スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番 ハ短調 ペーター・レーゼル(Pf) ザンデルリンク/ベルリン響

土用丑の日。鰻の蒲焼き、喰いました。
近所の魚屋が売りに来るんです。旨かったですな。
ところが、我が家には女が二人おります。わが妻と母。
さすが、魚屋も商売、ちゃんと二人に売りつけました。一人は家で、一人は近所のスーパーの出店先で。やるもんだなぁ・・・・・・。
結局、ワタクシは蒲焼きをダブルで食いました。家族みんなダブルであります。

目覚めた今、身体が少々脂っこい感じがしますので、今朝はランニングを増やしましょう・・・・・(^^ゞ。

さて、猛暑が続きます。涼しい音楽を聴きましょう。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18。
ペーター・レーゼルのピアノ独奏、クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン交響楽団の演奏。
1981年、東ベルリンのキリスト教会でのアナログ録音。独シャルプラッテン原盤。例のedelのBOXセットで超廉価販売されているもの。

第1楽章から、レーゼルの冴え冴えとして端正なピアノがとてもイイ。
型くずれせず、泣き喚くともなく、上品にまとめ上げてゆくピアノなので、やや自己主張に欠けるきらいもあるが、何回か聴き返していると、独特の味わいが出てくる。スルメのような噛みごたえというか(あとからジワジワと美味がこみ上げてくるような)、熟成した銘酒のようなというか・・・・そんな感じ。

ザンデルリンク/ベルリンSOの伴奏は、大変重厚でどっしりしたものだが、アンサンブルはもう一歩かなという気もする。
個々の楽器の音色の魅力は後退している感じなのだが、その分、均整の取れた演奏という感じ。

第2楽章のオーケストラは真摯で素直な演奏。レーゼルのピアノも同様で、癖がない。プレーン・オムレツの味わい。こういうシンプルなラフマニノフもイイ。
レーゼルはロシアで学んだピアニストだが、あまりロシア臭がない。
ただ、この楽章特有の憂愁の思いとロマンティックな憧憬は、非常に美しい。ムード音楽寸前の危うさを秘めつつ、レーゼルは美しく歌い上げてゆく。
オケは弦楽器が秀逸。ふっくらと包み込む美しさ。

第3楽章はゆったりとしたテンポで、ピアノもオケも抒情的に歌い上げる。
素晴らしい協奏、そして美しい演奏。
レーゼルのピアノは、ここでも端正で素直な感じ。弾き崩さないのがイイ。こういう演奏は好感が持てる。
ザンデルリンクの指揮は立派。重量感のある伴奏は、フィナーレに相応しい。

録音状態は今も素晴らしい。
アナログ録音だが、解像度高く、十分に美しい。
アナログ録音時代の最末期、柔らかくふっくらしたエエ音です。



続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。