スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルダの弾くベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調 グルダとシュタイン/VPO

月末で大忙し。もうすぐ12月。今年もはやあとひと月。
やれやれ、トシを取ると月日が全くはやく過ぎ去ります。

そして、トシを取ると過去のレコードばかり取り出しておりまして・・・・・(^^ゞ

今日は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番ト長調作品58。
フリードリヒ・グルダのピアノ、ホルスト・シュタイン指揮ウィーン・フィルの演奏。1971年、ウィーンのソフィエンザールでのDECCA録音。
LPの番号はK15C9034、キングから1980年10月に発売されてた廉価盤。懐かしいレコードであります。このレコードが刷り込みとなって、ベートーヴェンのピアノ協奏曲と言えば、「皇帝」よりこの4番の方が好きだし、ピアニストのグルダも指揮者のシュタインも大好きになった。

グルダの弾くピアノはベーゼンドルファーのインペリアルだったはず。
低音はホンマに豊かで柔らかく、ずっしりと重みを持って聴き手に迫ってくる。
高音は軽やかで輝くようになるのだが、少し丸みを帯びてミルク色に輝く感じの音色。透明感としっとりとした肌触りを併せもつ素晴らしい高音。グルダのソロのところなど、この音が部屋中に満ちるのだから、もう幸福の極み。たまりませんなぁ。

バックのオケも素晴らしい。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番・・・・・・ふつうはソフトな管弦楽伴奏が多いのだが、シュタインの指揮は剛毅で、フォルティシモなどビックリするほど音量が大きい。DECCAの録音効果のためだけではないとボクは思う。ウィーン・フィルだから、響きそのものはゴツゴツしてはいないのだが、指揮者はゴツゴツとドイツ精神を発揮するかのような指揮ぶり。第3楽章のラストの方、ロンドの再現部でのオーケストラのトゥッティなど、ビックリする。でも、効果バツグン。ベートーヴェンだものね、いくら4番だからといって優美だけじゃダメだよな。このくらい、ガッツある伴奏だと、ピアニストもヤル気が出るだろうなぁ。

楽器の音色も素晴らしく、特にホルンやオーボエはいかにもウィーン・フィルの音。ややきつめの、尖った感じの音色など、聴いていて「あぁ、ウィーン・フィル!」と叫んでしまいそう(^-^)。
現代のウィーン・フィルの録音だと、こういうオーボエの音色が聴けないように思う。今は、もう少し甘く柔らかく録っている。DECCA録音は今も素晴らしいとは思うが、1960年代から1980年代のDECCAは、他のレーベルの冠絶して名録音を次々に発売してくれた、その良さがこのレコードにはある。

それにしてもグルダのピアノ。第1楽章から自由自在に弾きまくって、則を越えない素晴らしさ。音色は先に書いたようにベーゼンドルファーの魅力に満ちているし(しかも名にし負うDECCA録音だ)、速いパッセージの目も眩むようなテクニックも最高。目も眩むというより、グルダの指が最高速で回転すると、一つひとつの音が粒立って、キラキラと輝きながらこぼれるような感じ。
第1楽章と第3楽章では、その魅力を満喫できる。
時に激しく、時に優美にピアノが響き、剛毅な(時に柔和な)オーケストラと丁々発止と向かい合う。これぞ協奏曲。

第2楽章では一転。遅く、ゆっくりとたゆたうピアノを楽しめる。憂愁の情感もたっぷり。弱音がソフィエンザールの天井に届いて静かに消えてゆく美しさ。これも最高。
ウィーン・フィルの低弦の迫力も楽しめるし、実にいい音で録音されている。


聴き始めて25年。
1年に2~3回は聴くので、さぁ、もう何回聴いたのかな。
いまだに飽きないボクの名盤であります。




続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。