スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・S・バッハのプレリュード、フーガとアレグロ BWV998 ナルシソ・イエペス(リュート)

暑くて、夜寝られません・・・・・。

いえ、クーラーを入れて寝ればエエんでしょうが、身体に良くないですし、第一電気代が勿体ない(という吝嗇倹約なワタクシ・・・・・CDはナンボでも買うのに・・・・・笑)。
この数年、我が家周辺の開発が進み、田んぼが減少したせいでしょう。中古車屋にショッピングモール、葬祭センターに住宅展示場がどんどん建って・・・・・・田んぼが減ってアスファルトになるとイケマセン。
今まではいくら暑くても「田を渡る風」が涼しく快適でありました。真夏日でも夜になると窓を閉めて寝ていたくらい。

しかし、今は暑い。アスファルトはイケマセン。田んぼがエエんです。

さて、今日は。

J・S・バッハのプレリュード、フーガとアレグロ BWV998。
バロック・リュート独奏はナルシソ・イエペス。
1972~73年、マドリードでの録音。アルヒーフ原盤。

夏の暑い夜、バロック音楽で涼むのはエエもんです。

特に、今日聴いているバロック・リュートの涼やかな響きは、蒸し暑い夜には実に心地よい。緑の木陰を思わせるような、優しく爽やかな音色に、気分がスッキリ。部屋の中を風が抜けてゆくような錯覚にとらわれる。

演奏は名手・イエペス、もう安心して音楽に身を任せればよい。

第1楽章 プレリュートは、重厚な感じ。対位法を楽しめる。
第2楽章 フーガはバッハ得意の技巧。
第3楽章 アレグロはスペインを思わせる音楽で、哀愁も漂う。

という3楽章構成、10分ちょっとの小曲だが、全くこれは佳品と思う。
鄙びた、素朴な音が、時にゾクゾクするほどデリケートな響きになって、しかも色彩的に聞こえてくるのがとても不思議。単純単調な楽器なのになぁ。
これバッハの作曲技法のなせる技かな。イエペスのたぐいまれな技巧のためか。
いろいろな聞こえ方をするから、音楽は楽しい。バッハはやっぱりスゴイ。

録音は上々です。
素朴な楽器にふさわしく、あまり弄っていない、自然で素直な録音であります。
余韻が特に美しく、うっとりします。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。