スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマンの「子供の情景」作品15 マルタ・アルゲリッチ(Pf)

今日はピアノ曲であります。

シューマンの「子供の情景」作品15。
マルタ・アルゲリッチのピアノ独奏。
1983年4月、ミュンヘンのプレナーザールでの録音。DG盤。
カップリングは「クライスレリアーナ」。

これ、ジャケット写真が印象的なレコードだった。
アルゲリッチは何を考えていたのだろう。瞑想しているような、ボンヤリと何かを眺めているような・・・。心はここにない。魂はどこを浮遊しているのだろう・・・・・。

などと僕は考えながら、このレコードを手にした時を思い出す。

演奏はいたってクール。
感興の赴くままに弾いてゆくアルゲリッチではなく(実演の時など、全くスリリングなピアニストだ)、高度に計算され、理性的に解釈され尽くした感じの演奏。
だから、堅苦しい演奏かというと、全然そんなことはなく、きわめて詩情に富んだ演奏であって、これぞシューマンと云えるロマンの迸りも随所に聴ける。名演と思う。

ピアノの音が綺麗。文句なくキレイ。
アルゲリッチのピアノの音は、白く透明、澄んだ色合いで、そしてその音が適度の潤いとぬくもりを持っている。
惚れ惚れするほどイイ音。この音が、シューマンのファンタジーを紡ぎ出してゆく。

1曲目の「知らない国々」から、アルゲリッチの描くメルヘンの世界に誘われる。全く美しいピアノ。

「トロイメライ」は最高。名手が名曲を弾くと、ありふれたメロディも新鮮に聞こえてくるから不思議。夢見るような味わいが、たまらない。

「詩人のお話」のロマンティックな表現。ラストでは厳かな雰囲気さえ漂う。
「鬼ごっこ」の軽快さ、「おねだり」の柔らかさもイイ。

録音は今聴いても素晴らしい状態。
アルゲリッチの、たぶんスタインウェイでしょう、ピアノが余すところなく収録されていて、特に余韻が綺麗なのがエエです。


土日は出勤と相成りました。
まじめに働きまっしょい!・・・・(^^ゞ。


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。