スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラーの交響曲第9番 ニ長調 ショルティ/シカゴ響

今日は午前中に30分ほどザーッと来まして。
ええ、「雨」です。久しぶりでした。おかげで少し涼しくなりました。
我が部屋も30.4度。普段は35度を超えますので、この温度でも涼しく過ごしやすく感じます。
さあ、これで猛暑が収まってくれるかな?

さて、今日もマーラーを聴いてます。

マーラーの交響曲第9番 ニ長調。
ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団の演奏。
1982年5月、シカゴのオーケストラホールでの録音。DECCA原盤。ロンドン・レコード発売のLP全集から。

マーラーの9番はイイ。凄い交響曲と思う。
現世の利欲・恩讐と彼岸の憧憬と。人生の縮図のような音楽が、聴き手の魂を揺さぶる。
ショルティのマーラーは、作曲家が書いた構造を詳細に提示してくれて、この交響曲の真実を正しく再現した(変な言い方だが(^^ゞ)ものだと思う。
オケも最高度の技術とパワーでショルティの棒に応えていく。その力量が凄すぎるので、機械的、或いは筋肉質に感じるのだが、そこまで到達するポテンシャルは何度聴いても素晴らしいと思う。

第1楽章から、もうため息が出るほどの圧倒的なオーケストラ。こんなに巧い9番、他に想像がつかない。
ショルティの指揮も円満。1970年代末くらいから、ショルティは、かつての先鋭的な指揮は影を潜め、豊かで丸みを帯びた音楽をやるようになったと思う。この第1楽章はその証左と思えるほど、円満で、強引なところがない、大人の音楽になっている。
ティンパニとブラス・セクションは秀逸。そして、フワッと柔らかく応じる弦も美しい。
第2楽章のテンポはショルティにしては遅め。ゆったりと肩の力を抜いて歌ってゆく。
中間部では一気に速くなって、緊迫感も強まる。何者かに追いかけられているような表現。アンサンブルはいささかも乱れず、当然、落ちる楽器もなく、スケール豊かに音楽をつくってゆくシカゴ響こそ、偉大と思う。
音量も大きい。その昔、このオケの実演を聴いたときに、その音のデカさに肝をつぶしたことを思い出す。スゴイ。

第3楽章はクッキリと明快なロンド・ブルレスケ。テンポは快速。
この楽章も、遁走するような表現。それは、マーラーの死への恐怖だろうか。
ブラス・セクションがスゴイのだが、弦もホンマに素晴らしい。ヴァイオリン群のしなやかな響きとよく揃った合奏は、もっと賞賛されていいと思う。CSOの弦は上手い。美しい。

フィナーレは、アンサンブルだけでなく、ソロも美しい。
ヴァイオリンの弱音でのソロなど、泣けてくる。ホルンのソロは懐かしい響きで胸を打つ。
そしてラストは息をのむばかりの熾烈な弦楽合奏。マーラーの、これは彼岸か。


録音が美しいです。
今も最高水準と思えます。さすがにDECCAです。
音質、余韻、定位、音場とも文句なしの素晴らしさ。我が家のオーディオとの相性もエエようです。


<マーラーの9番交響曲 自己リンクです>
■ウーヴェ・ムント/京都市響
■ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管
■クーベリック/バイエルン放送響
■ノイマン/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管
■レヴァイン/フィラデルフィア管
■バーンスタイン/アムステルダム・コンセルトヘボウ管
■アバド/ベルリン・フィル
■ジュリーニ/シカゴ響
■インバル/フランクフルト放送響


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。