スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヒテルのブラームス ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 マゼール/パリ管

昨晩からDoblogが重くて更新不能でありました。
今は復旧したようですが、サーバーのダウンなのか、よくトラブルが起こっているようです。

さて今日はブラームスのピアノ協奏曲第2番変ロ長調 op.83。

スヴャトスラフ・リヒテルのピアノ、ロリン・マゼール指揮パリ管弦楽団の演奏。
1969年の録音、EMI原盤。

これは面白い演奏。

第1楽章から、リヒテルのピアノは実に大柄。豪快豪壮で華麗なピアニズム。冒頭のソロなど圧倒的な迫力であり、存在感。たった一台のピアノでオーケストラ全員を睥睨し、「かかってこいや」と言わんばかりの大胆さ。
それに挑みかかるマゼール/パリ管もなかなかのくせ者。ゆったりと雄大なピアノに対して、快速なトゥッティで応じるところなど「やるなぁ」と、こちらもニヤリとしてしまう。リヒテルはそんなことお構いなしに、スケール雄大な演奏を繰り広げてゆく。

展開部に入るとマゼール/パリ管はピタッとピアノにくっついて、機能的で見事な伴奏を。マゼールのバトンテクニック、さすがにスゴイもんだ。この人、若い頃から大天才だったんやなぁ・・・・。
オケで聴きものは、管楽器か。やはりフランス、概して鼻にかかったような華やかな音色が面白い。出だしの、あのホルンの甘い音色が、爽快に軽やかに響くのは、フランスのオケならではと思った。

リヒテルのピアノは演奏が進むにつれて、どんどん白熱する。ライヴ的な感興あり。
カラヤンとのチャイコフスキーがそうであったように、リヒテルはマイペースで情熱的。自分の揺るぎない解釈を惜しげもなく披露してゆく。推進力に溢れて、オケに「ついてこいや」と云っているかのような演奏。これ、伴奏もやりにくかったんじゃないかいなぁ?今、これだけの迫力(もっと云えば独善的・・・)をもつピアニストがいるか?

第2楽章に入っても、リヒテルのピアノは、うねったり、叫き散らしたり、悲鳴をあげて泣いたり・・・様々な表情を見せる。ピアニシモでは一転、清潔で潤いに満ちた演奏。
伴奏ともよく融合して見事な協奏曲になっている。第1楽章と比べて大違い。恐れ入りました。
LP時代はこの楽章の終わりで音が割れて弱ったものだが(針が上手くトレースできなかったのか、プレスが悪かったのか不明なのだが)、CDは有り難い。LPでは片面30分近くを収めると、内周部でよく音が割れたものだ・・・。
マゼールはやる気まんまん。オケの音は熱気に満ちて、ヤケドしそうな感じ。

第3楽章、チェロ協奏曲かと思うほど優美な旋律が延々と続く。そして、これもまた優美でリリカルなピアノ。
終楽章、マジメな北ドイツ人のブラームスが南国への憧れを歌っている。オケとピアノが一体化して生み出す迫力は素晴らしい。

40年近く前の録音。さすがに音は古びてます。
しかし、この熱気、この面白さは古びてません。
リヒテルは凄いピアニストでありました。


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。