スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゼールの「惑星」

仕事が不調の時。長いことやっていれば、そんな時もあります。
部下の失敗の責任を取らざるを得ないこともあります。
これも仕方ありませんな。

腹が立つのは、その失敗をボクが謝罪している時に、失敗の当人が横でヘラヘラしている時です。怒りをグッとこらえて、まあ何とかその場を収めるわけですが、いやはや後々までイライラしますな。

「こらぁ、こちとらオマエのせいで頭下げてんだ。横でヘラヘラしてんじゃねえぞっ。このくそバカがぁっ」と、埼玉弁と伊予弁の混じった怒りをぶつけたり・・・・・・・・・・
しませんよ。
この年ですから、もう口に出したりはしません。心で思っても、決して口にはしません。
顔で笑って心で泣いて・・・。トシを取るのは難しいもんです(^^ゞ。


さて、そういう時は、「惑星」です(^-^)。特に「火星」!
気分がスッキリします。


で、今日はマゼール/フランス国立管の「惑星」。


「火星」がドロドロしていて、もうマゼールの面目躍如。
特にラストのティンパニの強打が延々と続く部分など、マゼールでなくしては誰が出来るだろう。
音圧も最高、録音も1981年のデジタル初期のものとしては、最上級。
スピーカーから重量サウンドが迫ってくる。その快感。
物理的な快感のような気もするが、気持ち良いのは確か。

ところが一転、「金星」では神秘的な雰囲気をたたえながら、ヴァイオリンのソロがエロティシズムをまき散らす。
デリケートなピアニシモ。
「火星」との落差が激しい。ダイナミックレンジも広大。

「木星」は、辺りを払う威容。
中間部の例の盛り上がる部分では、意外にマゼールは淡々と進める(やや期待はずれ。もっと、強烈な指揮を期待している聴き手を裏切る)。
しかし、堂々とした印象は最後まで変わらない。
テンポはかなり速く、7分26秒で「木星」終了。
それでも素っ気なさを感じないのは、フランス国立管の音圧の強さのためかもしれない。

「土星」から終曲「海王星」までは、本来この曲が持っている魔術性、神秘性、妖しい雰囲気が十分に出ている。
あ、これは決して「変な演奏」という意味ではなく、マゼールの指揮が、「惑星」という曲が持つ神秘的な部分を、意味深く表出しながら聴き手に迫ってくるということ。

マゼールの「惑星」録音はこの演奏だけだったと思うし、フランスのオーケストラの「惑星」もそんなに多くないはず。

このレコードが発売された時の宣伝文句は「惑星戦争に終止符!」だった。
当時、「惑星」は人気抜群で(今もかな?)、特に冨田勲がシンセサイザー録音を発表してからは、クラシック界もどんどん録音をしていたように思う。
1970年代後半から1990年頃までは、毎年のように「惑星」の新譜があって、ボクら「惑星」好きには有り難かった。
だから「終止符!」とブチ上げたのだろうが、確かに素晴らしいレコードだったと思う。

最近、魅力的な「惑星」が減っているのは寂しいことだ。

ついでに言うと、マゼールのCBS録音の音の良さ、当たりはずれが大きいです。
この「惑星」は素晴らしい。マーラー全集も良いです。
70年代のクリーヴランド管とのベートーヴェンは最悪です、我が家では。
蛇足でしたが(^^ゞ。


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。