スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」 カラヤン/ベルリン・フィル (1977年録音)

レコード・CDラックの整理をせんとアカンのですが・・・・。

何がなにやら分からんようになってきました・・・・・(^^ゞ。
ダブり買い、トリプル買いを防ぐためにも、きちんと並べておかなアカンのでが、ついつい自分の記憶に頼ってしまうんですな。枚数が少なかったときは、それで良かったんです。若い頃は記憶力も良かったですしね。

ふうっ・・・とため息をつきながらラックをを眺めていると、カラヤンのLP・CDが多いのに気づきました。ああ、ワシ、カラヤンのこと好きだったんやなぁ・・・・・。
今更ながらにそう思います。で、今日はその中の1枚を聴いたのであります。LPです。


ドヴォルザークの交響曲第9番 ホ短調「新世界より」。
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏。
1977年1月2~3日、ベルリンのフィルハーモニーでの録音。EMI盤。
新年早々の録音。ドイツのオケは正月明けから普通に仕事するんですな。ニューイヤー・コンサートなどは元旦だから、別に何でもないのかな。僕ら凡人ですので、正月くらいはゆっくりしたいもんだわい・・・・と思うんですが(^^ゞ

閑話休題。

カラヤンの「新世界」はたくさんの録音がある。DGには1960年代にBPOと、80年代にはVPOとそれぞれ録音。EMIにはこの1977年盤と、モノラル時代にも録音があって、(ちょうどチャイコフスキーの「悲愴」のように)人気がある得意曲は何度でも録音するという、いかにもカラヤンらしいわなぁ。

中でもこの演奏は、最もカラヤンの意思が通って、徹底した美しい「新世界」になっている。聴きどころも満載。

第1楽章の木管の美しさ、ティンパニのカッコ良さ。冒頭からラストまで、カラヤン独特のスタイリッシュでスマートな演奏になっている。
BPOの巧さも最高。1970年代のカラヤン/BPOコンビの黄金期、最も輝いていた頃の演奏だけに、全くスキがない。金管の咆吼など、凄まじいパワーなのだが、下品に響かないのがカラヤン流。スマートそのもの。
弦楽セクションの滑らかさも、さすがにカラヤン。レガートの美しさは格別だ。しっとりと柔らかく、色っぽく舐めるような瞬間もある。スゴイ。

全体的に、カラヤンのドヴォルザークは都会的。洗練されていて、ダンディで、オシャレで、パリッとしたスーツに身を包んだ紳士という感じ。ボヘミアの田舎のオッサン風ではないし、新大陸アメリカ開拓地の泥臭さ・熱気でもない。
実にカッコイイ「新世界」。

第2楽章は、だから望郷の歌というより、都会の哀愁といった雰囲気が漂う。
イングリッシュ・ホルンの切々とした響きは出色。何度聴いてもここは美しい。特にカラヤンの演奏で聴くラルゴは最高だ。全く巧い。情感豊か。
ストリングスの静謐な美しさも絶品。

第3楽章のスケルツォは快活そのもの。少し流し気味の演奏かもしれない。
そして迫力満点、パワー爆発のフィナーレ!
BPOの機能全開、テンポも快速で一気呵成に駆け抜ける。コーダに一直線になだれ込んでゆく感じ。
アンサンブルは完璧だし、メカニックは最高だし、演奏はカッコイイし・・・もう云うことなし。

でも、ボヘミアのドヴォルザークではないかな・・・・。


録音も素晴らしい出来です。
1970年代のアナログ録音最盛期、デジタル以前のEMIは、エエ録音が多いんです。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。