スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「輝け!2008年 勝手に各自アカデミー賞」 感謝多謝深謝 今年もお世話になりまた♪

いよいよ今年も押し詰まってまいりました。
今日は餅つきです。臼と杵で搗くのは残念ながら数年前にやめまして、機械搗きです。しかしこねるのは家族総出。長男も帰ってきましたので、息子三人と妻に母、一家で正月を迎える準備をします。あんこも大根も準備万端、というより、大根などはわが庭の菜園からの『抜きたて泥つき新鮮ナマモノ」であります。さあ、やるぞい。

さて、歳末エントリーは恒例の「勝手にアカデミー賞」。
林 侘助。さんのHP【♪ KechiKechi Classics ♪】 への投稿です。

***************************************************************************

輝け!【♪ KechiKechi Classics ♪】2008年 勝手に各自アカデミー賞
今年もド素人大衆ミーハー廉価盤路線をひた走りました。CD激安時代の恩恵を肌で感じております。エエ時代になりました。学生時代から社会人なりたての頃はビンボーでした。あの頃のCDの高価なことを想うと、つくづく今は夢のような時代と思います。感謝深謝多謝。ホンマに有り難いことです。

第1位 ミチョランマ激増
今年はDGなどユニバーサル系メジャー・レーベルでも激安化が進みました。ほとんどの輸入盤箱物は1枚200円程度で購入できてしまいます。いやぁ、ここぞとばかりに買い込みました、昔のビンボーだった時代にCDが高くて買えなかった反動でしょうか、次々に買ってしまいました。結果、未聴の山、嗚呼ミチョランマ。反省しております。買った箱物の数は恥ずかしくて書けません(汗)。
こんなことではアカンなぁ。CDは大切に聴かにゃ。某オークションにしても、某輸入盤サイトにしても、クリック数回で落札・入手できてしまうことで、安易に購入してしまうのもイカンのです。来年からはじっくり腰を落ち着けて聴いていきたいと思います。
ミチョランマ(未聴の山・未聴峰未踏峰)は今年の流行語。これ、林さんがお使いになって以来(造語は別の方でしたでしょうか)、ネットのクラシック音楽界で流行しましたね。この言葉を各所で見つけては、「みんな同じなんだなぁ」と内心ホッとしてしまう、ワタクシは小心者であります。

第2位 ヘルベルト・フォン・カラヤン
生誕100周年。企画ものが沢山出ました。DGの交響曲38枚組にEMIのオケ物・声楽オペラ物のBOXセット、どれも超廉価。少々のダブり買いなどなんのその。もう買いましたよぉ。そして聴きました(全部ではないですが)。で、思いました。やはりカラヤンはゴージャスです。巧いです。オケも抜群です。いやホンマに聴かせ上手。オペラなんか感動的に巧いです。カラヤンの指揮で、ワタクシはヴェルディの面白さを知りました。EMI箱物の「アイーダ」に「ドン・カルロ」、「オテロ」は素晴らしかったですし、R・シュトラウスの管弦楽曲やオペラは、まるでカラヤンのために書いたのではないかと思うほどでありました。ワーグナーやドビュッシーのオペラも凄かったです。こんな指揮者、もう二度と出てこないでしょう。

第3位 浅田次郎
これまで『鉄道員(ぽっぽや)』しか読んでいなかったのです。ワタクシは健さんが好きで(特に任侠映画の)、映画から入りました。原作も良いなぁ・・・としか以前は思わなかったんですが、今年はブックオフで100円でナンボでも買えるので『蒼穹の昴』から読み始めたところ、これが面白かった!そして、『プリズン・ホテル』、『地下鉄に乗って』、『椿山課長の七日間』、『シェエラザード』・・・・次々に読んでいきました。面白かったなぁ。久しぶりに熱中しました。
この十年、旬の作家なんでしょう。売れっ子なので作品も多いですね。これからも楽しめそうです。

以上、こんなことを書いていると、やはり今年もナンダカンダと云いつつも、エエ年であったように思います。

************************************************************************

さて、今年一年、ご愛顧ありがとうございました。
僕がこうして呑気にクラシック音楽を聴き続けられ、ブログを書くことが出来るのも、各方面の方々のおかげと思っております。
感謝多謝深謝であります。
どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。