大好きです。今は廃盤のようで、なかなか入手出来ないんじゃないかと思います・・・・。
バルビローリのブラームスもエエですね。好みなんです。

ところで、この曲はどうしても「ラ講」になります。強烈な思い出があります。まじめに聴いていなかったのに、不思議に覚えているもんです。感性が若かったんでしょうか・・・・・。
あの頃の受験生は、みんな聴いていましたね・・・・・。

>天ぬき 様
こんばんは。いつもお世話になります。
勝浦捨造に田嶋一郎、懐かしいですね。数学では寺田一行の鉄則数学、なべつぐの「あすなろ数学」もよく聴いておりました。西尾孝の実戦英語水準表なんてのもありました・・・・・。
でも、そのあとの深夜放送の方が真面目に聞いてました・・・・・アカンですね(^^ゞ

後にクラシック音楽を聴くようになって、なんだ「ラ講」の曲かと思ったものでした・・・・・しかし、さすがブラームス、名曲だと思います。

>ヤマちゃん 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。西条では、今日は成人式。若者が多く街に繰り出しておりました。
ヤマちゃんさんは、バルビローリですか。情緒たっぷりのイイ演奏ですね。交響曲集もとても素晴らしく2番や4番は涙がこぼれる名演と思います。

鶴光のエッチなオールナイト・ニッポン。僕も聴きました。
勉強もせんと、そんなことばかりでした・・・・・・ああ、高校生。懐かしい不真面目受験生でした(笑)

>Verdi 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
中島みゆきのDJは面白かったですね。「わかれうた」などが売れている頃は、暗い歌ばかりだったんですが、DJになると大変明るくひょうきんなキャラクターなので、そのギャップが楽しかったですね。谷山浩子は昨年、松山で聴きました。もっとも、僕はデビュー当時の「川のほとりに」くらいしか知らないんですが・・・(^^ゞ
「ラ講」はよく聴きました。予備校に行かなくても、何とかなった時代でもありますね・・・・・のんびりしたもんでした。

>Hiroko 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
Hirokoさんは、J・B・ハリス先生の講義をお聴きになっているんですね。僕はラジオでしか知りません。ハイドンの「時計」にのせて始まる「百万人の英語」、懐かしいです。
鶴光のオールナイト・ニッポンは、イヤらしいのが良かったですね。僕ら受験生の間では人気がありました。ああ、多感な高校生時代・・・・思い出します。もっとも同時に不真面目な受験生であったんですが・・・・(^^ゞ

こんばんは。
拙ブログにコメント、トラックバックいただきありがとうございます。
ブルックナーも、マーラーももっともっと聞き込みたいと思っています。

随分前から見させていただき参考にさせて頂いています。

生まれが隣の新居浜であることや、子供が、それも息子が3人いることなどで妙な親近感も勝手に感じておりまして・・・。

これからも、よろしくお願いします。

mozart1889様 こんばんは
懐かしいお話、ちょっと嬉しくなりました。私も深夜ラジオ・ファンでした。「ナッチャコ・パック」は、中学時代によく聞いてました。高校時代は、地元の放送局が「オールナイト・ニッポン」を放送していたので、そちらに心変わりして。。。
 新潟では「ラジオ講座」を、朝5時に放送していたので、テープに録音して・・・聞いたり、聞かなかったりでしたが・・・(汗)
それとこの曲だと、当時はセル氏の演奏を好んで聴いておりました。

>shioshio 様
おはようございます。ようこぞおいでくださいました。どうぞよろしくお願いします。
shioshioさんは、新居浜のご出身だったんですね。今、僕は新居浜上部地区に勤務しています。角野・中萩地区です。秋は山根グランドの勇壮なかき比べでした。もちろん、太鼓台です。
息子2人は大阪在住、豊中で暮らしております。

shioshioさんは、素晴らしいオーディオをお持ちですね。いつかはアキュフェーズ・・・・と僕も思っているんですが・・・・。
よろしければリンクをお願いします。アカンようでしたら、おっしゃってください。

>みー太 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
みー太さんのところは、早朝の放送でしたか。それは大変でしたね。
「ラ講」は、当時の受験生には通過儀礼のようなものでした。みんな聴いていましたね。予備校の先生の話を聴く機会など、なかなかなかったですし、高校の授業は、あの昨今の履修問題など関係なく、「自分で勉強しろよ」という感じの先生ばかりでありましたから。もっとも、それが良かったんでしょうが・・・・・。
深夜放送も聴きました。ナッチャコ・パックは大好きでした。鶴光のオールナイト・ニッポンも大好きでした。
懐かしい話です。いやぁ・・・・・遠い過去になりましたね(^^ゞ

おはようございます。

勤務地域が上部ですか、これも何かの縁ですかね。
その中萩が生まれ育った場所です。

山根のかき比べはBSの中継を見て、無性に帰りたくなり、困りました。

息子さんの住んでいる豊中は、私の現住所から近くです。

リンクの件は、お任せします。
細々とやっているクラシック初心者のブログなので、詳しい方たちに見られるのはお恥ずかしいかぎりですが・・。

これからも、よろしくお願いします。

再度のコメントです。
何を隠そう、実は僕も新居浜市の出身です。仕事の都合で家族ともども、現在は松山市在住です。
昨年の新居浜祭は残念ながら帰省できませんでしたが、市制何十周年かで随分にぎやかだったようですね。
正月には帰省して、ジャスコのタワレコも覗いてきましたが、目ぼしい獲物はありませんでした。

ローカルな話で済みません。
これからも、よろしくお願いします。

>shioshio 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
shioshioさんは、中萩でしたか。最近は11号線沿いも旧道筋もだいぶ変わりました。道が細いのは昔ながらですが。
山根大通りが出来てからは広瀬公園から山根グランドまでがラクになりました。
お祭りは相変わらず喧嘩が多いです。川西も川東も、大変です。
上部は昨秋は平和運行でした(^.^)

>ヤマちゃん 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
新居浜のご出身でしたか。昨年は市制70周年で、お祭りも大変な盛り上がりでした。その分、喧嘩も盛んでありましたが・・・・(^^ゞ。
タワーレコードは年末に出撃しました。RCA盤が安売りになっていましたので、ライナーとキーシンをそれぞれ2枚買いました。でも、他にはめぼしいものがありませんでした。国内盤はまだ高いですしね・・・・・。

今日から冷え込んできましたね。
今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。