スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ホルスト・シュタインを悼んで~ ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」 グルダ(Pf)VPO

ホルスト・シュタインの訃報が届きました。7月27日、スイスで亡くなったそうです。享年80。NHK交響楽団の名誉指揮者であり、バイロイト音楽祭の常連・ワーグナー指揮者でありました。

シュタインの遺したレコードにはイイものが多いんですが、今日はその中でも傑作を。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」。
フリードリヒ・グルダのピアノ独奏、ホルスト・シュタイン指揮ウィーン・フィルの演奏。
1970年6月、ウィーンのソフィエンザールでの録音。DECCA原盤。
今日聴いたのはキング・レコード発売のLP。懐かしい1枚でありますな。

録音からもう40年近く。今も最高の「皇帝」の一つと僕は確信する。
ピアノ、オーケストラ、録音の三拍子揃った名演中の名演。

グルダのピアノは自由闊達で実に溌剌、それでいて伝統的・正統的な格調の高さを兼ね備えていて、全くの名演。現代的なしなやかさと伝統の重みを高次に止揚させた演奏と云うべきか。ベーゼンドルファーの深々とした響きも素晴らしい。

オーケストラも最高。ウィーン・フィルの艶やかで芯のある響き、特に弦楽セクションの、輝かしく濡れたような潤い感がさすがだし、音楽が実に豊麗。シュタインがウィーン・フィルの美しさを全て引き出している感じ。時に豪放、時に穏和、素晴らしいと思う。

第1楽章から正々堂々とした演奏。王者というより、貴公子の歩み。
若々しく鮮やかなグルダのピアノ。響きはとても綺麗。録音が良いので、ベーゼンドルファーの包容力のある音をこころゆくまで堪能できる。
ウィーン・フィルの匂うような音も良い。管楽器の独特の輝きは、いかにもウィーン・フィルだなぁと思う。

第2楽章はここから歌うアダージョ。グルダのピアノはたっぷりとよく歌い、オーケストラがそっと寄り添う。見事な協調、協同の演奏と思う。シュタインの指揮は格調高く、通して美しい。

フィナーレではグルダのピアノがノリノリで進んでゆく。天馬空を行く演奏とは、こういう演奏を云うのだろう。ウィーン・フィルの美しさとともに、いつまでも聴いていたい、終曲を迎えるのが惜しいと思わせられる演奏。

録音は今も輝かしく、DECCAらしい鮮烈さです。
奥行き、立体感・音場感、そして高音の伸びと艶、低音のふくよかさ、どれをとっても、今も最高水準と思います。
素晴らしい録音でありました。


<ホルスト・シュタインの過去エントリーであります>
■ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番(グルダ、VPO)
■ブラームスの交響曲第2番(バンベルク響)
■シューベルトの交響曲第4番「悲劇的」(バンベルク響)
■ブラームスの交響曲第3番(バンベルク響)
■ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番(グルダ、VPO)
■シューベルトの交響曲第1番(バンベルク響)
■ワーグナー名演集(VPO)
■ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」(バンベルク響)


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。