スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザークの交響曲第7番 ニ短調 インバル/フィルハーモニア管

いやはや、もう暖房が要りますな。
四国は暖地ですので、暖房が要らないかというとそうでもありません。人々は薄着なので(関東に比べて1枚少ないかな)、寒がりの人が多いのです。コートなどもふだんは着ないですからね・・・・。
でも、冬です。明日から師走。暖房の季節です。

さて、今日はドヴォルザークの佳曲を。

ドヴォルザークの交響曲第7番 ニ短調 作品70。
エリアフ・インバル指揮フィルハーモニア管の演奏。
1990年10月、セント・オーガスティン・チャーチでの収録。TELDEC原盤。
国内盤2枚組2,000円の廉価盤であります。

この曲はブラームスの第3交響曲に刺激されて、ドヴォルザークが自分もこのような交響曲を書いてみたいと手がけた作品。ロンドンに招かれての初演は大成功、「イギリス国土でのボヘミアの作曲家の新しい勝利」と賞賛されたという。

第1楽章アレグロ・マエストーソなど、確かにブラームス風。ボヘミアの香りがあちらこちらから漂ってくるが(特に管楽器の素朴な響きは、ボヘミアだなぁと思う)、ドヴォルザークの気合いが入っているのが分かる。
インバルの指揮は精妙で、オケの隅々までよく見える感じ。よく見えるクールな指揮ぶりなのだが、音楽がクールと云うことはなく、フィルハーモニア管の好演もあって、出てくる音は十分に熱い。響きはクリア。
ドヴォルザークの心意気が伝わってくる感じ。

第2楽章はポーコ・アダージョ。懐かしい歌、郷里のほのぼのとした空気が全編に漂う佳曲。やはりここでも管楽器が良い。フルートもホルンも、優しく甘く美しく旋律を奏でる。フィルハーモニア管、好調。個々の技量が確かなもので、インバルの意図が行き届いているのが分かる。
構成はシンフォニック、旋律はロマンティック、美しい楽章となった。

第3楽章、四分の六拍子という変則なリズムで弾むように始まるところは、実に楽しい。ドヴォルザークのボヘミア魂丸出しの楽章。チェロとファゴットが主題を何とも味わい深く歌い出すところなど、絶品と思う。

フィナーレは骨太の演奏。教会での録音のせいか、響きが豊かに広がってゆく。
インバルの指揮は精妙、かつ精力的。そして真摯にこの交響曲を仕上げてゆく。
ドヴォルザークの大傑作は、交響曲でいえば8番と9番と思うが、その序奏がこの第7交響曲で始まっていたのだということが、インバルの演奏で聴いていると、よく分かる。
これ名曲。

インバルの音楽は、いつも新鮮で鮮烈。何か新しい発見があります。
この交響曲でも、後年の傑作に続く名曲たることが見えてきました。

録音は万全。クリアでかつ豊かな響きを味わえます。
残響がよく、聴いていると幸福な気分になります。倍音成分が多いためでしょう。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。