スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームスのホルン三重奏曲 変ホ長調 作品40 ナッシュ・アンサンブル

休日の今日、冬物の衣服の詰まったボックスと同じく冬物の布団を車に積んで、僕は長男の住む松山の寮へ。午前中の荷物運びの後は大街道にて長男とイタリアン。
午後からは大学校友会の愛媛県支部総会で松山全日空ホテル。僕は西条地区の幹事なので年に一度くらいは顔を出さないと。久しぶりの校歌。校友と母校の活躍の様子に元気をもらいました。利害打算のない同窓生のつきあいはエエもんです。
と思いながら、帰宅して音楽を。今日はブラームスの室内楽などを。11月も終わり、明日から師走ですのでね。「秋はブラームス」も今年のラストということで。
それにしても今日のアクセス数、スゴイですね。3800超とはビックリビックリ。どないなってますのやろ?

ブラームスのホルン三重奏曲 変ホ長調 作品40。
ナッシュ・アンサンブルの演奏。
1991年11月、ロンドンの聖ポール教会での録音。CRD原盤らしいが、聴いているのはブリリアントの激安ブラームス室内楽ボックス。

第1楽章のひなびた味わいがイイ。アダージョ・ピウ・ポコ・アニマート。ああ、これブラームスだなぁ。それぞれの楽器の穏やかな面が良く出ている演奏で心惹かれる。深々とした呼吸もイイ。重なり合う和声が印象的な音楽。メロディは美しいのだが、その美しさが原色系のものではなく、ややくすんだ色合いの美しさにしているのもブラームス的と云えるかな。

第2楽章は快活で楽しい。いかにもスケルツォという感じ。ヴァイオリンにホルン、ピアノのそれぞれのソロも楽しい。有機的なアンサンブルが続く中で、ふと浮かび上がるソロ・プレイが実に個性的。楽器そのものの美しさを表出して余すところがない。さすがブラームスと思う。

第3楽章はまたもブラームスらしいアダージョ・メスト。秋から冬への季節にぴったりの物思いの風情。憂愁、浪漫、遙かなる憧れ・・・・そんな感情に満ちたメロディが続く。ゆったりとしたテンポの中に、ブラームスのしみじみとした思いが聴ける。ホルンの響きがことのほか美しい。ヴァイオリンとピアノが、ホルンの歌を支えて、いい味を出している。

終楽章は勢いのあるアレグロ・コン・ブリオ。3つの楽器が飛び跳ねる楽しさ。そして見事なアンサンブル。音の重なり具合がしっとりとしていて、これもイイ。ナッシュ・アンサンブルは、巧いなぁと思う。

録音は素晴らしいです。
定位が抜群で、それぞれの楽器の音も良く伸びていきます。ホルンの朗々とした音など最高です。ヴァイオリンの高音も自然でとても美しいです。
きっとシンプルな録り方をしているのだろうと思います。
教会録音の響きの良さも、この素晴らしい録音に一役買っているんでしょう。




続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。