スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンの交響曲第7番イ長調 セル/クリーヴランド管

さて、年度の変わり目です。
気合いを入れて頑張りましょう。

そこで、今日はベートーヴェンの交響曲第7番イ長調 作品92。
ジョージ・セル指揮クリーヴランド管の演奏。
1959年10月、セヴェランス・ホールでの録音。CBSソニー盤。

録音がイマイチなのを除けば、全く非の打ちどころのないベト7のレコード。
リズムの神化、舞踏の聖化と呼ばれた意味が、この演奏を聴いて初めて理解できた。

克明なリズム。音符が飛び跳ねる。アンサンブルも完璧。
特に音の出始めと終わりがピタッと揃っていて、爽快な印象を受ける。アインザッツが揃うと、音楽はこれほど気持ち良いのかと思う。
迫力も桁違い。音がどんどん前に出てくる。しかも、その音の後方でしっかり演奏している他の楽器まで、実に見通しがイイ。
そしてセルの指揮!曲の隅々まで抉り出してくる感じで、今まで聞こえなかった新しい音が(実はその音は楽譜にちゃんと書いてあるのだが)、ナンボでも出てくる。
いやはや、再現芸術の極致。

オケの響きも極上で、室内楽の延長線上にあるような音。スッキリした味わいはクリーヴランド管独特のものだと思う。

第1楽章の活気が素晴らしい。快速テンポでグイグイ進んでゆく。元気が腹の底から湧いてくる感じ。熱気も十分だが、あおり立てるようなあざとさはない。そこがセルの品の良さだろう。

第2楽章も颯爽としたテンポで、心地よいアレグレット。
そう、第7交響曲には緩徐楽章はないのだった。あくまでも速く、しかし痛切な音楽が奏でられてゆく。

第3楽章はメリハリ十分で、退屈しない。畳み掛けるような迫力もある。

そして、歓喜のフィナーレ。一気呵成の強靱さ。セルの演奏を聴いていると背筋が伸びてくる。高潔なベートーヴェンだと思う。
ベートーヴェンが、なよなよとせず、スクッと立つ。その姿勢の何と美しく凛々しいこと。

初めに書いたように、録音はイマイチです。
でも演奏は、古今東西の第7交響曲の録音のなかでも、トップクラスの名演と思います。何より清潔で、志操の高い演奏だと思います。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。