スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」 ベルリン弦楽四重奏団

日中の雨と風で、四国は冷え込みました。9月末になって、急に寒くなりましたね。半袖ではホンマに寒いくらい。台風の影響か、この数日は雨のようですから、上着を用意して出かけましょう。

しとしと雨なので、音楽もしっとりしたのを聴きたいと思い、取り出したのは室内楽、ズスケのベートーヴェンでありました。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 作品59の2「ラズモフスキー第2番」。
ベルリン弦楽四重奏団(ズスケSQ)の演奏。
1967年の録音。独シャルプラッテン原盤でedel発売の廉価盤全集から。

ラズモフスキー四重奏曲の第2番は、悲劇が内へ内へ向かってゆくような趣がある。
第1番の雄渾さに比べると、主題も悲痛。しかしベートーヴェンらしい推進力もあって、グイグイと聴き手を引きこんでゆく。その推進力が内へ向かってゆくのか、外に放射されるのか、1番との違いはそんなところかもしれない。

ベルリンSQの全集はedelの廉価盤で安価に入手できるものだが、その価格で売るには勿体ないくらい、滋味あふれる演奏ばかりで、つくづく感心する。その演奏の魅力・素晴らしさは、第1ヴァイオリンで主宰者のカール・ズスケの力によるところが大きい。
ラズモフスキー第2番は、実に安定した演奏で好感が持てる。
テンポは中庸で、決して急ぎすぎず、また煽り立てるところもない。4人の弦楽器の音は潤いのある音、しっとりとしていて、響きもどちらかというと渋め。
しかし無類の安定感と構成感があって、説得する力が大きい。ベートーヴェンは、確かにこのように演奏して欲しかったろうなぁと、聴きながら思う。

派手ではないし、向こう受けはしないだろうなぁと思うのだが、聴いていて、うんうんと肯くところが多い。4人の奏者の技量の確かさ、お互いの信頼感、音楽的教養の深さなどが感じられるのだ。

印象は、野に咲く花、路傍に咲く花のようなもので、とても控えめ。でも、聴いた後に、エエ演奏を聴いたなぁという充実感がある。

録音状態も大変聴きやすい音質で、心地よい。
鮮烈ではないものの、演奏同様、しっとりとしていて、家庭で聴くクヮルテットの音としては文句なし。十分な録音と思います。



続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。