スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラーの交響曲第7番 「夜の歌」 アバド/シカゴ響

夕方から雷雨でした。カミナリは気持ち悪いですが、水不足のこの際、雷雨でも何でもエエので、降って欲しいものです。
1時間程度の雨でしたので、まだ不十分。水不足解消とはいかないようです。

さて、今日は久しぶりに大曲を聴きます。

マーラーの交響曲第7番 「夜の歌」。
クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団の演奏。
1984年1・2月、シカゴのオーケストラホールでの録音。DG盤。
アバドは後にベルリン・フィルと再録音(ライヴ)しているので、これは旧盤となる。

1970年代から80年代にかけてのアバドは、大活躍だった。
特に、アバドがシカゴ響でマーラーを振ると、オケが溌剌・いきいきとしだして、伸びやかな音楽になる。
常任のショルティも素晴らしい指揮者だと思うが、アバドとのコンビになると、シカゴ響が伸び伸びと、自然な息づかいで歌い始める。そう、「歌」に満ちた演奏になってゆく。カンタービレの演奏を聴かせてくれる。

アバドがイタリア出身で、ショルティがハンガリー出身だからと、その違いを片付けてしまうのは簡単だが、この演奏の違いは、両者の個性の違いをそのまま語っているような気がする。
この7番交響曲など、どこから聴き始めても、新鮮で瑞々しいアバドの指揮が楽しめる。
シカゴ響の反応も見事なもので、楽器のバランスも無理がなく、自然に鳴りはじめて、それがスケール大きな音楽に成長してゆく感じ。

発売されたときは、若々しく、新しい時代を予感させるようなマーラーだった。しなやかで、歌心にあふれ、弾力感に富んだマーラー。

シカゴ響のブラス・セクションは、いつもの通り余裕たっぷりで、素晴らしい鳴りっぷり。響きもふっくらで柔らかい。そのふくよかさは、DG録音のせいか、ショルティ盤(DECCA)に比べて、鋭さが影をひそめて、晴朗でフワッと広がる音になる。しかも、オケの中にバランスよく収まって、突出しないのがイイ。

木管も柔らかく滑らかな響きを聴かせるし、弦楽セクションも素晴らしいアンサンブルで、衣擦れのような、瑞々しく清澄な音が随所に聴ける。

アバドの若くしなやかな音楽の運びと、シカゴ響の巧さとが、高次元で結びついて素晴らしい演奏となっている。
これだけの「夜の歌」はそうは聴けないんじゃないか・・・・と当時は思ったものだった。

ただ、この曲が持っている奇怪さ、あの第2楽章と第4楽章の「夜曲」にまとわりつくような一種の妖しさ、第3楽章の魑魅魍魎が跋扈していそうな気味の悪さ・・・は減退している感じ。まあ、妖しさをアバドに求めるべきではないんだろうな。
フィナーレは、すべてを青天白日のもとにさらす快演。
アバド/シカゴ響のパワー全開の演奏が聴けます。

録音は今も一級品。
DGのこの時期のシカゴ響録音は、全てマルです。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。