スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」 アーノンクール/アムステルダム・コンセルトヘボウ管

どんよりとした一日。
気温がグッと下がり、肌寒いくらいでした。

さて、今日はジュピターです。

モーツァルトの交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」。
ニコラス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏。
1982年3月、コンセルトヘボウでの録音。TELDEC原盤のモーツァルト交響曲選集からの1枚。

第1楽章は、アーノンクールにしてはやや遅めのテンポ。いたって普通に進んでゆく。アーノンクールの当時の衝撃的な演奏(ヴィヴァルディの「四季」やヘンデルの「水上の音楽」)を知るものにとっては、やや拍子抜けのような演奏。普通やん・・・・。
アーティキュレーションも妙なところがない。ティンパニとトランペットを前面に出してくるところは特徴かと思うが、これは録音の加減かもしれない。
弦楽合奏はしなやかで優美。これなら、アーノンクールを嫌っていたカール・ベームでも許してくれるんじゃないか。
コンセルトヘボウ管のアンサンブルは、いつもながら見事だし、このオケらしい、渋くてやや暗めながらとても柔らかい響きは、やはりイイ。

第2楽章は、弦の静謐な響きがたまらない。これは全く美しい。野に咲く花のような、慎ましい美しさ。ジョギングの時に見かける、朝露に濡れた草花のような感じ。そしてそのしっとりとした潤いを感じる演奏。
まこと、コンセルトヘボウ管は美しいオケと思う。

第3楽章は独特のアクセントが随所に見られる。いよいよアーノンクールの本領発揮か。強弱のコントラストが大きく、ティンパニの強打も目立つ。迫力は十分。

フィナーレは快速。弦の刻みは鋭く、抉るような動きが感じられる。フレーズを短くスパッと切るところは、これぞアーノンクールだろう。
ダイナミックレンジも大きく、前の3つの楽章の優しい表現に比べて、峻厳激烈な感情が噴出する。響きは鋭く、室内楽的な感じであり、鋭角的にズバッと切れ込んでくる感じ。

演奏は、すべて繰り返しを行っているので、全曲演奏に41分かかります。
僕は「ジュピター」が大好きなので、全然気にならないのですが、聴き手によっては好みが分かれるかもしれません。

録音は標準的かな。
TELDECの録音なので、フィリップス・レーベルで聴くアムステルダム・コンセルトヘボウ管の響きとは少し違って、ややオンマイク的な録音・響きになっています。
これはこれで面白いです。


土日出勤であります。
そろそろ出かけましょう。


<モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」の自己リンクです>
■ベーム/ウィーン・フィル(1975年NHKライヴ)
■セル/クリーヴランド管
■クリップス/アムステルダム・コンセルトヘボウ管
■レヴァイン/ウィーン・フィル
■カラヤン/ベルリン・フィル(1970年EMI盤)
■C・デイヴィス/ドレスデン・シュターツカペレ
■クリヴィヌ/フィルハーモニア管
■バーンスタイン/ウィーン・フィル
■クーベリック/バイエルン放送響
■ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレ
■アバド/ロンドン響


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。