スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェルの「クープランの墓」 デュトワ/モントリオール交響楽団

サラッとした風が心地よい陽気でした。一足早く更衣、半袖にしましたので、五月の風が気持ちよく感じました。
今日はそんな風と同じ趣きを感じさせるサウンドで、クラシック音楽を聴いてます。

ラヴェルの「クープランの墓」。
シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団の演奏。
1983年5月、モントリオールでの録音。DECCA盤のLP。

フランス的としか云いようがない魅力にあふれ、軽く明るく洒落た感じ響きがたまらない。これぞラヴェルと云いたくなる曲であり、またデュトワ/OSMの演奏がすばらしく上質のオーケストラ音楽を聴かせてくれる。

原曲はピアノ曲。管弦楽の魔術師と呼ばれたラヴェルがほかのピアノ曲でもしたように、すばらしい編曲を行っている。

まず「前奏曲」のオーボエ。
こんなに速く吹くのは大変だろうなぁと思うのだが、プロはスゴイもんだと思う。よく聴いていると、ここで使う楽器は、確かにこりゃオーボエしかないだろうなぁと思うのだが、このモントリオールのオーボイストも大変な名手。
デュトワはこの時期絶好調、ラヴェルの管弦楽曲を次々に録音し、すべてが見事な出来で絶賛を博していた頃。
DECCA録音も優秀で、この名品に花を添えている。

「フォルラーヌ」はイタリア・ヴェネツィアの宮廷舞曲。
旋律はユーモラスで可愛らしいのに、ふとしたところで干感傷的な響きになる。
管楽器が活躍する曲だが、OSMの個々のプレーヤーが巧いので、うっとりしてしまう。ホンマに巧いオケだと思う。
アンサンブルも十全。デュトワのオーケストラ・トレーナーとしての腕が想像される演奏。
「メヌエット」は優雅な音楽が続く。弦楽セクションが柔らかく暖かい響き。色で例えれば、淡いピンクか、すみれ色に近いかな。
中間部でのスケール豊かなトゥッティも印象的。

終曲は「リゴードン」。
これはプロヴァンスの民族舞曲で、野性的なリズムが楽しい作品。金管が炸裂したときの響きが実にカッコイイ。また、中間部での叙情的な音楽もすばらしい。
デュトワの演出も巧みで、ああ、いいラヴェルを聴いたなぁと実感できます。

録音は今もすばらしいもの。
DECCA、デュトワ/OSMは最高のコンビでありました。

ビンボーでなかなかLPも買えなかった時代の、憧れの指揮者でした。
この人のラヴェル全集は無理をして(廉価盤になったこともあるんですが)買いました。
懐かしい1枚であります。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。