スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルックナーの交響曲第7番ホ長調 ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレ

黄昏時から大雨、突風そして雷。
春雷だったのかな?・・・そういえば、気温も少し上がったような・・・。
もうすぐ啓蟄。虫たちも雷に驚いて、冬眠から醒めるでしょう。

さて、今日はブルックナーの交響曲第7番ホ長調。
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ドレスデン・シュターツカペレの演奏
1980年6月~7月、ドレスデンのルカ教会での録音。DENON盤。

自然な息づかいで滔々と流れるブルックナー。
素朴な自然人ブルックナーの音楽を、煽らず、華美に奔らず、着実に表現してゆく。
ドレスデン・シュターツカペレのアンサンブルが見事で、サウンドは鮮烈で透明感がある。ルカ教会の音響も最高級の美しさ。個々の楽器もほどよくブレンドされていて、響きが柔らかく肌触りが良い。聴いていて実に心地よい。

フォルティシモが暖かく柔らかく、まろやかなのもこの楽団の特徴だろう。金属的、刺激的なシャリシャリ音が出てこない。輝かしいのに、フワッとした感触がいつまでも耳に残る感じ。そして、高音部が爽やかに抜けてゆく。ルカ教会の高い天井をさらに突き抜けるような爽快感、透明感。

ちょうど、青く澄んだ湖水に森が映りこんでいるジャケット写真のように、清澄な音がどこまでも続いてゆく。

これだけ素晴らしいオーケストラを従えて、あとは、ブルックナーの楽譜(ハース版)に任せて、ブロムシュテットが棒を振れば、もう十分な名演。
自然なアーティキュレーション、深々としたフレージングも、実に気分が良い。さすがブロムシュテット、見事なブルックナーだと思う。

第1楽章の終盤で、音楽が静かに沈み込んでゆくところの、柔らかい光が差し込んでくるような表現。宗教的な敬虔さを感じさせる素晴らしい表現。
第2楽章は神々しいばかりの美しさ。奇をてらわず、真摯に演奏すると、ブルックナーの音楽には後光が差してくる。優雅なアダージョだが、底を流れる感情は雄渾なもの。
第3楽章は力強いスケルツォ。金管の強奏などは実に剛毅であって逞しい。自然体の力強さ。
フィナーレも迫力十分で、見事な締めくくり。アンサンブルが精緻で、ブロムシュテットの棒に敏感に反応するオケが素晴らしい。ラストは大聖堂の建造物を仰ぐような壮大さ。感動的な演奏だと思う。

今も本当に素晴らしい録音。
DENONは日本の誇りであります(ありました・・・か)


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。